経緯台買取

経緯台を買取

天体望遠鏡で天体を観察する際に、簡単に希望の方向に向けることができるようにしてくれるのが経緯台です。
観光地に行けば有料双眼鏡を置く台として使われているのを見ることができます。
あらゆる観光地や天体観測地または個人で使わなくなった経緯台をお持ちの方は、是非弊社に売却して頂けませんか? 経緯台を使わずにそのまま置いておくと、錆びたり調節部分が固くなったりして結局使えなくなってしまうかもしれません。
置いていても使うことがないなら、是非必要としておられる方が利用できるようにリユースされるのはいかがでしょうか? どのような中古品でも価値があるうちに売却しなければ、あまり現金収入にもなりませんし、リサイクルして使用できる期間も短くなってしまうでしょう。
不用品はできるだけ早く売却する、というのが最も効率的だと私共は考えます! 身の回りにある不用品は、今すぐに弊社の無料査定を受けて売却しましょう!

経緯台

無料査定はこちら

経緯台の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
経緯台の売却前に、購入年・製品名・新品?未使用品?中古?などを良く把握してから問い合わせくださいませ。
■付属品
経緯台 付属品一式
トレイ
干渉ゴム
取扱説明書
両軸微動フレキシブルハンドル
※上記は、ありますか?
「状態、不具合の有無」
どちらのメーカーの経緯台ですか?
三脚台に設置するものですか?
上下や左右の方向の設定はスムーズに可能ですか?
どれくらいの期間使用されていましたか?
部分的に錆びたり変形したりして、使用が困難なことはありませんか?
ベアリングは手動モジュールですか?
重量や寸法はどれくらいですか?
フリーストップ式ですか?
三脚式の場合、三脚台はありますか?
マルチプレートなど必要な付属品は揃っていますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

経緯台の高価買取のポイント
リサイクルショップなどの一般の買取店ではその価値を正確に鑑定できる査定員が少 ないため、経緯台は専門の買取店を選ぶことが高価買取のポイントです。
ビクセンなどの名前の知れた高級ブランド品ほど高額査定が出やすくなりますが、普 段から丁寧に取り扱うことが高額査定を得られる大事なポイントです。
正常に作動することを確認して、動きに問題はある場合は、メンテナンスをしてから 売却した方が、買取金額をアップさせることができます。
経緯台の査定の申し出と違う事例
・動作確認はしっかり行って問題はないとのことでしたが、左右の方向へスムーズに 動かせない状態で、本体にも聞いていた以上に損傷が目立っていた。
・自宅で使用していたので傷1つない美品ということでしたが、かなりの傷が付いて いて、ぐらつきも見られた。
・美品という話だったが、各部に錆びつきがあり、査定した金額ではとても買取りで きないモノだった。
・付属品は全部揃えて発送するということでしたが、トレイが入っていなくて、取扱 説明書も破れていた。
「経緯台の宅配買い取り方法」
経緯台の宅配買取り方法は、佐川急便さんやヤマトさんなどの宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

経緯台の買取製品!

Vixen/ビクセン

経緯台 ビクセン

望遠鏡や双眼鏡・顕微鏡などの光学機器メーカー。天体望遠鏡における日本国内市場占有率は60%で業界首位。
「ビクセンの買取対応製品」
ポルタ
HF2経緯台

オライオン

「オライオンの買取対応製品」
#10105-ベルサゴー2
#5779-ベルサゴー3
#8975-スターブラスト自動追尾経緯台

「経緯台とは?」
経緯台
経緯台とは、望遠居の架台のひとつで、仰角(水平な軸)と方位(鉛直下向きの軸)の二軸からなる台のことです。
初心者でも簡単に望遠鏡を思った通りの方向へ向けることが出来るほど、構造が簡単で加工しやすいのが特徴で、大変安価に製造できることもあり、当初は初心者向けの小口径望遠鏡に 多く使われてきました。
1980年代にアマチュア天文家の間で流行したのが、経緯台を応用したドブソニアン望遠鏡などがあります。
身近なところでいうと、観光地によくある、お金をいれると見れるようになる双眼鏡は見たとことがあるという方も多いと思いますが、この双眼鏡に経緯台が使われています。
基本的にはとても操作が簡単な架台で写真撮影用の三脚を使用するように、上下左右に望遠鏡を動かすことができますので、天体を簡単に観測することが可能です。
はありますが、経緯台の場合、視野自体が回転してしまうため、経緯台を使って写真と撮る場合などは、カメラを回転させなければいけなかったり、 地球の公転に合わせて、北極星を中心にして円弧を描くように移動する天体の日周運動を観察する場合には、仰角と方位の二軸を同時に、しかも常に動かす必要があるため、 操作が難しくなり、長時間の天体観望には不向きだという欠点もあります。
しかし、こういった欠点を除いてみると、同じ架台である赤道儀よりも軽く済むため、監視用望遠鏡に使われたり、大望遠鏡では、国立天文台ハワイ観測所にあるすばる望遠鏡にも使用 されるなど、近年建設されている大型望遠鏡に経緯台が使われることが増えてきました。
なぜなのかというと、望遠鏡本体の重量の負荷に耐えうる構造であること、そしてこれまで欠点とも言われていた日周観測などの際の制御のむずかしさが、補正技術やGPS・計算機等を 応用した制御が開発されたため、簡単になったことがあげられます。
例えば、多少高額ではありますが、どの位置でも自由に移動させることが出来るだけでなく、止めることも可能なフリーストップ経緯台や、コンピュータによって制御する全自動導経緯台 などが登場し人気を集めています。

無料査定はこちら

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。