チター買取

チターを買取

チター 高価買取

チターという楽器もとても珍しいのですが、木の箱の上に30本以上の弦を張り巡らせ てある楽器のことです。
ヨーロッパで誕生した民族楽器なのですが、日本では滅多に見かけることはありませ ん。
しかし、最近では日本でも使用する人が誕生しているため、日本チター協会という団 体が誕生しています。
中にはチターを所持している人もいるでしょうが、買取をしてくれる業者はかなり少 なくなっているでしょう。
もしチターを売りたいのに、買取をしてくれる業者が見つからないというのであれ ば、弊社まで買取依頼をしてはいかがでしょうか。
弊社ではチターの買取依頼も受け付けていますし、今後は使用する人が増えてくるこ とが予想されるため、状態がよければ高額買取も可能です。
もちろんきちんと演奏できる状態であることが買取の条件になるのですが、音楽が好 きな人は通常楽器を丁寧に使用するので、問題はないでしょう。
このような弦楽器は普段からの手入れが重要になるので、買取を視野に入れて丁寧に 使用すれば、売りときに高く売れるのです。

無料査定はこちら

チターの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がチターを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
調弦用ハンドル
ケース
※上記はありますか?
「状態、不具合の有無」
いつ頃どちらで購入された楽器ですか?
どれくらいの期間使用しておられましたか?
本体にキズや汚れや割れなど不具合はありませんか?
弦が切れたり伸びたり、擦り切れて切れそうになったりしていませんか?
プレクトラムはありますか?
共鳴テーブルはありますか?
楽器にカビが生えてはいませんか?
楽器にヒビが入ったり割れてはいませんか?
表面のコーティングが剥がれたり、色が剥げたり変色してはいませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

チター 高価買取のポイント
チターの高価買取のポイント
とても珍しい民族楽器であるため、一般の買取店では取り扱いできないこともありま す。
チターを買取りに出す際には、弊社のような専門店を利用することが、高価買取 のポイントです。
使用感が少ないか、新品のチターは高額買取りが期待できます。
ケースや調弦用ハンドルなどの付属品は、揃えて買取りに出すことで買取金額をアッ プさせることができます。
査定に出す前には状態を確認して、キレイに汚れを落とすことが高価買取のポイント です。
傷があれば査定金額は下がるので、普段から丁寧に取り扱いましょう。
チターの査定の申し出と違う事例
・ほとんど演奏したことがないということでしたが、かなり弾き込んだ形跡があっ た。
・傷は一切ないと言っていたが、本体に細かい傷がたくさん付いていた。
・調弦用ハンドルを入れ忘れて発送してきた。
・演奏は正常にできると聞いていたが、弦が切れていた。
・全体的に形が崩れていて、キレイな音が出せない状態となっていた。
・表面のコーティングが剥がれていて、全体的にかなり劣化していた。
・すぐに発送すると言っていたが、到着したのは2週間後だった。
「チターの宅配買い取り方法」
チターの宅配買取り方法は、佐川急便さんなどの運送会社の宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

チター

「チターの買取対応製品」
チター

チターの買取価格目安

下記金額は、大まかな目安であり、状態や季節により変動します。査定金額を保証するものではありません。

型式金額(円)
チター21,114円
「チターとは?」
チター
古典音楽が多く生まれたヨーロッパですが、その背景には非常に独特な楽器が豊富に存在していたこともあるでしょう。そのような楽器の中には現在ではなかなか使用されることも少なくなったタイプもありまして、チターと呼ばれるギターと琴の中間的な民族楽器も存在しています。

チターには演奏に使う弦が合計で36本存在していることもあって、一般的にその演奏技術はかなり難度も高いレベルが要求されるでしょう。民族楽器として使われてきた経緯もあって、厳しい環境に住む民族の楽しみとして存在して来ました。しかし、上述のように演奏の難しさによって演奏人口が急激に減少している楽器の1つなのです。

本場のヨーロッパにおいて楽器としてはメインとなる音の演奏を担う訳ではないものの、いろんなイベントにおける補助楽器として使われることが時々あります。この楽器のルーツはアルプス周辺だとされますが、同じような楽器は中東エリアにも存在しているでしょう。

チターは一般的に考えると日本国内では全く馴染みがない感じもしますが、実は日本国内にはチターに関する協会も存在しています。また、専門的にチターを引く演奏家も存在していて、楽器としての魅力は非常に高い訳です。これによって、各協会がチターの演奏技術をレクチャーしたり、チターコンサートを開いたりすることで日本では意外にチターに触れる機会も多いと言えます。

チターは管理レアな楽器ですが、日本でも販売しているところが存在しています。しかし、その多くは海外における製造拠点からの輸入になりますので、価格も日本円で50万円から60万円ほどになることも少なくありません。さらに、これに輸送費や輸入手続きに掛かる費用なども加算しますので、総額として70万円以上の購入費になることもあり得るのです。

このように、今後手に入れることがさらに難しくなる楽器なので、将来的には一層購入価格が高額化することが予想されているでしょう。

無料査定はこちら

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。