Sequential Circuits買取

Sequential Circuitsを買取

Sequential Circuits(シーケンシャル サーキット)は、シンセサイザーを主力にしていた楽器メーカーで、1970年代にカリフォルニア州に設立し、1987年に資金繰りの悪化でヤマハに買収されました。

Sequential Circuitsのシンセサイザーは当時、本体にメモリできる革新的な機能が高く評価され、人気がでました。

会社としてはあまり長く続きませんでしたが、その後もデイブ・スミスをはじめとするスタッフはソフトウェアのシンセサイザーを開発したり、新たにシンセサイザーのメーカーを立ち上げるなどして、音作りの分野で活躍しています。

Sequential Circuitsのシンセサイザーは最新のものでも30年を超えるヴィンテージものになってきていますので、見かけることが段々少なくなってきています。

そのため、弊社ではSequential Circuitsのシンセサイザーの買取に力をいれています。

いまなら高価買取していますので、ぜひ弊社の買取をご利用ください。

無料査定はこちら

Sequential Circuitsの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がSequential Circuitsを弊社に仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
「状態、不具合の有無」

本体に大きなキズはありませんか?

本体に煙草ヤニなどによる汚れや変色はありませんか?

鍵盤に詰まりや堅さなど感じませんか?

摘みや鍵盤の部品が外れていませんか?

文字盤が擦れて読みにくくなっていませんか?

各部分の電源ランプなどが切れていませんか?

各種コントロール摘みによる調節機能の問題はありませんか?

同時発音ができない音があるなどの問題はありませんか?

単音や和音の調節がしっかりとできますか?

アンプ類との接続は良好ですか?

演奏中に音量のバラつきなどは感じませんか?

修理によって本来とは違う改造がされてませんか?

無料査定はこちら