コリメータ買取

コリメータ買取

平行光線を作り上げるコリメーターは、光学機器を製造したり調整するために使用されたり、原子核や分子線の実験や測定で使用される業務用の機械です。
さらには軍事用途で目標物の計測や無限の仮想直線を設定する時にも使用されています。
このようにコリメーターは特別な測定器なので、限られた会社や工場、研究室、軍などで使用されていると思いますが、今は使っていないコリメーターがありましたら是非弊社に売却して頂けませんか? コリメートは平行にするという意味なので、平行光線を作り測定するということからコリメーターという名前がついたそうです。
精密な角度測定には不可欠な業務用機械ですが、工作機械メーカーで使っていたコリメーターや、研究室で必要なくなったものなど、今は誰にも必要とされていないコリメーターがありましたら、是非リユースして頂けたらと思います。
製品はそのまま放置しておけば、すぐに古い製品、誰も使わない製品となってしまいます。
需要のあるうちに是非売却して現金収入にして下さい!

無料査定はこちら

コリメータの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
コリメータの売却前に、購入年・製品名・新品?未使用?中古?などを良くご確認お願い致します。
「状態、不具合の有無」
今までどのような用途で使用されていたコリメーターですか?
どれくらいの期間使用しておられましたか?
今すぐに使用可能な状態ですか?
本体にキズやヒビ、割れなどはありませんか?
バランスが悪くなっていたり、一部が欠けて不安定になってはいませんか?
レンズにキズや曇り、カビはありませんか?
LED照明はありますか?
TVアダプタに歪みや割れ、キズはありませんか?
三脚はありますか?
スペアランプやスペアヒューズ、電源コード、取扱説明書などの付属品は全て揃っていますか?
きちんと平行光線や光線群を作り上げることができますか?
ピントはきちんと合いますか?
接眼レンズやカメラレンズに問題はありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

コリメータの高価買取のポイント
新品に近く使用頻度が低いモノには高額査定が出やすくなります。
状態が良いものは中古品でも高価買取の対象になります。
汚れやホコリなどは落とせ る範囲でキレイにしてから査定に出しましょう。
コメリータは特殊な業務用機械であるため、リサイクルショップや一般の買取店では 取り扱われないこともあり、買取りされても適切な金額が出なく安価な値段を付けら れる可能性が高いため、弊社のような専門店に買取りに出すことが高価買取のポイン トです。
コリメータの査定の申し出と違う事例
・中古品だが状態は良いと聞いていたが、傷がたくさん付いていて、使用感がかなり あった。
・異常はないと聞いていたが、本体にヒビが入っていた。
・レンズに曇りが確認され、カビも生えていた。
・付属品は全部揃っていると言っていたが、スペアランプが入っていなかった。
・ピントがきちんと合わない状態で、平行光線をつくることができなくなっていた。
・バランスが悪くなっていて、本体の損傷が目立っていた。
・TVアダプターに歪みが確認された。
・取り扱い説明を梱包し忘れていた。
「コリメータの宅配買い取り方法」
コリメータの宅配買取り方法は、運送会社の宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

コリメータの買取製品!

駿河精機

コリメータ 駿河精機

精密位置決めと光計測技術のトップブランド。
「駿河精機の買取対応製品」
H400-C016S、H400-C016S/D、H400-C016S/D-H、H400-C016S/F12、H400-C016S/F12E、H400-C016S/F55、H400-C016S/F55E H400-C016S/H12、H400-C016S/H12E、H400-C016S/H55、H400-C016S/H55E、H400-C016S/K12、H400-C016S/K12E H400-C016S/K55、H400-C016S/K55E、H400-C016S/M、H400-C016S/M-H、H400-C016S/M12、H400-C016S/M12E H400-C016S/M55、H400-C016S/M55E、H400-C025S、H400-C025S/D、H400-C025S/D-H、H400-C025S/F12 H400-C025S/F12E、H400-C025S/F55、H400-C025S/F55E、H400-C025S/H12、H400-C025S/H12E、H400-C025S/H55 H400-C025S/H55E、H400-C025S/K12、H400-C025S/K12E、H400-C025S/K55、H400-C025S/K55E、H400-C025S/M H400-C025S/M-H、H400-C025S/M12、H400-C025S/M12E、H400-C025S/M55、H400-C025S/M55E、H400-C035S H400-C035S/D、H400-C035S/D-H、H400-C035S/F12、H400-C035S/F12E、H400-C035S/F55、H400-C035S/F55E H400-C035S/H12、H400-C035S/H12E、H400-C035S/H55、H400-C035S/H55E、H400-C035S/K12、H400-C035S/K12E H400-C035S/K55、H400-C035S/K55E、H400-C035S/M、H400-C035S/M-H、H400-C035S/M12、H400-C035S/M12E H400-C035S/M55、H400-C035S/M55E、H900-P017C、H900-P050C、H900-P090C

ニコン インストルメンツ

「ニコン インストルメンツの買取対応製品」
6B-LED、6D-LED、LAC-S

「コリメータとは?」
コリメータ
コリメータとは平行光線を作る装置で、視準器とも呼ばれます。
光学機器の製造や調整を行なう場合に使用される物で、平行光線、いわゆる無限遠にある点光源が光線群を作ります。
光学製品のレンズやミラーを正確に組み立てたり、焦点の位置を調節するために使用されます。
焦点を調整するというのはある対象物に対して、どんな場合にもピントを合わせることができるようにする、ということです。
望遠鏡やカメラは焦点距離を無限遠に合わせた状態でありながら、無限遠から近距離までピントが合わなければならないので、調整する必要があります。
高精度の調整がなされていなければ、ピントが合わないことがあったり、それぞれレンズの交換ができなくなる恐れがあるからです。
今までコリメーターは平行光線を作る光学系か、光源にあるパターンを肉眼で見て調整するものでしたが、最近はレーザー光線を使用しているものが多いでしょう。
このようにコリメータは平行光を作るように収差補正されているので、露光装置や光配向装置、レーザー走査光学系ユニットなどに利用されています。
工業分野では工作機械メーカーなどで真直度を測定する場合に、機械の直線的動作を規定する際に重要な役割を果たしたり、反射鏡を載せて同じ間隔で移動させて、それぞれの角度を読み取って真直度を求めたりするときにも利用されます。
また平面の平行度を測定する際に、測定面と基準反射面の十字線の差を、コリメータで読み取ることにより、十字線がどちらの面から出ている物なのかを判断することができます。
さらには弾性部分に反射鏡を載せてたわみを測定したり、そのたわみの量によって外力を測定することもできるでしょう。
このようにコリメータは研究室や検査の際に広く使用されており、製品の開発や、製造した製品の精度を確認する場合にも使用されています。
ビデオオートコリメーターやレーザーオートコリメーターなど様々なタイプがありますので、目的に合わせて利用することができます。

無料査定はこちら