真空管アンプ買取

真空管アンプを買取

真空管アンプ 高価買取

ご自宅に不要な真空管アンプはありませんか。弊社では真空管アンプの宅配買取業務を行っております。

真空管アンプはマニアの方にとっては大変価値のあるものですが、取扱いや調整が難しく興味のない人にとっては使用する機会が無いと思われます。
しかし、モノによっては非常に高価である事もあり、使用しないで眠らせておくのはもったいない事です。

もう使用することがないのでしたら、売却することを検討されてはいかかがでしょう。

真空管アンプを売却するなら、やはり価値の分かる業者に任せるのが一番です。
弊社では豊富な知識を持つ担当者が、丁寧な査定を行い適正価格で買い取りをさせて頂きます。

まずは査定フォームやお電話でお問い合わせ下さい。具体的に説明させて頂きます。

実際送っていただく前に、問い合わせの時点でお伺いすることがいくつかあります。

購入年、メーカー、型式(製品名)、新品か中古か、付属品は揃っているかなど、それに一番肝心な事は正常に作動するかという事です。

ご自分で状態がよく分からないと言う場合もあるかと思いますが、そのような時には担当者にお問い合わせください。

仮査定の金額にご納得いただき、実際送っていただくことになれば、真空管アンプの場合、梱包がとても重要です。

大変デリケートな機器ですので、輸送中に衝撃を受けないようプチプチで保護してください。

もちろん、取り付けてある真空管は非常に壊れやすいの必ず取り外し、一本一本丁寧にプチプチで包んで下さい。

真空管アンプから外せるコードは全て取り外してからまないよう輪ゴムなどで止めて、プチプチに包んで下さい。

真空管アンプ本体は、プチプチで二重に梱包するなど特に厳重に保護をお願いします。

それから、査定する時にはやはりきれいな状態であることを重視しますので、ホコリや汚れを除去しきれいにして頂くと買取価格にも差が出ます。
真空管アンプ

無料査定はこちら

真空管アンプの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様が真空管アンプを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
・メーカー
・製品名
・型式
・新品か、中古品か
・購入時期
・使用頻度
・メーカー保証期間の有無

■付属品
付属品一式
・取扱説明書
・電源ケーブル
・リモコン
・真空管カバー
・予備ヒューズ
※上記、付属品は全て揃っておりますでしょうか?

「状態、不具合の有無」
〈電源の不良〉
・電源スイッチは入りますか?
・電源スイッチを入れると「ブーン」というノイズが発生しませんか?
・電源スイッチを入れて暖まってくると、チャンネルから「ブツブツ、ボコボコ」という様なノイズは発生しませんか?
・プレイヤーと正常に連動しますでしょうか?
・電源スイッチをオンにすると、インジケータが正常に点灯しますか?

〈音の不良〉
・音は正常に出ますか?
・アンプの劣化状態はいかがですか?ノイズ成分が発生しやすくはありませんか?
・音割れ、途切れ、出力が小さく変動しやすい等の不良はありませんか?
・片方のチャンネルの音が出なくなることはありませんか?

〈音量の調節不良〉
・ボリューム調整は正常に行えますでしょうか?
・ボリューム調整つまみはスムーズに回転しますか?また破損はありませんでしょうか?

〈コントロールの不良〉
・セレクター部により、各入力の切替が行えますでしょうか?
・各操作ボタンは正常に作動しますか?

〈真空管の不良〉
真空管
・真空管に割れや亀裂、目立った傷はありませんでしょうか
・真空管に黄ばみ等の変色はありませんか?
・真空管が異常に赤く発光することはありませんでしたか?

〈コンデンサーの不良〉
・コンデンサーの液漏れはありませんか?
・コンデンサーの容量は十分ですか?
・コンデンサー上部のプラスチックに変形はありませんか?
・電解コンデンサー以外の不良なコンデンサーを交換。一応音は出ているが、正常化どうかは不明ではありませんか?

〈雑音〉
・ラジオに雑音が乗ったような音は出ていませんか?
・セレクタを切り替える「カチッ」という音が勝手になる事はありませんか?
・ボリュームをあげるとスイッチが入るような音が出る事はありませんか?
・ハウリングを起こしませんでしょうか?また操作により解消されないことはありませんか?

〈接続の不良〉
・各端子に変形や緩み、汚れの付着はありませんでしょうか?
・外部機器との接続が正常に出来ますか? コネクタ部にボタンがある場合、カチっと音がするまで、正常に差し込めますか?
・各ケーブルに亀裂や変形はありませんか?
・バランス出力端子なのに、ケーブルでアンバラにしていませんか?
・パソコンなど外部機器による音源の入力が正常に出来ますか?

〈部品の破損/汚損〉
・落下や衝突によるヘコミや変形はありませんでしょうか?
・本体に目立った傷や汚れの付着はありませんか?
・本体に錆び付いている箇所はありませんか?

〈設置の不良〉
・本体の各ネジなどの取付部がしっかりと固定されていますかご確認下さい。本体にぐら付きや傾きはありませんか?
・設置される際は、放熱空気流の妨げとならない様に適切な空間を作り設置されていましたか?真空管アンプは特に上部に十分な空間を作ることが推奨されています。

〈発熱〉
・発振していて不要な熱を発したり、電磁波を発することはありますか?
・ファン部にホコリや汚れの詰まりはありませんか?また通気孔から正常に放熱されますでしょうか?


などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

真空管アンプの査定前に、不具合に気付いた際には以下の様に簡単なメモをお付け頂けると査定がスムーズです。
真空管アンプ買取 不具合メモ

真空管アンプ 高価買取のポイント

真空管アンプの高価買取のポイントとして、第1に音質・音量の不具合がないものが挙げられます。ノイズが発生したり、音量が一定でなかったりするものは評価が下がります。

その他、チャンネルの音がでないものがあったり、途中で音がでないものも評価が下がります。

逆に、音質・音量に問題がなく、真空管にも劣化が見られず綺麗な真空管アンプであれば、高額買取が可能です。

ブランドとしては、マッキントッシュ、マランツ、LUXMAN、TANGOなど真空管アンプは高価買取されています。


※宅配買取の場合は大変衝撃に「真空管」の部分が弱いので当社HPを参考に厳重に梱包する事なども高く売る為の秘訣です!

※無料査定フォームに入力される場合は、以下の様に真空管アンプの事を出来るだけ詳しく入力する事も高価買取のポイントです!
真空管アンプ 入力フォーム参考

真空管アンプを数台お持ちの場合や真空管アンプ以外の音響機器もあればまとめて当社に売る。真空管アンプを持っている同じ趣味の仲間が居たら当社の買取の宣伝をする事。なども高価買取のポイントです!

真空管アンプが壊れている場合は修理に出してから売った方がよいの? 

真空管アンプをどのように処分しようか、悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

壊れている場合には、買取はしてもらえないだろうと考える方も多いでしょう。

ちょっとした故障の場合には、安い価格だったとしても買取可能なこともあります

けれど修理をされてから買取に出した方が、高く買取してもらえることは確かでしょう。

故障している部分や修理費用など、一度確認されてみてはいかがですか?

真空管アンプの買取価格相場

*下記金額はおおよその目安で買取価格を保証するものではありません。
季節や市場相場、機器の状態により変動します。

GEC
品名 金額(円)
KT66(ペア) 16,200
KT88(茶ベース) 38,400
KT66 BVA GZ32 112,860
TELEFUNKEN
品名 金額(円)
ECC802S ペア 20,520
ECC802S 10,263
ECC803S ペア 20,622
ECC82ペア 8,208
Western Electric
品名 金額(円)
274B 51,300
274B 刻印 71,820
300B(60年代) 164,160
300B(JAN) 205,215
300B(刻印) 256,500
査定の申し出と違うケース
□ すぐにでも使える状態だとの事で検品をしたところ、球の不良、ヒーターの絶縁不良が見られた。

□ 倉庫保管しており、あまり使っていなかったとの事だったが、球が劣化してノイズが出たり、スパークなどの症状が見られた。

□ 特に不具合ないと聞いていたが、現物を見てみると電源トグルスイッチの接点が焼損していた。

□ 事前報告では動作良好と伺っていたが、平滑回路の電解コンデンサーが破裂していた。

□ 美品と聞いていたが、到着したものはタバコのヤニで汚れていた。

□ 送られてきた真空管の梱包が甘く、配送中に1つが破損していた。

などなど
■買取り前の清掃の注意事項
*本体外装の清掃に汚れが付着していませんか?
本体回りは中性の洗剤を使って清掃をお願いします。
一度ダイヤルなどを外して清掃すると細かい部分まで清掃が可能です。
清掃前には必ず電源を切ってから作業をお願いします。
また、長年使っていない場合はコンセントは入れずに内部の清掃を行って下さい。
清掃前にコンセントを入れますと故障の原因をなる場合が御座いますので注意をお願いします。
*本体内部に埃は御座いませんか?
本体内部は分解後に一度コンプレッサー等で埃の取り除きをお願いします。
その後に掃除機などを使って吸い取りを行って下さい。
吸い取り後は内部の配線に注意して取れていない汚れを落として下さい。
*ダイヤルの清掃はお済ですか?
ダイヤルは分解時に取り外して清掃をお願いします。
接続されたままですと破損する場合が御座いますので分解出来ました分化して清掃下さいませ。
パーツクリナー等を使うと簡単に汚れが落ちますので使用をオススメ致します。
使用後は必ず綺麗に拭き取りをお願い致します。
*真空管が変色していませんか?
真空管は取り外して清掃が可能ですので取り外しをお願いします。
取り外し後は破損させない様に注意しながら汚れを落として下さい。
汚れが落ちない場合は中性洗剤を使いブラシで軽くこすって汚れを落として下さい。
*ソケット部に汚れが付着していませんか?
真空管などを外しますと接続部が御座いますのでそちらの清掃もお願いします。
柔らかいクロスを使って優しく拭きとる程度で清掃を終えて下さい。
必ず液体を使わずに乾いた清掃具の使用をお願いします。
*放熱機に汚れが付着していませんか?
放熱部は柔らかいブラシを使い汚れを落として下さい。
乾いたブラシだけでは汚れが落ちない場合は洗剤を使って清掃下さい。
ゴシゴシと清掃しても問題御座いませんし、汚れが残っていますと本体に影響が 御座いますのでしっかりと汚れを落として下さい。
「真空管アンプの宅配買い取り方法」
「真空管アンプ」の宅配買取は「ゆうパック」をご利用ください。
「ゆうパック」でお取り扱いできないサイズの大きいものは「佐川急便、クロネコヤマト、ヤマト家財便」でご利用が可能な業者にご依頼ください。
*身元確認用として必要書類(身分証明書のコピーとお振込先メモ)を忘れず同封してください。

輸送保険が必要です、詳しくは弊社宅配買取受付担当に確認ください。

本体内部にガラスで作られた「真空管」を搭載しています。輸送中の振動、ショック等に大変弱い物なので梱包は厳重にお願いします。

梱包:購入時の元箱ないしは輸送用の梱包材をお持ちの時はそれをお使いいただき送付をお願いします。送る前に元箱等にはプチプチで2重梱包し振動、ショックからの保護をお願いします。

元箱がない時は本体が入り余裕のある段ボール箱とクッション材のプチプチ、古新聞紙の用意をお願いします。段ボール箱は郵便局で「ゆうパック梱包材料」として各種サイズを100円ー360円で販売しています。スーパーでは不要段ボールを無料で配布しているところもあります。サイズが合わないときは継ぎはぎでも結構です。

アンプ本体をプチプチで2重に包み込みます。

段ボール箱の底部分にもプチプチを2層に敷きます。その上にアンプ本体を置き、周りにはプチプチや古新聞紙をつめます。天面にもプチプチを敷き段ボール箱を閉じます。段ボール箱も全体をプチプチで2重梱包します。以上で梱包が完了します。
*真空管アンプの梱包注意点
■梱包前の注意点
・真空管アンプ本体に汚れが目立つ場合は、綺麗に清掃しておきましょう。
・スピーカーコードなど、取り外し可能なコードがある場合は、全て真空管アンプ本体から取り外しておきましょう。
・真空管アンプ本体、付属品、オプション品など、弊社にお譲り頂ける製品をご用意ください。
・真空管を本体から外し、別々に梱包しましょう。

■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・真空管は本体から外して、一つひとつプチプチに包んでください。
・真空管アンプ本体は、まず底面にプチプチを敷き、その上から更にプチ プチを2重以上で包んでください。
・スピーカーコードなどのコンセント類は、それぞれ絡まらないよう、輪ゴムなどで留めておきましょう。
・その他付属品やオプション品などで壊れやすい製品は、全てプチプチで包んでください。
・厚手のダンボール箱を用意し、本体、付属品など、弊社にお送り頂くものを全て詰めて下さい。
ダンボール箱と製品の間に出来た隙間は、丸めた新聞紙などを利用して、しっかり埋めて下さい。

■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・購入時と同じように、真空管アンプを元箱になおしてください。
・元箱に入らない付属品などがある場合は、一つひとつプチプチで保護しておきましょう。
・厚手のダンボール箱を用意し、真空管アンプや付属品を入れた元箱、必要書類などをお入れください。
・隙間は丸めた新聞紙などの緩衝材を使い、しっかり塞いでおきましょう。

■その他
送り伝票に真空管アンプ(精密機器)が入っている事をご記入の上、宅配業者に取扱注意を口頭でお伝えください。

無料査定はこちら

真空管アンプの買取製品!

LUXMAN

LUXMAN
アンプ等のピュアオーディオ製品に強い、日本の音響機器メーカーLUXMAN。
「LUXMANの買取対応製品」
LX-32u、MQ-88u、MQ-88、CL-38u、CL-88、SQ-38u、SQ-N100、EQ-88

TANGO

TANGO
「TANGOの買取対応製品」
UNIVERSAL Hi-Fi

トライオード

トライオード
真空管アンプの専門メーカー・トライオード。
「トライオードの買取対応製品」
TRV-P845SE、TRV-M88SE、TRV-M300SE、TRV-A300SE、TRV-A300SER、TRV-P845SE、TRV-88SER、TRV-84HDmarkII、TRV-4SE、TRV-4SE Limited、TRX-P6L、TRX-PM84 、TRX-88PP 、TRX-HD82、TRX-M300、 TRX-P3M、TRX-1、TRX-2 、VP-300BD、VP-120SE、Ruby

Ayon Audio

Ayon Audio
「Ayon Audioの買取対応製品」
CROSSFIRE3、CROSSFIRE2、MERCURY2、SPIRIT3、TRITON2

上杉研究所

上杉研究所
「上杉研究所の買取対応製品」
U-BROS-30MK2、U-BROS-32MK2、U-BROS-33MK2、U-BROS-2011M、U-BROS-300、U-BROS-300L

レーベン
レーベン
「レーベンの買取製品」
CS660P

山本音響工芸
山本音響工芸
「山本音響工芸の買取製品」
A08S、A06、A08S

フェーズメーション
フェーズメーション
「フェーズメーションの買取製品」
MA-1000、MA-1

エヌモード
エヌモード
「エヌモードの買取製品」
V-LA1

エイ・アンド・エム
エイ・アンド・エム
「エイ・アンド・エムの買取製品」
AIR TIGHT AM-201

CAVジャパン
CAVジャパン
「CAVジャパンの買取製品」
T-88、T-50

オルトフォン
オルトフォン
「オルトフォンの買取製品」
KAILAS-B4、KAILAS-B2

AUDiO SPACE
AUDiO SPACE
「AUDiO SPACEの買取製品」
REFERENCE3.1KT88、REFERENCETWO、REFERENCETHREE

UNISON RESEARCH
UNISON RESEARCH
「UNISON RESEARCHの買取製品」
S6NEW、PRELUDIO、P40

真空管アンプの素晴らしさ

真空管アンプとは、その字が表す通りに、真空管を使用して増幅回路を組んでスピーカーを駆動する装置のことで、デジタル全盛期の現在では、過去の技術となっています。
しかし今でも真空管アンプを製造している国も多く、日本にも真空管アンプから奏でられる音を懐かしく思い、それを選んで購入しているオーディオファンもたくさんいます。
真空管アンプの素晴らしさは、自然に近い音を発生させることができるところで、人間の声やアコースティックな楽器には真空管アンプがマッチしています!

真空管アンプのリユース事情

弊社では、音響メーカー各社が製造・販売している真空管アンプの買取りに力を入れていますが、弊社が買い取った様々な商品をリユースすることにより、真空管アンプを愛する多くのオーディオファンたちを喜ばせることができます!
真空管アンプの中には、中古品でもかなりの値打ちがあるものもたくさんありますが、リユース品であれば欲しかった商品をかなり安く手に入れることも可能になります!

お客様の体験談

真空管アンプ 買取体験談

お店を閉店するために真空アンプを売りました
もともとアンプマニアですので、真空管アンプを多数所有しています。マッキントッシュの真空管アンプやラックスマンやトライオードなどの製品を買取って貰いました。
とにかく、見た目もレトロで私が経営しているカフェなどでもインテリアとして飾っていました。しかし、お店を閉店するにあたり、真空管アンプ必要なくなってきましたので、売る事にしました。
大切に使っていたことがエコランドさんにも伝わったようで、こちらとしても嬉しい価格買取って貰いました。私が持っている製品の良さを分かって貰い、ありがとうございました。



真空管アンプを沢山売り、そのお金で新しい製品が手に入りました
軽音楽部で、真空管アンプを使用することがあるため、気が付けば、私の部屋には真空管アンプいっぱいになっていました。最近、新しい真空管アンプをクラブで導入する為、昔の真空管アンプを売り、そのお金から真空管アンプを買取って貰えたらと思いました。
それでも、足りない場合は部費で調節を考えていましたが、沢山買取って貰えたお金で新しいタイプの素敵な真空管アンプを買取って貰えました。これから、使用するのが楽しみです。

真空管アンプ を買取した買取実績



喫茶店で使っていたという真空管アンプを買取しました!(長野県 53歳 諏訪久美子様)
10年以上経営されていた喫茶店を事情があって辞める事になったということで、開店以来使用しておられたという真空管アンプをエコランドで買取させて頂きました。 雰囲気のあるお店だったようで真空管アンプもレトロな雰囲気をかもし出すシックなデザインのアンプでした。 10年使用していたものということで古さや使用感が感じられるかと思っていましたが、丁寧に使用しておられたようで古さはそれほど感じられず、故障や不具合部分全くありませんでした。 状態がきれいであるほど査定アップの可能性がありますよとお伝えしたことから、隅々まできれいに拭き掃除をされたようでなかなか良い状態の真空管アンプでした。 よく見るとランプが一箇所点灯しない部分があったので、その部分だけ仮査定金額から少しマイナスさせて頂きましたが、全体的に需要の高そうな真空管アンプでした。 梱包するにも破損しないようにと丁寧に新聞紙やプチプチを利用してきっちり包んであって、お客様の配慮が感じられました。 おしゃれで雰囲気のあるアンプを求めている方には人気の製品になりそうです。


引越しを機会に処分したいという真空管アンプを買取しました!(兵庫県 48歳 金島美智子様)
以前お父様の趣味だったという真空管アンプがリビングにあったそうですが、今回引越しをすることになってインテリアがガラッと変わったことから、アンプを処分することにされたそうです。 もう10年以上使っていたものなのでいつ頃の製品なのかよく分からないということだったので、まずお電話で把握可能な部分だけお伝えいただいて仮査定をしていた状態でした。 実際製品をお送りいただいて直接見て確認したところ、やはり使用感が感じられる真空管アンプで汚れやキズなども見られました。 ご本人も古いので買取金額はあまり期待していないとのことでしたが、使用上故障などはなくきちんと使える状態だったので、できるだけの範囲査定額を提示させて頂きました。 長い間使用していたものなので捨てるのではなくリユースできるだけでもありがたいと言ってくださり、買取していただけて感謝ですというお言葉もいただきました。 レトロ感のある真空管アンプを求めておられる方がいらっしゃればピッタリの商品ではないかと思います。

真空管アンプの使い方

真空管アンプ の使い方

真空管アンプの使い方ですが、この機械は増幅回路アンプ、真空管アンプ、チェンジャー、CDプレイヤー、レコードプレーヤー、スピーカーなどの音楽の機械を繋げ合わせることではじめて音楽を楽しむことができます。
真空管アンプ はビンテージ物が市場に出回っていますし、中古品が多いため、使い方を熟知していないと接続の仕方把握するのは難しいかと思います。
お手元にある真空管アンプのメーカー、型番を調べてから、使い方をリサーチしてから使用をしてみてください。故障を防ぐことができます。そして音楽を満喫してください。

真空管アンプ の修理方法

現在、真空管アンプ を修理するには専門の業者を探さなければなりません。ビンテージのミュージック機器を熟知している方は修理方法も熟知されていると思いますが、真空管アンプの知識がない場合には、専門的に修理を行っている修理店が存在していますので、そのようなお店で修理をされることをお勧めいたします。

ものすごい丁寧な梱包なのですが

先日、真空管アンプが検品の為、到着。

思っていたよりも、大きな箱?

開けると、新聞紙が出てきた!新聞紙の層をかき分けると、プチプチの層が出てきた!
プチプチの層をかき分けると、薄いスポンジのようなシートの層が出てきた!

タケノコの様・・・。

最後に、本体を引っ張り出したら、真空管が付いたまま、それぞれにまたプチプチ+スポンジで覆われていた!

師匠「作業場を散らかさないでね~

いや、違うんです!梱包を解いているだけですから…。
(≧д≦)

真空管アンプを送る際は、真空管を外して、プチプチで2~3重に包んでください!

「真空管アンプとは?」
真空管アンプとは、スピーカーを鳴らす際に、「真空管」という部分を通して増幅回路というアンプを組むことによって、スピーカー駆動してくれる働きをもった装置のことをいいます。特に、ギターアンプなどで、真空管アンプが使用されることが多く、CDやレコードによる音源によって出た音の信号をスピーカーによって鳴らされる回路と言われています。
は、電気製品の部品として広く使用されていた真空管を使用していたアンプですが、少し明るく光ったガラスの美しさにおいては、現在でも人気がありますし、見た目も柔らかいのが特徴です。

真空管アンプの回路は、レコードプレーヤーやCDデッキが直接スピーカーという信号がとても小さいのが特徴で、直接的にスピーカーの部分から音を出せないようになっています。
音は、イヤホンから鳴らせるような感じで、お部屋の中に鳴り響くような音ではなく、小さな信号を使用して、スピーカーで鳴らせるように増幅する回路がパワーアンプと言われています。
金属に熱を加えることにより、電子が飛び出る現象を利用して作られます。つまり、飛び出た電子に高めの電圧をかけることによって、電極で引っ張るものを言います。

電極で引っ張る過程の中で、妨害され、電極へと飛んだ電子の数が異なる仕組みを持っています。妨害することで、音が信号化されていくようになり、増幅されていくようになる構造を持っている訳なのです。
そして、音楽信号というのが流れてから、時間の軸で変わっていくと、電極の方に到着した電子の変化も音の信号化により、増幅されていくようになります。つまり、アンプで増幅するのは、コンセントや電池から供給されている電気が原料に加工されていくようになり、真空管アンプには、元の信号が小さくて、歪みも小さくて大きなものになります。
中でも、イーケイジャパンの真空アンプは、音質として重要とされる出力トランスにおいて、本機専用に調整することにおいて、高い精度を持ちます。

楽器・音響機材高価買取