ビリーペイト(Billy Pate)買取

ビリーペイト(Billy Pate)を買取

釣具職人のテッド・ジュラクシック氏が1970年にビリーペイト氏に出会ってから、彼の要望に応えて6年間研究に研究を重ねて、完成度の高いフライリールを作りあげました。
その後このリールは世界記録となった魚を釣ることになり、信頼度の高いリールとして知られています。
それだけにビリーペイトのリールは他のリールとは違う、デザインやスタイルを今でも誇り続けています。
弊社ではこのビリーペイトの買取を積極的に行なっておりますので、お持ちだけれど使っていないという方は是非弊社に売却してください! その名声を知って購入したけれど、今行なっている釣りとはタイプが違うとか、昔は趣味が釣りだったが今は生活環境が変わりできなくなったなど、せっかくのビリーペイトのリールがそのままホコリをかぶっている、ということはありませんか? もう何年も使っていない物だとか、少し古いけれど買取してもらえるだろうかなど、心配される前に、お気軽に弊社にご連絡ください!

無料査定はこちら

ビリーペイト(Billy Pate)の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がビリーペイト(Billy Pate)を弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。

■付属品
ネオプレーンリールポーチ
は、ありますか?

無料査定はこちら

ビリーペイト(Billy Pate)の買取製品!

Billy Pate/ビリー・ペイト 買取

Billy Pate/ビリー・ペイト

信頼度の高いリールメーカー。

「Billy Pate/ビリー・ペイトの買い取り製品」
Billy Pate Series Fly Reels
Billy Pate Series Fly Reels Discontinued
BONEFISH
TARPON

「ビリーペイト(Billy Pate)とは?」
ビリーペイト Billy Pate買取り
 ビリーペイトをご存知ですか?このワードで日本語で検索をかけると「1976年に伝説の・・・」と皆おなじ説明文しか出てこないんですね。海外のサイトで検索かけると英文サイトで幾つか情報があったので、どんな伝説か調べてみました。

 ビリーペイトは1930年サウスカロライナで生まれ6歳から釣りを始めました。幼い頃から類い希なる釣りの才能を持ち、少年の頃から両親や兄弟を驚かせていました。14歳になると両親を説得しフライロッドを買ってもらい、フライフィッシングに明け暮れていました。高校卒業後軍隊に入隊します。
1960年代の頃にフロリダのキーウエストに旅行した時、ターポンと言う名の巨大魚をフライで釣る楽しさに魅力されました。ここからがビリーペイトのフライフィッシング熱はとどまるところを知らなくなり、大西洋、太平洋と飛び回りカジキをフライフィッシングで釣り上げる偉業を成し遂げました。IGFAに残っている公式記録では146ポンド(約66キログラム)です。  他にも沢山の記録が残っているのですが今回紹介するのはビリーペイト本人ではなくリールの話なのでそっちの話をします。

 このリールの最大の売りが『最初の所有者には生涯補償がつく』点でしょう。その為に長く愛用し続ける人が多くて中古市場にはなかなか出周りません。逆を言えば売るなら高価買取が期待できます。

 ビリーペイトにはサーモン、ボーンフィッシュ、ターポの3種類が現行モデルで、対象魚の重さによって使い分けます。旧モデルのトラウト、マリーンも人気があります。新旧のモデルはたの違いは軽量化を計りデザインが大幅に変更しました。その為にデザインの好みにより、旧モデルの方が値段が高くなる場合もあります。

最後に注意点を1つ、ビリーペイトは箱と工具が付属品の扱いになるのでリセールを考える場合は必ず保管して置いて下さい。これらの有無によって値段が違ってくるのでご注意下さい。

無料査定はこちら

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。