コルネット買取

コルネットを買取

当社は、色々な楽器を買い取る業務に従事しています。
当社が対象としている楽器には、豊富な種類があるので、処分・売却したい楽器をお持ちの方は、お問い合わせ下さい。
当社の買取サービスを利用する場合は、直接持ち込んでいただくか、楽器を送付していただくか、ご自由に選択していただくことができます。
近年では、コルネットなどの楽器を積極的に買い取るようにしています。コルネットは、性能の良い楽器として注目を集めています。
中古市場で需要がある楽器なのです。保管状態の良いコルネットについては、当社で高価買取をすることができます。
当社では、楽器を買い取る場合、金額を決定するための査定を大切にしています。
熟練のスタッフが、商品の状態をチェックして、お客様に納得していただくことができる金額を提示します。
査定の際は、楽器に汚れや傷が目立っていないか、使用することが可能であるか、というような点を中心に確認しています。
少しの汚れ・傷であれば買い取ることができますが、汚れや傷が目立っている場合は、買い取ることができなくなります。
綺麗な状態にしてから持ち込んでいただくようにお願いします。傷については、どのくらいまで買い取ることができるか、あらかじめお問い合わせいただく方が確実です。
査定を受けていただいた後で、買取金額をお伝えします。
その金額で納得していただける場合は、手続きを進めていきますが、納得していただけなかった場合は、コルネットを返却することになります。
弊社の都合で勝手に処分することはありませんので、ご安心下さい。当社で楽器を買い取る際は、付属品についても一緒に買い取ることとしています。
コルネットには、取扱説明書・収納ケース・マウスピースなど、専用の付属品が多数あります。
付属品をきちんと揃えていただくことで、買取金額を高くすることができるので、一緒にお持ち下さい。
付属品がない場合であれば、コルネットのみでも買い取ることができます。

無料査定はこちら

コルネットの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
売却前に、購入年・メーカー・型式・新品?中古の場合は大体の演奏回数などを把握されておいて下さいませ。
■付属品
収納ケース
マウスピース
は、全てございますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈保管状態について〉
・吹奏後は内部の汚れや水分をよく取り除き、ケースに収納して保管されていましたか?
・汚れた状態で長期間保管されていますと劣化の原因になります。
・直射日光が直接当たる場所や高温多湿の場所に保管されていませんでしたか?
・各部に異常がありませんか点検をお願い致します。
〈汚損〉
・汚れやホコリの付着はありませんか?
・ピストン内部に汚れカスや錆び付きはありませんか?
・錆び付きなどによる変色はありませんか?
・管内に異物が混入していませんか?
〈損傷〉
・各部に損傷はありませんか?
・ケーシング内やピストン、抜差管に傷がついていませんか?
・ケーシング表面にヘコミや変形はありませんか?
・管が歪んでいませんか?
・抜差管の付け根がケーシングにめり込んでしまっていませんか?
・マウスピースが抜けないことはないでしょうか?
〈息漏れ〉
・正常に息が通りますか?
・各部からの息漏れはありませんか?
・ウォーターキイコルクの欠け、劣化またはウォーターキイの変形はありませんか?
・マウスピースがガタついていませんか?
・管に隙き間が出来ていませんか?
・ピストンフェルトなどのパーツが消耗していませんか?
〈ハンダ〉
・ハンダが外れていませんか?
〈音の不良〉
・音が出ますか?
・音が割れる、ノイズが入る、小さい音しか出ないなど、音がおかしいことはありませんか?
・音程が正常に得られますでしょうか?
〈ピストンの破損〉
・ピストンは正常に動きますか?
・ピストンを押すとカチャカチャと音が異音がしませんか?
・スムーズに動かない箇所はありませんか?
・ピストンケーシングを戻す際にうまく収まらないことはありませんか?
〈抜差管の破損〉
・抜差管はまっすぐ抜けていますか?
・抜差管の2本の管が平行でしょうか?
・抜差管が錆び付き、スムーズに抜けないことはありませんか?
・抜差管を無理に引き抜くと故障の原因となります。
〈ネジ類の不良〉
・ケーシングのネジ、ピストン軸のネジ、抜差管のストッパーネジが緩んでいませんか?
・ネジが緩んでいる場合は増す締めが可能でしょうか?
・ネジが錆び付いていませんか?
・ネジが固着し動かなくなっていませんか?
・ネジに変形している箇所はありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

高価買取のポイント
以下に、コルネットの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※普段から丁寧に取り扱っていたコルネットには、高額査定がつきやすくなります!
※YAMAHAやベッソンなどの人気メーカーのコルネットは需要が高いため、買取金額も高くなる傾向にあります。
※使用しなくなったコルネットは、できるだけ早いタイミングで買取りしてもらうことで、査定額が高くなります!
※楽器の状態が良いことはもちろんですが、専用ケースなどの付属品の状態が良いことでも、買取金額はアップします!
査定の申し出と違う事例
ピストンがきちんと動かなくて、リユースするには修理が必要だった。
ケーシング内に傷がたくさんあり、ネジも緩んでいた。
ハードケースに入れて送られてきたが、梱包が雑で、送る時についたのか、外部に損傷がみられた。
状態は悪くないということで商品を発送してもらったが、傷やヘコミが無数にあり、まともに音も出せなくて、買取りができないものだった。
買取り前の清掃の注意事項
*マウスピースは清掃後乾燥させてから保管して下さい。
*管内水分はしっかりと除去して下さい。
*ピストン部の清掃後は適量のオイルの塗布を忘れずに行って下さい。
*本体に手垢や汗等の拭き取りを柔らかいクロスで行って下さい。
*抜き差し管は傷を付けない様に丁寧に取り扱い清掃を行って下さい。
*全体の清掃が終わりましたら、各部にあったオイルやグリスの塗布を行って下さい。
*本体は傷が付きやすい為、力を入れて清掃は行わないでください。
「コルネットの宅配買い取り方法」
コルネットの宅配買取り方法は、通常の宅急便にて配送手配お願いします。
*コルネットの梱包注意点
■宅配買取の梱包方法
*コルネットは梱包の前に、取扱説明書にあるお手入れ方法に従ってきれいに清掃、洗浄し汚れや水分を取り除いてください。
*コルネットをきれいに掃除した後は、綿の手袋をつけて指紋や汚れが付くのを防いでください。
*梱包の際には、コルネット本体の他に、マウスピース、クロス、ヴァルヴオイル、ハードケース、取扱説明書、保証書などの付属品が揃っているか確認してください。
*ハードケース内にコルネットと付属品のマウスピースを収納し、ケース内で内容物が動かないように隙間にはプチプチなどを挟んでください。
*ハードケースに入らない付属品は、ポリ袋に入れ、壊れやすいものはさらにプチプチで包んでください。
*取扱説明書、保証書はポリ袋に入れてください。
*ハードケース全体をプチプチで包んでください。
*耐久性のあるダンボール箱を用意して、箱の底には丸めた新聞紙などのクッション材を入れ、その上に梱包したハードケースを収納してください。
*輸送中にダンボール箱の中でハードケースが動かないように隙間には丸めた新聞紙やプチプチを詰めてから箱を閉じてください。

無料査定はこちら

コルネットの買取製品!

YAMAHA

YAMAHA

豊富なラインナップと確かな技術で、ジャンル問わず国内外の多くのアーティストから圧倒的支持を誇る世界最大の楽器メーカーYAMAHA。
「YAMAHAの買取対応製品」
YCR-8335、YCR-8335S、YCR-8620S、YCR-9435、YCR-6330SII、YCR-4330Gll、YCR-4330GSll、YCR-2330lll、YCR-2610SIII、YCR-333S、YCR-2311、YCR-2330III

J.Michael

J.Michael

「J.Michaelの買取対応製品」
CT-470S

KING

KING

100年以上続く老舗金管楽器メーカーのKING。ジャズプレイヤーに人気が高く愛用者多いメーカーです。
「KINGの買取対応製品」
603、605W、2220、2220SP

ベッソン

ベッソン

コルネットメーカーではトップクラスのベッソン。深みのある柔らかい音色が世界の人々を魅了しています。
「ベッソンの買取対応製品」
BE924R-2、BE928-1、BE928-2、BE2028-1、BE2028-2、BE1020-2

ジュピター

ジュピター

「ジュピターの買取対応製品」
CR520L、CR520S

BACH/Vincent Bach
BACH/Vincent Bach

トランペットで有名なアメリカのBACH。世界中のアマチュアから上級者まで幅広いジャンルで愛用されています。

「BACH/Vincent Bachの買取製品」
184ML GL、184ML SP、184ML GB、181ML/L GL、181ML/L SP、181ML/L GB

XO
XO

「XOの買取製品」
CR-L、CR-S、CR-GB、CR-GBS

Getzen/ゲッツェン
Getzen/ゲッツェン

あらゆるレベルのプレーヤーの要望に応えるハイ・クオリティな楽器を、現在もハンドメイドで丁寧に作り続けているアメリカの総合金管楽器メーカーGetzen。

「Getzen/ゲッツェンの買取製品」
3810CS Cコルネット、3850S B♭コルネット、580S B♭コルネット

コーン/C.G.Conn
コーン/C.G.Conn

総合管楽器メーカーとしてアメリカで最も歴史のある伝統のブランド・コーン。

「コーン/C.G.Connの買取製品」
34A、34A-SP

ホルトン/HOLTON
ホルトン/HOLTON

金管楽器の総合メーカーとして世界中に広く知られるホルトン。特にホルンやトロンボーンが有名です。

「ホルトン/HOLTONの買取製品」
C602、C603、C603S

カンスタル/KANSTUL
カンスタル/KANSTUL

カンスタルは、1982年以来プロ・クオリティの楽器をハンドメイドで作り続けています。

「カンスタル/KANSTULの買取製品」
KCR731-2、KCR731-2、ZKC1530-2、ZKC1531-2

MARCATO
MARCATO

「MARCATOの買取製品」
CR-100GL、CR-100SP、CR-450GL、CR-450SP、CR-88SP

シルキー
シルキー

「シルキーの買取製品」
XA1-SP、Eb-GP

B&S
B&S

「B&Sの買取製品」
CR42 L、CR42 S、CCR42II SP、CR42II GP

コルトワ
コルトワ

「コルトワの買取製品」
AC106-1-0

ストンビ
ストンビ

「ストンビの買取製品」
B♭ Elite 5820

コルネットの素晴らしさ

コルネットとは、トランペットの形状と似た金管楽器の一種で、イタリア語ではホル ンや角笛を意味しています。
コルネットはトランペットよりも強弱の幅は狭いのが特徴的ですが、コルネットの素 晴らしさはトランペットに比べて柔らかくてまろやかな音色を出すところと、音の移 り変わりが滑らかなところとなっています!
コルネットはイギリススタイルの金管バンドではなくてはならない楽器として活躍し ています。

コルネットのリユース事情

弊社では、YAMAHAやKINGやBACHなど世界中の楽器メーカーのコルネットの買取りを行 い、それらをリユースしていますが、コルネットには高額商品も多く、数ある楽器の 中でもトランペット同様に非常に人気が高いため、リユース品を求める人たちもかな りたくさん存在しています。
弊社では極力多くの人たちに喜んでもらえるように、高額商品でも破格値でリユース 品の提供をしています!

「コルネットとは?」
コルネット
最近は趣味で楽器をする方も少なくなく、高級感あふれるものであればバイオリンなどを選ぶ方が目立ちます。
しかし、金管楽器も非常に人気でして、比較的小さめのトランペットは多くの方に人気があるでしょう。
それでも、トランペットよりも小ぶりな意外に知られていない金管楽器があって、コルネットと呼ばれる比較的低い音が出せるタイプになります。
コルネットは、もともとホルンから派生した楽器ですがトランペットよりは歴史は新しいものです。
しかし、トランペットが今のような音を出すメカニズムを持たなかった時代では、トランペットよりも人気だったこともあります。
その後、トランペットがコルネットの造音メカニズムを取り入れると一気に人気が高まり、コルネットの存在は忘れ去られるようになりました。
現在はコルネットを見かけるのは少年楽団や一部の吹奏楽部、またジャズバンドなどのライブパフォーマンス時に留まります。
メーカー側も大量に生産していないので、コルネットの価値は年々高まる傾向にあるでしょう。
コルネットはトランペットに比べると長さがないので、演奏時に大変持ちやすいことで知られているでしょう。
これにより、子供が使うのに非常に適しているとされ、音も非常に低めの深みのある音が楽しめると言える訳です。
コルネットは安いものになると数万円で販売されているものもありますが、高いものになると30万円程度するものもあって決してお安いとは言えません。
公の場で使用される機会も著しく減少していることもあって、最近はコルネットの稀少性に注目して再び購入しようとする方も珍しくありません。
このコルネットは1つの楽器として決してトランペットに劣っている訳ではなく、金管楽器としてのニーズがトランペットに移っただけだと言えますし、これからも音楽ニーズがさらに多様化して行けばまだまだ活躍の場も増えて行くのかもしれませんね。
子供の演奏では、トランペットを使う前に演奏に慣れるために非常に役立つとされます。

無料査定はこちら