共立電気計器買取

共立電気計器を買取

共立電気計器というのは、測定器の名前ではなく、測定器の製造販売を行っている企業のことです。
弊社では、この共立電気計器製の測定器を積極的に買取してもらえるように宣伝しています。

主な製品の種類は、マルチメータやクランプメータ、絶縁抵抗計や接地抵抗計、電力計や回転計、照度計や温度計などです。
共立電気計器の測定機であれば、全て買取可能というわけではありませんが、大半の測定器は買取可能と思ってよいでしょう。

もちろん壊れておらず、普通に使用できる状態であることが大前提なのはいうまでもありません。
大型の物もあれば小型の物も存在していますが、このように多種多様な計測器は、中古でも欲しいという人がたくさんいるので、弊社では力を入れて買取を行っているのです。

買取依頼を行うときには、製品名や型番、品名などできるだけ詳しく情報をお知らせください。
その後の手順については、弊社で詳しく案内いたしますので、案内通りに行っていただければ、スムーズに買取作業が行えます。

共立電気計器

無料査定はこちら

共立電気計器の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
共立電気計器を弊社に売却される前に、購入年・モデル名・新品?未使用?中古の場合はお使いになられていた大体の期間・売却台数などをご確認お願い致します。
■付属品
共立電気計器 付属品一式
取扱説明書
ケース
専用測定コード
専用ワニグチコード
先端金具ロング
肩掛ベルト
コードケース
USBケーブル
PCソフトウェア
ケーブルマーカー

■オプション
負荷電流クランプセンサ
負荷電流フレキシブルクランプセンサ
電源供給アダプタ
マグネット付携帯ケース
※上記、付属品・オプション品供にございますでしょうか?

「状態、不具合の有無」
電源はきちんと入って使用出来ますか?
画面の数字やグラフの表示は明るく鮮明に表示されますか?
共立電気計器  表示
ケースや取扱説明書はありますか?
画面が暗かったり、表示される数字が薄かったり、一部が黒くて数字が見えなかったりしませんか?
ボタンや設定部分を操作することによって、目的に応じた機能で使用出来ますか?
共立電気計器  ボタン
トリガーによるトランスコアの開閉はスムーズに行なえますか?
コードやケーブル、アダプタの連結はきちんと行なえますか?
グラフの表示は正確ですか?
共立電気計器  グラフ
メモリや数字は鮮明に見えますか?
ライトやブザーがある物は、きちんと作動可能ですか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!
共立電気計器の査定前に、不具合に気付いた際には以下の様に簡単なメモをお付け頂けると査定がスムーズです。
共立電気計器買取 不具合メモ

共立電気計器の高価買取のポイント
新しいほど高額査定が付きやすくなりますが、古くても状態が良ければ高額査定を期 待できます。
専用ケースや肩掛けベルトなどの付属品を揃えると査定金額はアップしますが、電源 供給アダプタなどのオプション品があれば、買取金額を高くできます。
どれも一般的には使用されない特殊機械になるため、弊社のような専門の買取店を利 用することが、高価買取のポイントです。
汚れや傷が買取金額に影響を与えます。
キレイに掃除をして査定に出すことで、買取金額をアップさせることができます。
共立電気計器の査定の申し出と違う事例
・取扱説明書も付属品も揃っていると聞いていたが、ケースに入っていなくてむき出 しのまま送られてきた。
・電源入りが悪くなっていて、画面の数字を読み取れなくなっていた。
・画面が多少暗くなっていた。
・機能の一部が正常に作動しなくなっていた。
・アダプタの連結が正常に行えなくなっていた。
・ブザーが鳴らなくなっていた。
・聞いていた商品とは異なるモノが届いた。
・オプション品の負荷電流クランプセンサがあるということで査定金額をアップした が、壊れて使えない状態だった。
「共立電気計器の宅配買い取り方法」
共立電気計器の宅配買取り方法は、いつもご利用になられます運送会社の宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

共立電気計器の買取製品!

共立電気計器

4共立電気計器

電気の現場用計測器のメーカーとして国内外に確固たる地位を築いてきている電気計測器メーカー。
「共立電気計器の買取対応製品」
KEW1011、KEW1012、KEW1012K、KEW1030、KEW1051、KEW1052、KEW1061、KEW1062、KEW2003A、KEW2009R、KEW2040 KEW2046R、KEW2055、KEW2056R、KEW2200、KEW2210R、KEW2413R、KEW3021、KEW3022、KEW3023、KEW3121A、KEW3123A KEW3128、KEW3431、KEW3432、KEW3441、KEW3442、KEW4106、KEW4500、KEW5010、KEW5020、KEW5410、KEW5515 KEW5522、KEW5523、KEW5524、KEW5702、KEW5800、KEW6022、KEW6022L、KEW6023、KEW6025、KEW6310、KEW6310-03 KEW6310-04、KEW6310-08、KEW8033、KEW8035、KEW8122、KEW8122WP、KEW8123、KEW8146、KEW8147、KEW8148 KEW8309、KEW8309WP、KEWMATE2012R、MODEL1009、MODEL1110、MODEL2000、MODEL2001、MODEL2002PA、MODEL2002R MODEL2010、MODEL2017、MODEL2031、MODEL2033、MODEL2037、MODEL2300R、MODEL2412、MODEL2413F、MODEL2431 MODEL2432、MODEL2433、MODEL2433R、MODEL2608A、MODEL3116、MODEL3123、MODEL3124、MODEL3125、MODEL3144A MODEL3145A、MODEL3146A、MODEL3147A、MODEL3148A、MODEL3161A、MODEL3211、MODEL3212、MODEL3213、MODEL3214 MODEL3215、MODEL3315、MODEL3316、MODEL3321A、MODEL3322A、MODEL3323A、MODEL4102A、MODEL4102A-H MODEL4105A、MODEL4200、MODEL5001、MODEL5201、MODEL5202、MODEL5500、MODEL5510、MODEL5600、MODEL6017 MODEL6017F、MODEL6018、MODEL6018F、MODEL6111、MODEL6112、MODEL6113、MODEL6114、MODEL6115、MODEL6116 MODEL6143、MODEL6144、MODEL6145、MODEL6146、MODEL8006、MODEL8030、MODEL8031、MODEL8091、MODEL8092 MODEL8095、MODEL8112、MODEL8113、MODEL8142、MODEL8320、MODEL8411

共立電気計器の買取実積

共立電気計器 買取実積

お客様の体験談

共立電気計器 買取体験談

共立ブランドのすごさ

買取査定の際に「共立電気計器」と言われれば、「お!」と嬉しくなる、そんなブランドが共立電気計器です。
中でも、アースクランプや高圧絶縁抵抗計、漏電遮断テスタはかなりの人気で中古であってもかなりの高値で取引されています。

最近、とある会社様から多数の共立ブランドの製品を買取いたしました。
すぐに高値で買い手が見つかり、スタッフ一同驚きました!
もし、使用しない共立電気計器の製品があれば、早めに売却されることをお勧めいたします。
その際は、ぜひエコランドにご相談ください!

「共立電気計器とは?」
共立電気計器
共立電気計器は1940年に創業していまして、長きに渡って電流測定器業界のトップに君臨して来ました。
業界では知らないものはいないのにも関わらず、株式を一切公開していないと言う堅実さです。
その技術力の高さもあって、1960年代半ばには国産のクランプメーターを最初に作ったことでも知られています。
クランプメーターに関しては日本・海外でも非常に高いシェアを誇りますが、その割には日本・海外ともに拠点がそれほど多くありません。
これは共立電機計器がそれほど周到な販売戦略を組まなくても高いニーズがあることを示していて、それほど彼らの技術は多くの方に認められていることに他なりません。
彼らが優れているのは技術性の高さだけでなく、その線形性の高さになるでしょう。
1980年代からタイに工場を設立したこともあって、収益性の高い製品販売が可能となりました。
近年におけるアジア諸国の経済成長もあって製造コストは底上げされたものの、逸早く海外工場を持ったことでアジアでの販売戦略を他社よりも有利に進めることとなったのです。
現に業種を問わずに東南アジアに製造拠点を置いている企業は非常に多く、そのためもともと技術性の高かった共立電気計器へのニーズが一気に押し上げられていると言えます。
共立電機計器でも非常に競争力の高い製品としてはやはり上述のクランプメーターが非常に有名ですが、彼らが特にこのアイテムで有利なのはそのサイズにあるでしょう。
何処にでも持って行けるようなサイズと軽量さは国を問わずに受け入れられていることは明らかでして、特に開発の盛んな東南アジアエリアでは多くの現場をこなさなければならないのでコンパクトなクランプメーターは非常に人気が高いと言えます。
海外拠点はヨーロッパや中国上海にもありますが意外にアメリカ大陸には存在していないので、やはり無暗に拠点を増やし過ぎないと言う戦略が長期的な利益確保のために大きく功を奏しているのです。

無料査定はこちら