ラックスマン ベルトドライブアナログプレーヤー買取

ラックスマン ベルトドライブアナログプレーヤーを買取

最近はCDプレーヤーやスマートフォンで音楽を聞く人が多いので、あまりレコードプレーヤーは使われなくなっています。

特に30代以下の人の場合、レコードプレーヤー自体を知らないという人も多いでしょう。

しかし、近年レコードプレーヤーの需要が高まっており、使ってみたいという人が増えているのです。

そのため、弊社でもレコードプレーヤーの買取を行っているのですが、その中でもラックスマンというメーカーから発売されている、ベルトドライブアナログプレーヤーという商品の買取に力を入れているのです。

素材にはアルミニウムが使用されているのですが、ダイヤモンドカットで表面を仕上げているので、とても美しい見た目だと言えるでしょう。

高精度ブラシレスDCモーターという新開発された技術も取り入れているのです。

もしラックスマンのベルトドライブアナログプレーヤーを持っていて、売ることを検討している場合には、気軽に弊社まで買取依頼をしてもらいたいと思います。

無料査定はこちら

ラックスマン ベルトドライブアナログプレーヤーの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がラックスマン ベルトドライブアナログプレーヤーを弊社に仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
「状態、不具合の有無」

付属品類は全て揃えられていますか?

オプションパーツの付加状況はどうなっていますか?

製品本体にキズや汚れはありませんか?

製品は正常に動作する状態にありますか?

どのような環境で使用されていた製品ですか?

日常的にお手入れは行われておりましたか?

メーカー保証期間内、あるいはLUXMANプレミアム延長保証制度の期間内ですか?

ベルトの交換など、定期的な点検や消耗部品の交換は行われていましたか?

トーンアームは付属していますか?また状態に問題はありませんか?

無料査定はこちら

高価買取のポイント

ラックスマン ベルトドライブアナログプレーヤーについて、元々の価格が非常に高額なハイエンド仕様のメーカーになり、中でもベルトドライブアナログプレーヤーはかなりの高額で取引される商品です。

ある程度使用している中古品でも、正常に動作するもの、外観に傷や汚れの無い綺麗なものであれば、高額買取の可能性は高くなります。

年式は新しいほど査定評価は高くなりますが、定期的にメンテナンスを行い、不具合がないものであれば、長く使用しているものでも減額されることはありません。

また、購入した際の付属品や取扱説明書・保証書などが綺麗な状態で全て揃っているもの、メーカー保証期間が長く残っているものほど査定評価は高くなります。

その他別売りの交換用ゴムベルトやアームベースなどをつけていただくと買取金額がアップします。