ローライフレックス買取

ローライフレックスを買取

ローライフレックス 高価買取

写真にはその成り立ちに長い歴史がありますが、小型カメラの登場により、一般の人にも気軽に写真を撮る事が出来るようになりました。

小型カメラの発達の中で、重要な役割を果たしたのがローライフレックスです。

ローライフレックスはドイツに1920年に創業したカメラメーカーで、二眼レフと呼ばれるビューレンズとテイクレンズを縦に二つ並べたカメラを最初に創りだしたメーカーです。

これにより趣味として写真を撮る人だけでなく、新聞記者や従軍カメラマンなど、多くの報道機関においても写真撮影に革新的な変化をもたらしたものでもあります。

ローライフレックスのカメラは、初期型であるスタンダードから、後の露出計を装備したものや、広角での撮影や望遠での撮影に対応したワイドローライ、テレローライといった数々の製品がラインナップされており、現在でも多くのファンに愛されるものとなっています。

また、時代によって使用しているレンズにも違いがあり、それぞれの機種ごとに愛好家がいることも特徴です。

ローライフレックスは、現在でも非常に高い人気を持っており、クラシックカメラのコレクターや、実際の撮影に使用する機材として求める人も多く、その価格は非常に高価なものもあります。

そのため、手元に所有するローライも、当社を利用することで、現金化して活用することが可能です。

こうしたクラシックカメラは、作られた時代が古いものも多く、故障や不具合が発生している物も少なくありません。しかし、電子部品などを使用していないため、部品が手に入れば修理することも可能です。

そのため、不具合があるものでも買取の対象となる場合があるので、業者に相談するのは有効な方法です。

当社では、宅配買取に対応しているため、自宅から手軽に利用できるのが利点となっています。

*状態の良いものは高価買取いたします!
ローライフレックス

無料査定はこちら

ローライフレックスの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がローライフレックスを弊社に仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
・メーカー(ローライフレックス)
・製品名
・型式
・購入時期
・新品か中古品か
・(中古品の場合)使用頻度・使用回数
・メーカー保証期間の有無

■付属品
・取扱説明書
・スプール
・ケース
・ケーブル
・レンズキャップ
は、全て付属しておりますでしょうか?

「状態、不具合の有無」
〈本体の破損〉
・カメラに目立った傷や汚れはありませんか?
・ひび割れや折れ、変形している箇所はありませんか?
・金具に緩みや脱落はありませんか?
・かに爪に破損がなく、ストラップの装着が行えますか?
・三脚ネジ穴に潰れはありませんか?
〈レンズの不良〉
・レンズにひびや割れはありませんか?
・レンズに汚れや指紋の付着、カビの発生はありませんか?
・レンズ内部にゴミや異物が入り込んでいませんか?
〈撮影時の不良〉
・シャッターが正常に切れますか?
・シャッターストロークが深すぎる等の不良はありませんか?
・カウンターが正常に作動しますか?
〈巻き上げクランクの破損〉
・巻き上げクランクに変形や傾き等の破損はありませんか?
・クランクが一回転しますか?
・クランクに緩みはありませんか?
〈ピントフード〉
・ピントフードに折れはありませんか?
・ピントフードを正常に折り畳めますか?
・ルーペに破損はありませんか?
・ルーペの立ち上げや収納が正常に行えますか?
〈フィルムカメラの不良〉
・フィルム室にホコリや異物の詰まりはありませんか?
・ローラーに破損がなく、フィルムを通せますか?
・フィルムの巻き上げが行えますか?
・巻き上げを行い、フィルムが正常に留まりますか?
・絞りダイヤルやシャッターダイヤルに破損がなく正常に作動しますか?
・ピントフードのフラップが跳ね上がりますか?
〈デジタルカメラの不良〉
・ボタンは全て作動しますか?
・LCDパネルに異常はありませんか?
・撮影画像の再生が行えますか?
・解像度の設定が行えますか?
・記録メディアが正常に読み込めますか?
・撮影データを正常に保存出来ますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!
ローライフレックスの査定前に、不具合に気付いた際には以下の様に簡単なメモをお付け頂けると査定がスムーズです。
ローライフレックス買取 不具合メモ

ローライフレックス 高価買取のポイント
高価買取のポイント
以下に、ローライフレックスの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
ローライフレックスは市場での取扱数がかなり多いため、カメラのコンディションにより価格に大きな開きがあるのが実情です。

特に高額で取引される条件としては未使用品や新品に近い状態のものが挙げられます。

ローライフレックスはコレクターは展示用に購入するケースも多く、年式は古くても、傷や汚れがなく、定期的にメンテナンスをされている状態の良いカメラが多いため、そのような品であれば、高額買取の可能性が高くなります。

中でも、レンズの状態に不具合がなく、購入した際の付属品や取扱説明書・保証書などがきれいな状態で保管されているもの、メーカー保証期間内のものは可能な限り、高値で買い取るようにしています。

その他、三脚や別売のオプション品などを付けていただくと、買取金額が高くなります。

*単品でも買取可能ですが、複数個まとめて査定に出していただけると、買取金額はUPします!

ローライフレックスの買取価格相場

*下記金額はおおよその目安で買取価格を保証するものではありません。
季節や市場相場、機器の状態により変動します。

品名 金額(円)
Rolleiflex 2.8GX EDITION 60周年記念 Planar プラナー80mm F2.8+ 104,079
Rolleiflex 二眼レフカメラ 2.8F 元箱 116,491
Rolleiflex スーパーアングロン 4,0FW 茶色 S 115,538
Rolleiflex 二眼レフ 1:2.8/80 931325 レンズ 12109653 1:2.8/80 96,729
Rolleiflex SL66SE outfit SL66SE プラナー80/2.8 ディスタゴン50/4 92,800
Rolleiflex ローライフレックス 4.0FW Super-Angulon 1:4 f=50mm 中古 96,729
Rolleiflex 二眼レフ 1:2.8/80 104,010
Rolleiflex Distagon 4/55 Wide Rollei 169,844
Rolleiflex 4.0FW スーパーアンギュロン 50mm F4 新古品 104,357
Rolleiflex BIOMETAR 80mm 2.8 T 2眼レフカメラ 131,746
Rolleiflex ローライフレックス 2.8 GX 93,602
Rolleiflex SL66SE Exclusive 新古品 104,010
Rolleiflex 3.5Fプラナー75㎜F3.5 美品 86,675
仮査定の申し出と違うケース
※動作不良はないと伺っていたが、グリス切れにより絞り羽根がくっ付いて動かない。
※通常通り使用できるとの事だったが、前玉ブロックがクモリやホコリなどでくすんでいた。
※特に問題はないと伺っていたが、ミラーの腐食が見られ、交換が必要だった。
※問題なく使っていたと伺っていたが、レンズやノブなどにグラつきがある。
※特に問題はなく使用していたと伺っていたが、モルトの劣化が見られ、光漏れしている。
■買取り前の清掃の注意事項■
*簡単にレンズが取り外せますので取り外して清掃を行って下さい。
*内部が油で汚れている場合は取り除いて下さい。
*内部の汚れを落とす際に他の部品にオイルを付着させない様に注意して下さい。
*内部の塵や異物は拭き取らずにブロアを使って下さい。
*ミラーは傷が付きやすい為、拭き取りは出来るだけ行わないでください。
*カビを防ぐために湿気や保管に注意して下さい。
「ローライフレックスの宅配買い取り方法」
ローライフレックスの宅配買取り方法は、郵便局の「ゆうパック」を弊社では、オススメ致しております。

*ローライフレックスは、精密機器になりますので、次項「ローライフレックスの梱包注意点」をご確認の上、厳重に梱包の上、お送りください。

身元確認用として必要書類(身分証明書のコピーとお振込先メモ)を忘れず同封してください。
*ローライフレックスの梱包注意点
■宅配買取の梱包の注意事項
*梱包の前に、カメラ全体の点検清掃を行ってください。
【二眼レフカメラ】
*カメラ本体の他に、レンズキャップ、スプール、ケーブル、革ケース、ストラップ、元箱、冊子、取扱説明書、保証書などの付属品も忘れずにご用意ください。
*カメラのレンズにレンズキャップを取り付けてください。
*スプールはカメラ本体から取り出してプチプチで包んでください。
*ストラップはカメラに触れて傷が付くのを防ぐためカメラ本体から取外してビニール袋に入れてください。
*ルーペは元の位置に押し戻してください。
*冊子、取扱説明書、保証書はビニール袋に入れてください。
*革ケースがある場合は、ケースにカメラを収めてからケース全体をプチプチで梱包し、革ケースがない場合は、カメラ本体をプチプチで丁寧に梱包してください。
*元箱がある場合は、革ケースにカメラを収めて元箱に収納してから元箱全体をプチプチで梱包してください。
【ローライ35ポケットカメラ】
*カメラ本体の他に、レンズキャップ、ストラップ、ラバーソフトフード、ソフトケース、電池、取扱説明書、保証書などの付属品も忘れずにご用意ください。
*カメラのレンズにレンズキャップを取り付けてください。
*電池はカメラから取り出してプチプチで包んでください。
*ストラップはカメラ本体から取外してビニール袋に入れてください。
*ラバーソフトフードはプチプチで包んでください。
*取扱説明書、保証書はビニール袋に入れてください。
*ソフトケースがある場合は、ケースにカメラを収めてからケース全体をプチプチで梱包し、ソフトケースがない場合は、カメラ本体をプチプチで丁寧に梱包してください。
*梱包した二眼レフカメラあるいはポケットカメラと付属品がすっぽり入る大きさのダンボール箱を用意して、カメラがダンボール箱に直接当たらないようにダンボール箱の底と側面、上面に丸めた新聞紙を詰めてください。

無料査定はこちら

ローライフレックスの買取製品!

ローライ

ローライ
二眼レフカメラで有名なドイツのカメラメーカーで、世界中に二眼レフブームを巻き起こしました。
「ローライの買取対応製品」
ローライフレックス スタンダード
ローライフレックス オートマットMX
ローライフレックス オートマットIII
ローライフレックス テッサー
ローライフレックス2.8C
ローライフレックス2.8GX
ローライフレックス2.8FX
ローライフレックス2.8R
ローライフレックス2.8F
ローライフレックス2.8
ローライフレックス3.5
ローライフレックス3.5E
ローライフレックス3.5F
ローライフレックス3.5B
ローライフレックス3.5T
ローライフレックス4.0
ローライフレックス ミニデジ
ローライフレックス ミニデジ AF5.0
ローライフレックスSL66
ローライフレックスSL66E
ローライフレックスSL66SE
ローライフレックスSL66X
ローライフレックスSLX
ローライフレックス6006
ローライフレックス6002
ローライフレックス6008AF
ローライフレックス6001
ローライフレックスHy6
ローライフレックスSL35
ローライフレックスSL350
ローライフレックスSL35M

ローライフレックスのリユース事情

第二次大戦までの二眼レフカメラ全盛期以降、一眼レフカメラの台頭や、日本のメーカーに押され、衰退の一途をたどっていると言わざるをえない状況のためか、ローライフレックスの多くはリユース品(中古)としてお目にかかるものがほとんどです。
近年では車が買えるほどの高級機種もあるものの、その多くは1950年代前後の機種が占め、未だ人気を博しております。その人気は陰りを知らず、市場がそれを物語っています。

ローライフレックスの素晴らしさ

ドイツで1920代に誕生したローライ。二眼レフカメラの元祖として、ローライフレックスシリーズがあまりにも有名です。
また近年では世界初の6☓6cm判のオートフォーカスカメラや、ミニチュアタイプの二眼レフカメラを世に送り出すなど、長年に渡り発展を続けています。
その独特な外観、操作性、巻き上げの感触、フィルム装填のオートマット機構など、今なおローライの個性に魅せられるカメラマンは世界中で後を経ちません。

スタッフからのメッセージ

ローライフレックスは2003年に発売された4.0FWが、現在までのところ最後に登場した最新機種となっているようですが、こうした「クラシックカメラとも言えず、かと言って新型機種とも言えない」のようなものに関しましても、少なからず愛好家を中心としたニーズが存在するため、安定した価格での買い取りをさせていただいております。

お客様の体験談

ローライフレックス 買取体験談

ローライフレックスの買取実績

■ 佐賀県・35歳・未來さん

以前オークションで落札したローライフレックスの買取依頼があったのですが、最初に問い合わせで、オークションで落札した中古品でも買取が可能かという連絡がありました。

弊社では中古で購入した商品でも買取が可能だと伝えると、依頼をしたいというので早速配送してもらいました。

状態もよかったので、公式サイトに記載されている通りの値段で買取したのです。

すると購入したときの金額とあまり変わらない価格で売れたと言って、とても喜んでいました。

■ 徳島県・29歳・マーラさん

Rolleiflex を売りたいと連絡がありました。実はプレゼントでもらった物だけれども、1度も使っていない上に、箱も開けていない状態だと言います。

ようするに新古品という状態だったので、当然高額で買取を行いました。

人にはいろいろな事情があるので、弊社ではお客様に買取を行った理由を聞くと言った無粋なことは一切行いません。

買取価格にはかなり満足がいったようで、また何かあったら利用したいと言ってもらえました。

ローライフレックスの査定依頼の実績

査定フォームでの査定依頼の実績
ローライフレックスの査定依頼の実績

動作未確認でも買取可能です!

最近、ローライフレックスのお取り扱いが増加中

「古い家屋を整理していたら出てきた」
「こんな古い型のカメラは触ったことがないので、使えるかどうか不明」

といった、ご相談も受けますが、大丈夫です!

弊社ではカメラに詳しいスタッフがおりますので、安心してお任せ下さい

特に、ローライフレックスは人気の高い製品の為、状態によりますが、できる限り買取できるよう努めております。

まずはご相談くださいませ!

「ローライフレックスとは?」

 ローライフレックスとは


ローライフレックスとは、1920年にドイツのブラウンシュヴァイクで創業されたカメラの製造販売を行う企業です。
長い歴史を持つこの企業を語る上で欠かせないことが2つあり、 まず、1929年の6×6cm判二眼レフカメラ、ローライフレックスオリジナルの発売です。
このローライフレックスオリジナルは当時世界のどこにも存在しなかった2眼レフカメラであり、6×6cm判カメラであるので、 つまり世界初のエポックメイキング的なカメラであったため、瞬く間に世界的に有名な企業に上り詰めたのです。
そして、もう一つの話題は大変ネガティブなものです。
1970年台半ばからの経営難を、多数の社名変更、そして経営トップの変更を経てもがきながら乗り越えてきた 会社でしたが、時まさにバブル景気の最中という華やかな時代背景の中、1981年、ローライ社は、なんと「倒産」という鬱き目を迎えます。

その理由。
それは我々日本人には耳の痛い話?ですが、我が国日本の大変に性能の良いカメラが世界を席巻したからに他ならなかったようです。
80年代といえば、アメリカで、日本車が売れすぎて、日本へのバッシングが高まったりしたこともあり、 当時の日本メーカーの勢いがいかに凄かったかを感じさせますね。

ところが、時は過ぎこの21世紀になって、なんと、その日本において、アニメというサブ・カルチャーの作品が このローライフレックスのレトロなカメラを取り上げたことで、再び話題沸騰。
今まではマニアだけがやりとりしていた中古カメラ市場に、新たな風が吹き込み、一躍ブームとも言える様相は 今の所全く収まるところを見せないのです。

現在、ローライは再びカメラの製造販売を行う会社として復活しています。
海上スポーツのヘルメットに付属して使用するアクションカメラ、オンボードカメラという製品を作るなど、 意欲的にカメラ業界での取り組みを綴る一方、復刻版のレトロカメラの販売も続けているようです。

現在、人気が高いローライのカメラはRolleiflex 2.8F と Rolleiflex 3.5F の二種類で、これらは「究極の二眼レフ」 とも呼び習わされています。
しかし、その他の型である「Rolleiflex T」にも、ローライならではの味わいある写真は撮影できるために、 こちらもじわじわと現状人気が上昇しつつあります。

無料査定はこちら