コンクリートハンマー買取

コンクリートハンマーを買取

日曜大工や内装業、と言ったものの他、建設業や土木業、また家具製造など、様々な現場ではそれぞれの用途に合わせた工具やハンドツールが使用されています。
こうした作業の場では、職人や作業員の技術ももちろんですが、これらの工具による助けも作業を円滑にすすめるためには無くてはならないものです。
特に電動工具は、小型のものから大型のものまであらゆる用途に合わせて様々な機種が揃っており、先端工具やオプションの活用により、その機能を更に拡張することも可能です。
こうした電動工具の中に、コンクリートハンマーと呼ばれるものがあります。これは解体や建築、また土木といった現場でコンクリートの塊を破砕するための工具で、人力では時間や労力のかかる作業を迅速に行うことができるものです。
コンクリートハンマーは時に解体業などにとっては欠かせないもので、あると無いとではその作業にかかる時間に大幅な差が現れるものとなっています。
こうしたコンクリートハンマーを新しいものに買い替えする際や、廃業などで不用となったものを手放したり処分する際には、その前に買取専門業者であります当社に電話してみることをお勧めします。
当社では、古い機種などであっても、付属品やケースが揃っていたり、また手入れをしっかりと行なって状態や外観が綺麗なもの、また動作に問題が無いものならば高額での買取が可能です。
当社を利用する際には、電話して機種やメーカー名、また使用頻度や年数を伝えるだけで大体の査定金額をすぐに知ることが出来ます。この時点で金額に納得いかなければキャンセルすることもできますし、納得できればそのまま売却の手続をすすめることができます。
当社を利用する際には、店頭に持込をしなくても、全国の地域に対応した宅配買取を利用することができますので、自宅で荷物を梱包して宅配業者に渡すだけで売却することが可能です。わざわざ荷物を発送するために出かけたり、遠方まで持込をしなくても良い点がメリットとなっています。

無料査定はこちら

コンクリートハンマーの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
売る前に、購入年・製品名・新品?中古?などをご確認お願いしますね!
■付属品
取扱説明書
補助ハンドル
ケース
ブルポイント
六角棒スパナ
※上記、付属品は付属しておりますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈損傷〉
・機体に使用感はありますか?
・目立った傷や汚れはありませんか?
・ドリルビットが確実に固定されますか?
・各取付け部のネジ類に脱落や緩みはありませんか?
〈電源の不良〉
・電源スイッチのON/OFFが行えますか?
・コネクタに緩みはありませんか?
・電源が切れやすいことはありませんか?
〈動作不良〉
・スイッチやレバーが正しく作動しますか?
・コンクリートの破砕が正常に行えますか?
・モーターの回転不良はありませんか?
・穴の深さ調整が行えますか?
・機体から異音や異常な振動はありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

高価買取のポイント
以下に、コンクリートハンマーの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
コンクリートハンマーについて、ヒルティやリョービなどメーカーのコンクリートハンマーであれば概ね高値で取引されています。

傷や汚れのつきやすい工具になりますので、中古品の買取については、見た目の綺麗さ、スペックの高さはポイントになります。

年式の新しいものや新品購入後あまり使用していないもの、コンクリートハンマー本体に傷や汚れがないもの、購入時の付属品や取扱説明書・保証書などが全て揃っているものは査定評価が高くなります。

また、取替用のチゼルなど 多数つけていただけると買取金額が高くなります。

その他、汚れのつきやすい電動工具になりますので、事前にお客様の方で綺麗にしていただいたり動作確認を行い不具合を修正していただければ査定評価は高くなります。
■買取り前の清掃の注意事項■
*持ち手を取り外して清掃出来る機種は取り外して清掃を行って下さい。
*接続式のバッテリーは取り外してから清掃を行って下さい。
*レバーに注意して拭き取りを行って下さい。
*カーボンブラシの取り外しはネジ等を無くしたり、損傷を与えない様に注意して下さい。
*内部の塵汚れはモーターのみ動かして取り除いて下さい。
「コンクリートハンマーの宅配買い取り方法」
コンクリートハンマーの宅配買取り方法は、いつもご利用されております運送会社様をご利用お願いします。
*コンクリートハンマーの梱包注意点
■ 宅配買取の梱包注意事項
* コンクリートハンマーに付いた油汚れなどは、石けん水を付けた布できれいに拭き取ってください。
* 梱包の際には、キャリングケース、ブルポイント、補助ハンドル、取扱説明書、保証書などの付属品を揃えてください。
* コンクリートハンマーの電源コードは絡まないように結束バンドなどで束ねてください。
* ビットなどの工具類は忘れずに本体から取外してください。
* 補助ハンドルは本体から取外してください。
* 取扱説明書、保証書は破損しないようにビニール袋に入れてください。
* コンクリートハンマー本体と付属品をキャリングケースにきちんと収納してください。
* キャリングケース内で内容物が動かないようにプチプチや新聞紙などを挟んでからケースを閉じてください。
* キャリングケース全体をプチプチで梱包してからダンボール箱に収納して発送してください。
* 輸送中の破損を防ぐため梱包したキャリングケースとダンボール箱の間には隙間を作って丸めた新聞紙をクッション代わりに詰めてください。
* キャリングケースをお持ちでない場合は、コンクリートハンマー本体と付属品をそれぞれプチプチで梱包してからダンボール箱に収納してください。
* 梱包したコンクリートハンマーは直接ダンボール箱に当たらないように丸めた新聞紙を詰めて破損を防いでください。

コンクリートハンマー買取のQ&A

RYOBIのコンクリートハンマーCH-462ですが、当店で展示品として展示していたものです。商品の入れ替えのため、今まで展示してあったものは安価で売却したところ、買い手が見つからず困っています。ほとんど使用していない新品同様のものなので買取をお願いしたいのですが。
申し訳ございません。 今、お調べしたところ、RYOBIのコンクリートハンマーCH-462に関して、値段がつかない可能性が高いため、弊社ではお取り扱い出来かねます。ご了承くださいませ。
今まで仕事で使用していたエンジン式のコンクリートブレーカーの売却を検討しています。 チゼルなしで、本体だけの買取は可能でしょうか?コンクリートブレーカー本体はかなり傷や汚れがありますが、通常使用する分にはほとんど影響はないと思います。(購入した時の取扱説明書や保証書などはありません)
ご連絡ありがとうございます。不具合のないものであれば コンクリートブレーカー本体のみでも買取は可能です。泥やホコリなど、お客様の方で落とせるような汚れは落としていただくと、弊社でのクリーニング作業の手間が省かれるため、その分買取金額に反映できますので是非お勧めいたします。
HILTIのコンクリートハンマーですが、廃業にともない売却することとなりました。コンクリートハンマー自体まだまだ使用出来る状態です。必要な付属品も揃っているのですぐ使える状態です。ただし、保管用のケースに当社の名前を油性マジックで記入しています。本体は綺麗な状態ですが、保管用ケースも査定の対象になりますか?シンナーなどで油性マジックを消した方が良いですか?
保管用ケースに油性マジックで文字を書かれている場合、マイナス査定の対象となります。しかし、薬品などで無理に落とすとケース本体を痛めることになりますので、無理に落とす必要がありません。
長年使用しているコンクリートハンマーで、詳細は不明です。汚れや錆が酷いのですが、通常使う分には不都合はありません。そろそろ自分を引退なので、古いコンクリートハンマーも売却しようと思います。いくらでもいいので引き取ってもらうとありがたいのです。ひとまず売れそうなものを段ボールに詰めてそちらに送ります。
申し訳ございません。大変お手数ですが、まずは仮査定を受けていただく必要があります。売却希望品が複数の場合、買取希望商品リストを作成・送付下さい。弊社にて仮査定を行い、お値段がつくもののみ、検品の為弊社にお送り頂ければ結構です。

無料査定はこちら

コンクリートハンマーの買取製品!

マキタ

マキタ
総合電動工具メーカーとして、電動工具・木工機械・エア工具・園芸工具など 様々な製品を扱っているマキタ。
「マキタの買取対応製品」
HM0830、HM0810、HM1317C、HM1500、HM1201、HM1810、8600S

日立工機

日立工機
大手電動工具メーカーの日立工機。幅広い製品ラインを誇る電動工具と、世界トップクラスの超遠心機をはじめとしたライフサイエンス機器の製造を行っています。
「日立工機の買取対応製品」
H41SA2、H41SA2(S)、H45SR、H50SA、H55SB、H65SB2、H70SA、H90、PH-40F、PH-65A

リョービ

リョービ
リョービは、自動車関連のダイカスト製パーツのトップメーカーとして知られています。
「リョービの買取対応製品」
CH-462、CH-470

ボッシュ

ボッシュ
自動車機器・産業機器・消費財・建築関連機器・電動工具など、業界においては世界最大のシェアを持つボッシュ。
「ボッシュの買取対応製品」
GSH 5X

コンクリートハンマーのリユース事情

コンクリートハンマーは主に、建設工事現場・解体工事現場・土木工事現場などで活躍していますが、弊社がそれをリユースすることにより、コンクリートハンマーを購入しなければいけない会社の経営者の方々に喜んでいただけると考えております。
コンクリートハンマーにはいろいろな種類がありますが、新品で購入するとなるとある程度の値段がするため、リユース品を選ぶことにより経費を大幅に削減できるようになります!

コンクリートハンマーの素晴らしさ

コンクリートハンマーとは、コンクリートを破砕するために使用する電動工具のことで、主に解体業者・土木工事・大工工事で幅広く使用されているものです。
コンクリートハンマーの素晴らしいところは、コンクリートの破砕を短時間で行うことができるところで、電動でないハンマーを使用する時に比べ、力を使わなくてもよいところもメリットとなっています。
特に解体業者にとって、コンクリートハンマーは欠かすことができないツールとなっています。

「コンクリートハンマーとは?」

コンクリートハンマー

コンクリートハンマーとはその名の通り、コンクリートをパワフルに破壊させるための電動工具です。

ブロック塀やコンクリートなどを壊して新しく建物を建てる際など、コンクリートの部分を除去するために工事でよく使用される工具でしょう。

コンクリートハンマーの先端はとても鋭利になっていて、破壊させるコンクリートやブロック塀などの設置されている部分に当てて稼働させると、鋭い先端がコンクリートの中に入り込んで破壊させることができます。

持ち手は使用しやすいスライドグリップ方式になっているものが多く、重量はそれほど重くなくて使いやすい設計になっています。

コンクリートハンマーはハツリ機と呼ばれることもあり、はつりとは「斫り」と書くそうですが常用漢字ではないので、カタカナでハツリと書かれることが多いです。

振動ドリルと呼ばれることもあります。

コンクリートに穴をあける場合にはハンマードリルが使用されることが多いです。

ハンマードリルと振動ドリルの違いはと聞く方も多いようですが、ハンマードリルはドリル軸をハツリしてドリルの穴の底を砕いて回転して、砕いたカスが排出されます。

つまり穴をあける時に使用される電動工具です。

けれども振動ドリルやコンクリートハンマーにはそのような機構がなにので、振動を伝えてコンクリートを破壊するために使用されるものです。

このように穴を開けるにはハンマードリル、コンクリートを破壊する目的ならばコンクリートハンマーを使用する必要があるでしょう。

ですからコンクリートハンマーは建設工事やリモデリングなどの工事現場で使用されているのを見かけます。

古くなったブロック塀をコンクリートハンマーで破壊して、新しい塀を建てる時にも必須の電動工具でしょう。

大きな金槌で叩いてもビクともしないコンクリートが、電気の力で簡単に破壊させることができるので、現場でもとても重宝されている工具です。

コンクリートを破壊することができるパワーなので騒音もある程度あります。

騒音もそうですがコンクリートも破壊できるパワーなので、何よりも安全に使用することが大切です。

破壊したコンクリートが落ちてきて足を汚したり、通行人に被害を与えることなどないように、使用する時には十分に気をつけなければなりません。

無料査定はこちら