名刺カッター きりっ子の買取

名刺カッター きりっ子の買取

名刺カッター きりっ子とは?

名刺カッター きりっ子とは?

作成した名刺を適切な大きさにカットする方法はいくつかあるのですが、少数しか印刷しないのであれば、実際の名刺と同じ大きさの紙を購入して、1枚ずつ印刷すればよいでしょう。

しかし、名刺を作成する業者の場合には、数百枚や数千枚単位で印刷するので、大きな紙にまとめて印刷をしてからカット するという作業を行うのです。

このときに重宝するのが名刺カッター なのですが、名刺カッターにもいろいろな種類が存在しています。

その中の1つがきりっ子 という種類です。

とても高性能な名刺カッターなので、実際に使用している業者も多いでしょう。

いろいろな特徴があるきりっ子ですが、傾斜調整ダイヤルがあることで給紙台が回転し、印刷するときに紙の曲りを予防 することができるのです。

また、プリントアウトするときには、位置がずれてしまうというトラブルが発生し、悩んだ経験がある人もいるでしょう。

きりっ子にはプリンターの位置ずれが発生しないよう に、自動で補正をしてくれる機能 が付いているのです。

名刺カッター きりっ子


さらには2枚差しを防止する機能も備わっていますし、マイクロセンサーが取り付けられていることで、自動検出をすることもできます。

長い期間大量に名刺の印刷をしていると、どうしても用紙の伸縮などによって誤差が発生することがあるのですが、きりっ子であれば0.1ミリ単位での補正ができる ため、カットの精度がとても高くなっているのです。

通常名刺は殆ど同じサイズに仕上げることが多いのですが、もちろんサイズの選択も自由に行えます。

名刺専用ではなく、ハガキやいろいろな種類のカードなども作成することが可能です。

ユーザーメモリーも20パターン登録が可能 ですし、呼び出しも簡単に行うことができます。そのため、面倒な作業であっても作業効率が高くなるのです。

減算リピートカウンターやトータルカウンターも搭載されているので、数を間違ってしまう可能性も低いと言えるでしょう。

このように名刺カッターのきりっ子には、いろいろと便利な機能が備わっているのです。

名刺カッター きりっ子を高価買取してもらうポイント

名刺カッター きりっ子を高価買取してもらうポイント

弊社では名刺カッターのきりっ子も買取を行っていますが、せっかく買取をしてもらうなら、少しでも高く売りたいと考えるのが一般的です。

では、どのようにすれば高く売れるのでしょうか。

まずは見た目がきれいなことが重要 なのですが、きりっ子は頻繁に動かすことはないので、使用中にキズを付けないように注意 していれば問題はありません。

後は配送前の清掃 です。

紙をカットするために使用するので、ずっと清掃をしないでそのままにしておくと、紙のカスがこびりついていることがあります。

また、きりっ子は室内で使用するので、ホコリもしっかりと除去しておきましょう。

説明書などの付属品もきれいな状態で残しておく必要があります

そうすれば何もしない状態より高く買取をすることが可能です。

名刺カッター きりっ子を買取したお客様の体験談

名刺カッター きりっ子を買取したお客様の体験談

事務所で使用していたのを買い取ってもらった

長年名刺カッターきりっ子を使っており、古くなり新しい製品に交換しようという事になり、処分を検討しました。
ただ、処分するにもお金がかかる ので、業務用機械を買い取ってくれるところはないかと、きりっ子に絞って調べると、エコランド を見つけました。
とりあえず買い取ってもらえることはわかりましたが、いくらで買い取ってもらえるかは不安でした。
おそるおそる査定をお願いすると、きりっ子の型番だけ伝えると、すぐに査定額を教えてもらえました
長年使っていた機械でしたが、思ったよりも良い値段だったので、すぐに売りました。(40代/男性)

古くなったきりっ子を売る

古くなったきりっ子を売る

卓上名刺カッターのきりっ子は大変便利な機械ですが、私の事務所では訳あり2台体制で稼働させることになりました。
そこで使用していた古いきりっ子を処分 し、新しいきりっ子を2台導入することにしました。
卓上タイプなので、それほど大きくはないと言っても、それなりにスペースを使います。
廃棄物業者に処分してもらおうかとも思いましたが、古くなったきりっ子は、まだ使えそうだった ので、売れないか買い取ってくれる業者を探しました。
そこでこちらのサイトを見つけて、無事にきりっ子を売り買い取ってもらうことができました 。(30代/男性)

代表的な製品

代表的な製品

名刺カッター きりっ子は、メディアコンフォート株式会社から発売されている製品です。
きりっ子はシリーズ化されており、低価格モデルのきりっ子 MCX-AR、旧モデルのきりっ子 MC-01、A3ワイド対応のきりっ子 CT628Exaがあります。
CT628Exaはさらに、フロアタイプのきりっ子 CT628Exa-Fと、デスクタイプのきりっ子 CT628Exa-Dとなっており、どちらもA3ワイドに対応しています。

付属品やオプション品

付属品やオプション品

きりっ子は家庭用コンセントに繋ぐと動作し、電源ケーブルと説明書のみが付属品となっています。
オプション品としては、可変スリッタユニットがあり、3刃ユニット、短冊ユニット、十文字ユニットセンター刃、標準タイプの可変スリッタユニットがあります。

名刺カッター きりっ子の使い方

名刺カッター きりっ子の使い方

名刺カッター きりっ子の使い方

名刺カッターきりっ子の使用方法は、まず電源を入れて給紙トレイに紙を入れます。
給紙トレイに用紙がずれないように押さえがついているので、給紙が完了したら紙を押さえます
次にパターン選択で希望する裁断する用紙サイズの種類を選びます
裁断する用紙サイズの種類が決まればそのままスタートボタンを押します。
名刺サイズなど小さいサイズの場合には切断後排出される部分に紙受け用のトレーを設置 して紙が落ちないようにしましょう。

名刺カッター きりっ子の修理方法

名刺カッター きりっ子の修理方法

名刺カッターきりっ子の裁断時に用紙詰まりなどが起きた場合、カッターの刃が痛んでいる可能性がある ので刃の交換 をしましょう。
刃の交換をしてもきちんと動作しない場合にはメーカーもしくは購入店へ修理依頼に出す必要があります。
基本的な動作が行えない場合もメーカーもしくは購入店での修理以来となりますので、保証期間が過ぎる前に依頼 しましょう。

名刺カッター きりっ子の修理方法

名刺カッター きりっ子の梱包

名刺カッター きりっ子の梱包