ニコン 偏光顕微鏡買取

ニコン 偏光顕微鏡を買取

ニコン 偏光顕微鏡 高価買取

偏光顕微鏡とは光学顕微鏡のひとつであり、光源とプレパラートの間と、対物レンズと接眼レンズの間にそれぞれ偏光子が加わるようになっています。

地球科学科で岩石の研究を行なう際に幅広く使用されている顕微鏡で、複屈折の性質を可視化することができるでしょう。

科学研究所や有機結晶の観察などで利用されていることと思いますが、弊社では現在今は使用していないニコンの偏光顕微鏡を積極的に買取しています。

研究室で使わなくなったニコンの偏光顕微鏡がそのまま放置されているということはありませんか?

倉庫や引き出しの中で小さくなっているニコンの偏光顕微鏡がありましたら、是非一度弊社の無料査定をお受けになって見ませんか?

個人的に利用していたけれど必要なくなったとか、研究室で数台新たに購入したので使っていないものが残っているなど、あらゆる理由で必要とされなくなった偏光顕微鏡がありましたら是非弊社でリユースさせていただけたらと思います!

無料査定はこちら

ニコン 偏光顕微鏡の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がニコン 偏光顕微鏡を弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
「状態、不具合の有無」
レンズの部分にキズが入っていませんか?
ニコン 偏光顕微 レンズ
正しく操作することはできますか?
ピントはきちんと合いますか?
ニコン 偏光顕微 ピント不具合無し
打痕がある箇所はありませんか?
ニコン 偏光顕微 打痕無し
汚れがこびりついていませんか?

高価買取のポイント

ニコンの偏光顕微鏡を高価な価格で買取してもらうためには、いくつか重要なポイントがあります。

まず接眼レンズ、対物レンズどちらもキズやカビなどなくきれいな状態であること、接眼レンズのレボルバーがスムーズに回転すること、本体に汚れやキズがないきれいな状態であるなら高く買取することができるでしょう。

ステージにヒビが入っていたり、高さの調節ができなくなっているなど、不具合がある場合には、買取価格に悪影響を及ぼす恐れがあるでしょう。

また顕微鏡用のデジタルカメラやその他アクセサリーがありましたら査定アップの可能性がありますので、査定を受けるときにお申し出ください。

仮査定前の確認事項

ニコンの偏光顕微鏡を買取してもらおうと仮査定をお受けになる前には、いくつか確認して頂くことが必要になります。

まずはレンズにキズやカビなどがないか、それぞれの取付や調節部分がスムーズに作動して顕微鏡の使用に問題はないか、ネジやレバーが動かなかったりして使用が困難なことはないかをチェックして下さい。

また今まで使用や保管中にキズや汚れ、ステージに歪みや致命的なキズなどが生じていないかもお確かめください。

また予備用に準備していた接眼レンズ、対物レンズはあるか、その他利用していたアクセサリーなどもありましたら一緒に査定をお受けになってから共にお送りください。

ニコンの偏光顕微鏡と共にレンズも買取いたします!

最近、専門機関で使用されていた偏光顕微鏡を買取らせていただく事が多くなっています。

買替などで、定期的に買取依頼をいただけるので、大変ありがたいことです。

その際に、もし使用していないレンズ類もあれば一緒に査定に出してみてはいかがでしょうか?

購入する際に、一式まとめて購入したけれど、結局使っていないレンズや、スペアとして購入したけれど、保管したままになっているもの等あれば、ぜひ弊社にご連絡ください。

特にニコンの偏光顕微鏡やレンズ類は需要が高いので大歓迎です!

無料査定はこちら

ニコン 偏光顕微鏡の買取製品!

ニコン 偏光顕微鏡

Nikon/ニコン

一眼レフカメラやデジタルカメラだけでなく、光学機器電子メーカーとして有名です。
「Nikon/ニコンの買取対応製品」
ECLIPSE LV100N POL / Ci-POL
ECLIPSE E200 POL

無料査定はこちら

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。