JBL スピーカー買取

JBL スピーカーを買取

JBL スピーカー 高価買取

JBLスピーカーはオーディオファンを魅了してやみません。
JBLスピーカーは、小型の筐体の中に最新のオーディオ技術が詰め込まれています。

そんなJBLスピーカーをお使いのオーディオファンの方、JBLスピーカーの買取りコーナーへようこそ!

JBLは、ジェームス・B・ランシングにより1946年に設立されたスピーカー製造会社の老舗です。
劇場用スピーカーとしてスタートした本製品は、今では個人向け高級スピーカーのメーカーとしても成功しています。

音響専業メーカーとして最新の高性能コンポーネントを廉価機種にも採用しています。
音を発するスピーカーの各ユニットと、高性能ユニットを最適に配置したデザインが特徴です。

JBLスピーカーは高級であるがゆえに、使用しなくなっても処分できずに部屋の片隅に置きっぱなしにされてしまいがちです。
皆さんもそういったことはありませんか?

「新しいスピーカーを買ったのでもう使わない。」
「引っ越しして部屋が狭くなったから置き場所が無くなった。」
「使ってないけど捨てるのはもったいない。」
「随分使ってないから埃をかぶっててもう売れないだろう。」
「売りたくてもどこで売ればいいのかわからない。」
「リサイクルショップへ持ち込んでも、ちゃんと価値を評価してくれない。」

このように思っておられる皆さま!是非当社へお譲り下さい。
株式会社エコランドでは、専門スタッフにより正確かつ適正な査定を実施し高価買取りをさせて頂いてます。

もちろん査定は無料ですし、全国どの地域からでも宅配買取りさせて頂きます!
少しでも気になった方はお気軽にお問い合わせ下さい。

JBLスピーカーに、次のオーナーの元での第二の人生を歩ませてあげてください。

JBL スピーカー

無料査定はこちら

JBL スピーカーの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がJBL スピーカーを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
・メーカー(JBL)
・製品名
・型式
・購入年月
・使用頻度
・新品か中古品か
・メーカー保証期間の有無

■付属品
JBL スピーカー 取扱説明書
・本体
本体
・取扱説明書
取扱説明書
・六角レンチ
・Invisiball取付金具
・入力端子防水カバー
・スピーカースタンド
スピーカースタンド
・スタッキング用の足×4
・C型サポート金具
・サポートレール
サポートレール
・塗装用シールド
・型紙
などが揃っているか?査定前にご確認下さい!

オプション品
・マグナカート
マグナカート
・スピーカーケーブル
スピーカーケーブル
・スピコン−スピコン
などもありましたら、お付け頂くともちろん査定UP!

「状態、不具合の有無」
〈本体/付属品の損傷〉
・スピーカー本体に酷い汚れや傷等の損傷、ダンパーの変形、エッジに損傷はありませんか?
外観 傷
・コーン紙を押し、ボイスコイルの擦れる音は出ませんか?またはコーン部分に傷はありませんか?
コーン 傷
・エッジに破れなどはありませんか?
エッジ
・ランプは消耗していませんか?
JBL ランプ
・電源プラグの断線や歪曲、入力/出力ケーブル接続部の緩みやサビ、ケーブルに損傷/断線はありませんか?
ケーブル接続部に以上な発熱や、ケーブル接続/絶縁の処理に手落ちはありませんか?
ケーブル接続部
・リード線が切れていたりショートしていませんか?
・長時間の使用により機体が熱を持つ、異臭がする、異物が入り込む等駆動に支障が出ることはありませんでしたか?
・トゥイーター、ミッドレンジにホコリなどは付着していませんか?
・スピーカーカバーを止めるダボピンが1個無買ったりはしませんか?
・ウーファー部にシミがありませんか?
ウーファー シミ
・スピーカースタンドのスパイク受け純正品が欠品していて、違う品で代用していませんか?
スピーカースタンド 代替え

〈設置/接続の不良〉
・配線は正常であり、固定部位の締め付けはしっかりとしていますか?
配線
・コネクターの接続/取り外しは正常に行えますか?

〈音の不良〉
・音が出ない、音が小さい、ハウリングを起こす、音が途切れる、ノイズが入る等の不具合はありませんか?
・ヘッドフォンの使用が正常に行えるかチェックして下さい。

〈動作不良〉
・電源スイッチの不良、電源が突然切れる等の不良はありませんか?
電源スイッチ
・各操作スイッチ/ボタンは正常に機能しますか?
スイッチ
・ボリュームの操作で音の強弱が正常に調節できますか?
ボリューム
・左右スピーカーの位相チェックを行ってください。低音がよく出、音像が左右スピーカーの中央に定位しますか?
・リモコン操作は正常に作動しますか?
リモコン
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!


JBL スピーカーの査定前に、不具合に気付いた際には以下の様に簡単なメモをお付け頂けると査定がスムーズです。
JBL スピーカー買取 不具合メモ

高価買取のポイント

高価買取のポイント

JBLのスピーカーは日本国内でも人気の高いスピーカーになりますので、中古品でも商品によってはかなりの高値で取引されています。

中でも、元値が高いハイエンドモデルのスピーカーであれば中古品でも高額での買取が可能です。

また、外観に傷や破れ、経年劣化による変色などがない事、ペアのものは2台揃っている事、音質に問題がなく、安定している事、部品交換や修理の必要がなく、すぐに使える状態のもの程、査定評価は高くなります。

また、取扱説明書や保証書があるもの、保証期間が残っているものは更に高額での買取が可能です。

JBLのスピーカーを高値で売るのであれば、日頃の設置場所(直射日光が当たる場所や高温多湿の場所を避ける)やメンテナンス(不具合があればすぐに部品を交換したり修理に出す)などが重要になります。

※コーヒー店などの飲食店などの設置のJBLのスピーカーは営業時間ご使用されて使用頻度も多くなりがちですので、こまめに掃除やメンテナンスなどを行う事もポイントです!

※無料査定フォームに入力される場合は、以下の様にJBL スピーカーの事を出来るだけ詳しく入力する事も高価買取のポイントです!
JBL スピーカー 入力フォーム参考
JBL製品以外のスピーカーもあればそれも当社に売却する事。JBLスピーカーを持っている友人が居たら当社の買取の事を教える事。なども高価買取のポイントです!

仮査定前の確認事項

JBLのスピーカーを査定に出す前に、スピーカーをきれいにお掃除をしてください

見える部分は勿論、背面にホコリが溜まりやすいのできれいにしてください。
コーン部分もホコリが付きやすいのですが、濡れた布などでは絶対に拭かないでください。

スピーカー周辺はダスター布できれいにしていただけると、査定評価が上がります。

お掃除が終わったら、通電の確認と音の確認をお願いします
音にノイズがないか、音量が安定しているか、出ない音域がないか、左右のスピーカーのバランスなど確認してください。

また、外見上、傷や落ちない汚れ、タバコのヤニ、破れ、変色等がないか確認ください。

上記の様な棄損がある場合、申し込みの際にメールに写真を添付していただくことで、買取が可能かどうか、すぐに判断ができますので、ご協力をお願いします。

JBL スピーカーの買取価格相場

*下記金額はおおよその目安で買取価格を保証するものではありません。
季節や市場相場、機器の状態により変動します。

品名 金額(円)
JBL Project EVEREST DD67000 3wayスピーカーシステム ペア新品 1,125,663
JBL スピーカー DD66000 ペア 762,663
JBL PARAGON C44 パラゴン スピーカー 472,263
JBL M9500 スピーカーシステム ペア ネットワーク付 335,049
JBL スピーカー Project K2 S9800 Special Edition ペア 328,515
JBL ハーツフィールド Hartsfield ヴィンテージスピーカー 323,796
JBL 3WAYフロア型スピーカーシステム EVEREST DD55000 ペア 288,442
JBL 4344MKⅡ スピーカーシステム ペア 260,997
JBL Model 4350A スピーカーシステム 257,766
JBL Project K2 S9800 スピーカーシステム ペア 255,189
JBL スピーカー OLYMPUS C50 S8R ペア 254,463
JBL 3WAYフロア型スピーカーシステム TYPE C50 Olympus S8R型 ペア 249,381
JBL 4343WX スピーカー ペア サランネット中古美品 225,423
JBL スピーカー STUDIO MONITOR MODEL 4345 ペア 219,615
JBL DD55000 EVEREST エベレスト スピーカーシステム 美品 206,753
JBL スピーカーシステム Model 4348 STUDIO MONITOR ペア 200,013
JBL 3WAYフロア型スピーカーシステム TYPE C50 Olympus S8R型 ペア 198,198
JBL 4365 3WAY スピーカーシステム ペア 取説有 美品 196,383
JBL 4350LQ STUDIO MONITOR 190,212

JBLスピーカーが壊れている場合は修理に出してから売った方がよいの?

JBLスピーカーの場合には、どの種類でも買取価格が10万円以上になることが殆どです。

もちろん状態によってはもっと安くなることもあるのですが、修理代がここまで高くなるケースはまれだと言えるでしょう。

他の製品の場合には、買取価格よりも修理代の方が高くなる可能性もあるのですが、JBLスピーカーの場合にはその可能性が低いので、故障していたら修理に出すべきです

修理を行う際には、サービスのよい業者に依頼することで、清掃も同時に行ってくれることがあります。

そうすれば買取価格の向上にも繋がるでしょう。

査定の申告と違うケース
□ 購入年月日が古く、状態もあまり良くないとのことで、確かにクリーニングが必要な部分が一部あったものの、作動には問題なく、リユースして使用することができるような状態だった。

□ 伺っていた製品名と、送られてきたJBLスピーカーの製品名が異なっていた。

□ 問題なく使用できるとのことで、実際に送られてきたものを試してみると、音が小さくて、聞き取りにくかった。

□ どこも異常がないとのことで、確かに本体には異常は見受けられなかったが、付属していたリモコンが使用することができなかった。

□ 美品と聞いていたが、実際のものはタバコのヤニや臭いが酷いものだった。

□ 保証書付きと伺っていたが、実際送られてきたものに保証書がついていなかった。依頼主に連絡しても送ったとしか、お返事をいただけなかった。
■買取り前の清掃の注意事項■
*サウンドに異音は御座いませんか?
アッテネーターが錆びたり、劣化していますのでアッテネーターの清掃をお願いします。
アッテネーター清掃時は他の部品を汚さない様に注意して下さい。
アッテネーター

*エッジに異物が付いていませんか?
エッジ
エッジ周りには乾燥を防ぐために油が付いています。
エッジ周りが汚れている場合は、コンプレッサーの様な空気で吹きとばす機械の使用をお願いします。
クロス等で拭きますと汚れと一緒に油を落としてしまいますので拭きとらない様にして下さい。
拭きとった場合は、専用の潤滑剤を付けて下さい。

*キャビネットの清掃を行いましたか?
キャビネット
キャビネットは丁寧にガラス用の洗剤で掃除して下さい。
掃除後に必ずワックスで保護をお願いします。
ワックスは強くかけ過ぎずない様に注意して下さい。

*ツキ板が劣化していませんか?
ツキ板
ツキ板は表面を研磨して下さい。
専用の道具がない場合はそのまま周りを拭く程度の清掃で十分です。

*ボルトが汚れている、錆びてはいませんか?
ボルト
ボルトは綿棒などで清掃をお願いします。
綿棒等でふき取っても汚れが落ちない場合は劣化しています。
予備のボルトがありましたら交換をお願いします。

*内部の清掃時にはスピーカー部の配線や基盤に触れない様に清掃して下さい。
水で濡らした布巾で内部を清掃後はしっかりと部品をもとに戻して下さい。
音質に異常や本体に異常が発生いたします。

*清掃時に使用すると良い道具、洗剤等
キャビネットや本体の木部等は洗剤を使って清掃をして下さい。
内部は水や洗剤を使わずに清掃をお願いします。
キャビネットはワックスを使って仕上げをお願いします。
「JBL スピーカーの宅配買い取り方法」
梱包
「JBL スピーカー」の宅配買い取りはサイズにより2つの方法があります。
1)縦・横・高さの合計が170cm以下、重量30Kg以下の時は郵便局の「ゆうパック」での宅配買い取りが便利です。
2)縦・横・高さの合計が170cm以上、重量30Kg以上の時は下記運送業者での宅配買い取りとなります。
「佐川急便、クロネコヤマト、ヤマト家財便」
「JBL スピーカー」は精密機械に相当し、輸送中のショックや振動に強くありません。お送りいただく時は厳重な梱包をお願いします。
段ボール箱に入れての梱包を推奨します。ご購入時のカートン等がある時はそれをご使用いただき、ない時は近隣のスーパーなどで使用済みボール箱を手に入れてください。
ゆうパック包装用品で(箱(特大)360円 縦350mm×横450mm×高さ350mmがあります。このサイズに収まるスピーカーは利用できます。
*JBL スピーカーの梱包注意点
JBL スピーカー 梱包参考
購入時の梱包材料があるときはそれをお使いください。
それらがない時は、収めるスピーカーより少し大きめのカートン(段ボール箱)を用意します。箱等が用意できないときは後で述べます。
カートンの底部にパッキン材、プチプチ等を敷きます、パッキン材やプチプチ等がない時は古新聞を軽く丸めた物を代わりに使用します。
スピーカーのコーン紙が外から触れるタイプは前面を保護します。前面全体と同じ大きさの段ボールまたはべニア板を用意します。
この板にプチプチ等の緩衝材を貼り付けます。コーン紙を保護するために用意した段ボール等のクッション側をコーン紙側にあてて本体にテープで止めます。すなわちコーン紙を緩衝材と段ボール等の板材のサンドイッチで保護します。
その状態で箱の中央にスピーカーを置きます。周辺部分にパッキン材、プチプチ等を充填します。
付属のケーブル類があるときは、適当な大きさの輪に纏めた物をスピーカーとカートンの隙間に入れます。
ケーブル等の先端が金属などの端子が付いていつ時はその部分をプチプチ等で包み他の物との接触で傷にならないようにします。
輸送中スピーカーが箱の中をぐらつくことがないようにパッキン材を詰め込みます。上部もプチプチ等で保護をしてカートンの上ぶたを閉めます。
次にカートン全体をプチプチ等で二重に梱包し完了です。
スピーカーを収納する箱等がない時は、スピーカー前面のコーン紙を保護した状態で、スピーカー全体をプチプチ等で一重梱包をします。
その後同じやり方で更に一重梱包をします。最後にもう一重梱包し都合これで三重梱包となるので完了です。

無料査定はこちら

JBL スピーカーの買取製品!

スピーカー

JBL スピーカー

「スピーカーの買取対応製品」
Control1、Control1Plus、Control1G、Control1X、Control1Xtreme、Control3Pro、CONTROL-NOW(BK、AW)、CONTROL-ONE、CONTROL25(White)、CONTROL25AV、CONTROL29AV-1、CONTROL28(White)、CONTROL30(White)、CONTROL1PRO(White)、CONTROL23(White)、CONTROL62P、CONTROL65P/T(White) 590CH、580CH、570CH、530CH、290BRN、280BRN、270BRN、230BRN、220BRN、210BRN、18Ti、120Ti、240Ti、250Ti、A52、A520Vecchio、A620Vecchio、A622Vecchio、A820Vecchio、A822Vecchio、J50、J520、J620M、J820M、JRX125、PRX412M、PRX415M、PRX612M、PRX615M、PRX625、PRX635、STX812M、STX815M、STX825、STX835、S9900、S4700、S3900、S101、S109Aquarius4、S119、S143、S2600、S3100MKⅡ、S4000、S5500、S5800、DD67000(RW、MA)、DD65000(ZW)、DD66000(RW、CH、EB、MA)、L15、L16Decade、L19、L20BK、L26Decade、L36、L40、L40A、L40BK、L44lancer、L45Flair、L45BFlair、L46、L50、L50A、L110、L110A、L 112、L120AquariusQ、L150、L150A、L166Horizon、L200StudioMaster、L200B、L212、L220、L222A、L250、L300、L300A、LS80(エボニー・ブラックグロス)、LS60(エボニー・ブラックグロス)、LSR2325P、LSR6328P、LX44、LX66、LX300、LX600、TS8000、TS6000、TS600、Ti1000、CF100、CF120、CF150、XPL90、XPL140、XPL160、XPL200

スタジオモニター

JBL スタジオモニター

「スタジオモニターの買取対応製品」
3310、3677、3678、4206、4208、4301WX、4301BWX、4302、4305H、4305H-WX、4307、4306、4310、4311、4311WX、4311A、4311WXA、4311B、4311BWX、4312、4312A、4312ABK、4312XP、4312MKⅡ-WX、4312MKⅡ-GY、4312BMKⅡ、4312SX、4312M、4312M-Ⅱ-WX、4312M-Ⅱ-BK、4312E、4313WX、4313BWX、4315、4315WX、4315A、4315WXA、4315B、4315BWX、4319、4320、4325、4330、4331、4331A、4331AWX、4331B、4331BWX、4332、4333、4333A、4333AWX、4333B、4333BWX、4338、4340、4341、4343、4343WX、4343B、4343BWX、4344、4344M、4345、4350、4350WX、4350A、4350WXA、4350B、4350BWX、4365、4375、4375A、4380A、4380B、4401、4406、4408、4410、4411、4412、4425、4429、4430、4435、4602、4602B、4604B、4612、4612B、4612OK、4621、4622、4623、4625、4627、4628B、4660、4660A、4670D、4675C、4675C-8LF、4675C-4LF、4680、4680B、4681、4682、4690、4691B、4695、4716A、4726A、4726AP、4728AP、4730A、4731A、4750A、4751A、4755A、4756A、4770A、4771A、4825、4828、4850、4851、4852、4853、4870、4871、4872、4873、4892、5671、5672、5674、8330、8340

センタースピーカー

JBL センタースピーカー

「センタースピーカーの買取対応製品」
LS-Center(エボニー・ブラックグロス)、TS60、520CCH、225C-BRN、ES250PW-CH、ES150PCH

サブウーハー

JBL サブウーハー

「サブウーハーの買取対応製品」
560PCH、L8400P(CH、BK)、PRX618S、PRX618S-XLF、PRX418S、STX818S、STX828S、CONTROLSB210-WH、CONTROLSB2

天井埋込用2ウェイスピーカー

JBL 天井埋込用2ウェイスピーカー

「天井埋込用2ウェイスピーカーの買取対応製品」
CONTROL24C(MICRO)、CONTROL24CT、CONTROL26C、CONTROL26CT、SS8、SS6、SS8C、SS6C、SS6DT、SSLCR、SS88IWS

フロアモニター
JBL フロアモニター

「フロアモニターの買取製品」
VRX915M、JRX112M

JBL スピーカーのリユース事情

弊社では、スピーカープランドとして世界的に有名なJBL スピーカーの買取りを行っています。
弊社が買取りした製品をリユースすることにより、高級スピーカーをできるだけ安く購入したいと考えている人たちや、日本中にたくさんいるJBLファンを喜ばせることができます。
JBLのスピーカーには高額なものも多く、欲しくても簡単に手に入れられませんが、リユース品であれば夢の高級スピーカーを入手することが可能になります!

JBL スピーカーの素晴らしさ

JBLとは、アメリカのカリフォルニアに本社を置いている世界的に名前が知られているスピーカー製造会社で、JBLのスピーカーは、アメリカや日本をはじめ多くの場所で利用されています!
JBL スピーカーは初動特性と音楽表現能力に優れていることが魅力となっており、世界中の多くの映画館や音楽スタジオなどでプロ用のスピーカーとして幅広く活躍しています!
またJBLのスピーカーは、ジャズファンの間でも人気が高いことでも知られています。

JBL スピーカーの買取実積

JBL スピーカー 買取実積

お客様の体験談

JBL スピーカー 買取体験談

「JBL スピーカー特長」
JBLは世界を代表するスピーカーブランドで、音場表現能力に優れ、プロの録音スタジオや映画館などでも多く使われています。
あらゆる用途に対応する幅広い製品群は、最高水準の性能と品質、そして信頼性を誇ります。
また、ジャズを聴くスピーカーといえば「JBL」というほど、ジャズファンの間では愛用されています。
製品は軽いドライバーで高確率があり、大型の低音用ドライバーを有している。音色に演出があり、映画館等で幅広く使用されている。

70周年、おめでとうございます!

2016で70周年を迎えたJBL。おめでとうございます!

先日、買取依頼で、スタジオを経営されていた方から。
「JBLスピーカー、6セット(ペア)で買取お願いできますか?」とのこと。

6セット…。ありがたいお話です♪

上司にワクワクで報告。すると

「保管場所確保するから、2階のダンボール移動させて」

シゴトフヤシタ? Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

JBLスピーカーの店頭買取への持ち込みへの注意事項

※以下の画像はJBL製品ではありませんが、、以下の画像の用にスピーカーをたくさん車に詰め込んでの買取のご依頼は大変危険ですのでお辞め下さいませ。
危険 スピーカー詰め込み 危険 スピーカー詰め込み

JBLスピーカーの査定依頼の実績

こちらはお店で10年弱、たまに使い、そのあと、自宅で保管。たまーに使っています。
今回はリフォームのためどうしようかと思いメールしました。
お見積り宜しくお願いいたします。

「JBL スピーカーとは?」
jblスピーカー
JBLは1946年にジェームス・B・ランシングが設立した会社で、アメリカのノースリッジに本社を置いているスピーカー専門の製造会社です。
今まで70年の間世界中の音楽ファンから愛されて来ました。
JBLのスピーカーの特徴としては、ドライバーが軽くて効率が良く、低音ドライバーが設置されていることです。
また他ではあまりないホーンドライバーやコンプレッションドライバーを持つ製品があるということも、JBLスピーカーの特徴だといえるでしょう。
JBLスピーカーは初動特性や表現力に優れていると認められているので、録音スタジオや映画館など公共の場所でもよく使用されています。
またカーオーディオとしても開発されていて、フォードやトヨタの高級車用カーオーディオが提供されています。
さらにはマーク・レビンソンブランドのカーオーディオにも供給されています。
1980年には日産のセドリックやグロリア、シルビアにオプションとしてJBLスピーカーが搭載されていました。
また韓国の現代自動車グレンジャーに純正装着もされていました。
今ではJBLスピーカーのモデルにも様々あり、プレミアムモデル、スタンダードモデル、スタジオモニター、プレミアムアクティブスピーカー、アクティブスピーカー、ホームシアター、カーオーディオなどの種類があります。
プレミアムモデルやスタンダードは一般的なスタンダードモデルで、ホームエンターテイメントユースで求められるスタイルです。
スタジオモニターは音楽関連のスタジオやホールなどで使用される、世界中のプロフェッショナルに求められる信頼のスピーカーです。
プレミアムアクティブスピーカーは本格的なシステムが搭載されて、パワフルなサウンドが楽しめます。
自宅のリビングやお店でのBGMなど、幅広い場所で利用されているタイプです。
アクティブスピーカーは持ち運びも可能なタイプのスピーカーで、車の中やアウトドアでも楽しめるタイプです。
JBLスピーカーは質がよく高機能なことから、長い間世界中から愛されてきた信頼できる製品です。

楽器・音響機材高価買取