二胡買取

二胡を買取

中国の伝統的な擦弦楽器の二胡は、趣のある異国的な音色で人々に魅力を伝えます。
日本にはない雰囲気の楽器なので、最近密かに人気を集めているようですね。
二胡の魅力に取り付かれて購入したけれど、練習が続かなくて今では押入れの中にある、という方もいらっしゃるかもしれません。
教室に通いながら使用していたが、仕事が変わって教室に通えなくなって保管していることもあるかと思います。
もし誰も使っていない二胡が自宅にある、という方がいらっしゃいましたら、是非今すぐ弊社に売却して頂けませんか?
二胡の音色に魅了されて、是非練習してみたいと思っている方も少なくないようです。
リユース品で二胡が販売されていないかと、調べておられる方もいらっしゃるでしょう。
やはり楽器は管理を続けていないと、音が合わなくなったり古くなったりしてしまって、楽器としての価値が落ちてしまうのは仕方がありません。
今密かな人気を集めている楽器であるだけに、不要になってしまった二胡は是非今すぐ売却されることを断然お勧め致します!
価値のある優れた楽器が古くなって価値が落ちてしまわないように、是非効率的にリユースしましょう!
>> 蘇州二胡・北京二胡・上海二胡のどれでも査定可能!
>> 胡弓も買取中!
>> 中国人の方からの二胡の買取依頼歓迎!

二胡の買取を利用したお客様の体験談
二胡買取 体験談

無料査定はこちら

二胡の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
二胡を当社に売る前に、購入年・製品名・新品か未使用品か中古か、中古の場合はどの程度演奏に使用されていたか?を確認の上、査定依頼下さいませ!
■付属品
専用ケース
専用ケース

松脂

コントロールマット

※上記の付属品は全てありますか?

「状態、不具合の有無」
いつ購入された二胡ですか?
長期間ケースに入れたまま保管していた二胡でしょうか?
中国製品でしょうか?
本体にキズやヒビ、割れなどはありませんか?
本体
ヘッドは折れていませんか?
底の滑り止めは剥がれかけていませんか?
ケースのチャックは壊れていませんか?
ケースにダメージや使用感はありますか?
台座に穴が空いていませんか?
金属部に錆はありませんか?
小傷・打痕・擦れ・薄汚れ・黄ばみ等はありますか?
弦が切れたり、擦り減って切れそうになったりしてはいませんか?
弦
棹の頭の部分にヒビが入っていませんか?(※その場合、紐でグルグル巻きにしていたりしないでしょうか?)
弓にほつれは見られませんか?
弓の毛は切れていませんか?
皮に穴はありませんか?
色あせ、変色、黒ずみなどはありませんか?
ポイントシールがはがれてはいませんか?
きちんと演奏できる状態ですか?
音だし&音程は問題ありませんでしょうか?
付属品の弓、ケース、チューナー、交換弦、駒、松脂、アジャスター、スポンジ、取扱説明書など全て揃っていますか?
チューニングはされていますか?
今まで使用されていたものですか?
DVDはついていますか?
DVD
弓の交換歴はありますか?
弦の調整は行っていましたか?
補修歴はありますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

二胡の高価買取のポイント
アンティーク品としての価値がないモノは、早めに買取りに出すことが高価買取のポイントです。
・新品に近く使用感がない方が、高額査定が付きやすくなります。
音色に問題があれば買取りできない場合もあります。
査定に出す前には動作確認や音色のチェックをしっかり行い、調整できる場合はそうすることで、買取金額をアップさせることができます。
普段からお手入れをしていて丁寧に取り扱っていた楽器には、高額査定が付きやすくなります。
弦の状態も、査定金額には大きく影響します。
二胡の査定の申し出と違う事例
・専用ケースもキレイな状態だと聞いていたが、ケースの表面が破れていた。
・弦が切れていて張り替える必要があった上、本体に割れが確認された。
・色あせしていて、音色に異常が確認された。
・付属品は全部揃っていると言っていたが、肝心の弓が入っていなかった。
・購入して1年も経っていないと言っていたが、使用感がかなりあって、内部に損傷が確認された。
・音が出なくなっていて、弦高の調整しなければいけない状態だった。
・掃除をしたと聞いていたが、かなり汚れが目立っていた。
「二胡の宅配買い取り方法」
二胡の宅配買取り方法は、郵便局の「ゆうパック」などの宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

二胡の買取製品!

二胡

「二胡の買取対応製品」
蘇州二胡
北京二胡
上海二胡
紅木二胡
黒檀二胡
老紅木二胡
紫檀二胡
小葉紫檀二胡
二泉二胡

サイン入りの二胡の捜索

楽器にサインが刻まれている場合、普通の楽器とは違いそのサインによって価値がぐーんと違っています。

ある日、「有名な方のサイン入りです。でも名前は分かりません、頂き物なので」という二胡のメール査定を受けました。

・・・。

Photoshopでサイン部分を拡大・エッジを強くしながら、発掘していきます。

「これは、結構いいお値段じゃないですかー♪」と思ったら、持ち主の方から、

「今回は、もったいないんで、自分で持っておきまーす♪」とのこと。

Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

「二胡とは?」
二胡
二胡とは中国に古くから伝わる擦弦楽器の一種のことをいいます。
二本の弦を間に挟んだ弓で弾くことで演奏することが出来、琴筒はニシキヘビの皮で覆われており、起源は唐の時代、北方の異民族が使用していた奚琴という楽器だといわれています。
現代では弦楽器というと立てて演奏するのが普通ですが、二 胡は当初、横に寝かせた状態で棒を使って弦を擦ることで音を奏でていました。
今のように立てて演奏するようになったのは宋の時代だといわれています。
当時の宮廷内の記録に二胡を立てて演奏し、弦1本で演奏したたことが残っていますので、この宋の時代にはある程度の演奏技術が確立されていたようすし、同時期に馬の尻尾を弓に使用し始めたこともわかっています。
演奏技術が近代のものにより近くなったのは1920年代といわれています。
この頃になると、西洋の音楽が中国に入りはじめたため、演奏技術とともに二胡自体も改良を加えられていったようです。
二胡は形状などによって3種類に分類されています。
琴筒が表裏六角で民芸品などとして大量生産されているのが上海二胡。
琴筒が上海二胡と同じく表裏六角ではありますが、深い音色が特徴で裏側に透かし彫りがあるのが蘇州二胡。
琴筒の正面は八角、裏側が丸形で音が若干硬いといわれているのが北京二胡です。
二胡の琴皮にはニシキヘビの皮を使用しますが、最近ではワシントン条約などの関係で輸出入が厳しく制限されていますので、ニシキヘビの皮を使用した二胡は大変貴重ともいえます。
そこで登場したのが合成皮革などを使用した二胡です。
こういった代用皮を使用した場合、ほとんどがニシキヘビの皮の模様を真似たプリントがされていますので、もしニシキヘビの皮の二胡をお求めの場合は、価格なども含め、十分確認することをおすすめします。
また、ニシキヘビの皮を使用している場合でも、蛇 の健康状態や捕獲した時期、雄雌、そしてどの部分の皮を使うかによって品質に差がでてくるのも特徴です。

無料査定はこちら