ライカ M9買取

ライカ M9を買取

デジタルカメラは、現在様々なメーカーから色々な機種が販売されており、低価格で手軽に購入することが出来るコンパクトカメラや、子供などでも扱いが用意なトイカメラ、また本格的な写真を撮影するのに最適な一眼レフカメラなど、そのラインナップは実に多様なものとなっています。
また最近ではミラーレス一眼レフカメラといった従来のフィルムカメラでは実現出来なかった光学機構を搭載するものも登場し、そのバリエーションは非常に多彩なものとなっています。
こうした各種のカメラメーカーの中で、長い歴史を持ち、特に有名なメーカーにライカがあります。
これは35mmフィルムを使用したカメラを初めて開発したメーカーで、現在でも世界中に多くのファンを持つメーカーとなっています。ライカの開発したカメラはどの機種も非常に人気が高く、発売から数十年経った機種でも高額で販売されているものもあります。
特にその中でもM型と呼ばれるレンジファインダーカメラは非常に有名で、多くのファンのあこがれの存在となっています。
M9は、そのM型ライカのデジタルラインナップで、その機械的性能の高さや、高品質な画質から古くからのライカの愛好者だけでなく、フィルム時代のライカを知らない世代からも高い人気を集めるものとなっています。
こうしたライカはコレクターズアイテムとしても人気の高い物となっており、所有しているカメラを手放す際には買取専門であります当社を利用すれば、相場より高い金額で売却できることも珍しくありません。
こうしたカメラを買取に出す際は、事前に動作確認や付属品のチェック、また周辺機器やオプションの確認を行なっておくことが大切です。
それらの情報を電話で当社に伝えるだけで、無料査定を利用することができ、動作に問題が無かったり、また周辺機器などが充実していれば、より高値での買取が可能となります。
買取の際は便利な宅配買取を利用することができるため、家にいながらにしてサービスを利用することが可能です。

無料査定はこちら

ライカ M9の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
購入年・カラー・新品?未使用品?中古の場合は大体の撮影回数などを、大体で構いませんので弊社の担当者までお伝えお願いしますね!
■付属品
取扱説明書
ショルダーストラップ
ストラップ
ボディキャップ
USBケーブル
バッテリー
バッテリーチャージャー
ACコード
シガーソケット
SDカード
※上記、付属品も査定に影響しますので、必ず付属する様にお願いします。
「状態、不具合の有無」
〈ボディの損傷〉
・ボディに目立った傷やスレ、汚れはありませんか?
・ファインダー窓、距離計窓に汚れの付着や曇りはありませんか?
・グリップの剥がれはありませんか?
・裏蓋の底蓋を取り外せますか?またしっかりとロック出来ますか?
・端子カバーに脱落や緩みはありませんか?
・ホットシューに変形や汚れの詰まりはありませんか?
・キャリングストラップ取付け部に折損はありませんか?
・レンズの脱着が正常に行えますか?
〈レンズの不良〉
・レンズ前玉に傷やスレ、曇りはありませんか?
・レンズ内部にゴミの混入はありませんか?
・高温多湿の場所に長期保管され、レンズにカビが発生していませんか?
・レンズフードに損傷はありませんか?
・フォーカスリングが折れていませんか?
・各調整リングはスムーズに回転しますか?
・指標が消えていませんか?
〈電源〉
・電源は入りますか?
〈撮影時の不良〉
・シャッターレリーズボタンを半押しし測光出来ますか?
・シャッターが切れますか?
・露出の補正が行えますか?
・ダイヤルはスムーズに動作しますか?
・ファインダー表示は正常ですか?
・光量に応じてファインダーの露出計が自動調整されますか?
・シャッターストロークが深過ぎませんか?
・セルフタイマー撮影時にLEDが点灯しますか?
・機体から異音はありませんか?
〈液晶モニターの不良〉
・液晶モニターに表示不良はありませんか?
・撮影した画像の表示が行えますか?
・画面切り替えや各種設定が行えますか?
・動作しないボタンはありませんか?
〈バッテリーの不良〉
・バッテリー充電器に損傷はありませんか?
・バッテリーの充電が正常に行えますか?
・バッテリースロットに汚れはありませんか?
・電源が切れやすくはありませんか?
〈メモリーの不良〉
・メモリーカードを読み込めますか?
・撮影データをメモリーカードに保存出来ますか?
・撮影データの破損や自動消失はありませんか?
※大手メーカーのカードをご使用でない場合やカードの使用状況により、機能に支障をきたす場合があります。

高価買取のポイント
以下に、M9の高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※化粧箱を始め、説明書、付属品(充電器、ケーブルコード類、親指グリップと専用の箱、キャップ、フード、ストラップなど)が欠品なく揃っている。
※オプション品(予備バッテリー、光学ビューファインダー、マグニファイヤーなど)があればもちろん査定UP!
※液晶保護フィルムを始め、レンズフィルターなどを付けて大切にご使用された跡があればさらにポイントUP!
※検品をスムーズに行えるよう、中身の整理整頓をお願い致します。(コード類をまとめる、元の収納位置に戻すなど)
仮査定時のお申し出と違う良くあるケース
※特に不具合はなかったと伺っていたが、時々フリーズして通常使用できる状態ではなかった。
※通常通り使用でき ていたと伺っていたが、ファームウェアのアップデートをしても解決出来ないエラーが起こる。
※問題なく使用できると聞いていたが、保護ガラス、IRカットフィルターが割れていた。
※動作OKとの事だったが、CCD不良がみられ、交換が必要な状態だった。
■買取り前の掃除の注意事項■
*カメラは精密な機械です。清掃の再には強い化学薬品などは使用しないで、衝撃、湿気にも注意して行ってください。
*海辺や砂浜で使用した後は真水を染み込ませて固く絞った柔らかい布で拭き取ってから、乾いた布でよく拭いてください。
*本体は乾いた柔らかい布でやさしく拭いて、ひどい汚れはよく薄めたクリーナーなどを直接つけてから、乾いた布で拭き取ってください。
*レンズの汚れはまずブロアーでゴミやホコリを吹き払ってから、柔らかくて清潔な布や専用のペーパークリーナーなどできれいに拭いてください。
*レンズの隅の汚れは小さなブラシなどでやさしく取り除いてください。
*フロントレンズのホコリは柔らかいブラシで落としてから、柔らかい布で拭き取ってください。
*レンズに化学薬品などを使用するとレンズを傷めることがあるので使用しないでください。
「ライカ M9の宅配買い取り方法」
ライカ M9の宅配買取り方法は、郵便局の「ゆうパック」での宅配買い取りとなります!
何故、ゆうパックがいいかと申しますと、送付するだけで自動的に運送保険が掛かるからなのです!
*ライカ M9の梱包注意点
■梱包の注意事項
*梱包の前に、レンズ、フロントレンズに付いたホコリは柔らかいブラシで落とし、指紋などの汚れは、柔らかな布で丁寧に拭き取ってください。
*梱包の際には、ライカM9本体と充電式リチウムイオンバッテリー、バッテリーチャージャー、USB接続ケーブル、キャリングストラップ、使用説明書などの付属品が揃っているか確認してください。
*メモリーカードを忘れずに取り出してください。
*ライカM9の電源を切ってバッテリーを取り出し、バッテリーは破損しないようプチプチで包んでください。
*レンズを取り外して、ホコリを防ぐためレンズにはレンズキャップを装着し、ライカM9にはボディキャップを装着してください。
*ライカM9本体に傷が付くのを防ぐためキャリングストラップは取り外してビニール袋に入れてください。
*バッテリーチャージャーはプチプチで包んでください。
*USB接続ケーブルは輪ゴムなどで束ねてからプチプチで包んでください。
*使用説明書はビニール袋に入れてください。
*ライカM9本体とレンズは個別にビニール袋に入れてからそれぞれプチプチで丁寧に梱包してください。
*梱包したライカM9本体とレンズ、付属品がすっぽり入る大きさのダンボール箱を用意してください。
*ダンボール箱の底には丸めた新聞紙を詰めてから梱包したライカM9本体とレンズ、付属品を収納してください。
*ダンボール箱と内容物の隙間および内容物同士の隙間には丸めた新聞紙をしっかり詰めて破損を防いでください。
*元箱をお持ちの場合は、元箱に収納したあとで元箱全体をプチプチで梱包し、一回り大きなダンボール箱に入れて発送してください。
*元箱がダンボール箱の中で動かないように隙間には丸めた新聞紙を詰めてください。
*ダンボール箱をカムテープでしっかり閉じたら上下が逆さまにならないように上になる面には“上面”、さらに内容物が分かるように“精密機械”とマジックではっきり書いて発送してください。

無料査定はこちら

ライカ M9の買取製品!

LEICA

LEICA
「LEICAの買取対応製品」
Leica M9-Pエルメスエディション
Leica M9-P
Leica M9スチールグレー
Leica M9デジタルブラック
Leica M9チタン

ライカ M9のリユース事情

ライカM9は新品だけでなく、リユース品も常に高く人気があります。
そのため、中古市場にライカM9のリユース品が登場するや否や、すぐに売り切れてしまうということも 決して稀ではござい ません。
ライカM9をお売り下さった方から、他店より高額だったので、売れて良かったという声を頂戴したり、リユース品をお買い求めになった方からも、格安でずっと欲しかった念願のライカM9を購入できて嬉しいという声などを頂いております。

ライカ M9の素晴らしさ

数あるライカの中でも、とりわけ人気が高いのがライカM9です。
ボディのデザ インや、レンジファインダーの構成などがライカの伝統であるMシリーズのものを搭載しているので、ライカファンを魅了してやみません。
見た目もおしゃれで、いかにもライカという感じがあるので、ライカがビギナーな方から、マニアな方まで幅広い人たちから支持されています。
高性能で高画質なので、機能性も問題なく、コレクターズアイテムとして、収集している方も数多くいらっしゃいます。

ライカM9も買取強化中です

ライカM9のように初心者が上位機種に移行する際に選ぶことが多い機種については、
中古市場での需要も高く、傷や損傷もなく、機能として不具合のないものならば、かなりの高値で取引されています。

エコランドでは多くのカメラの買取を行っており、只今ライカM9の買取に力を入れています。

長年使用されていない場合はキレイに掃除をした上で仮査定をお申し込みください。

その際に、画像をメールに添付していただけると、査定もスムーズにできますので、ご協力くださいませ!

「ライカ M9とは?」
ライカ M9
ライカMのカメラは高級なのですが、その分性能がよいので人気の商品だと言えるでしょう。しかし、ライカMにもいろいろな種類が存在しています。人気のあるカメラが多いのですが、あまり人気のない種類もあります。そんな中でも特に人気が高くなっているのがライカM9と呼ばれている種類のカメラです。ライカM9というのは、撮像素子が大きくなっているのが特徴だと言えるでしょう。ボディが若干厚くなっているというのもライカM9の特徴です。

2009年の9月9日に販売されているため、M9となったとも言われています。しかも午前の9時にアメリカで発表会が行われたとも言われています。ライカMの中では比較的新しい種類のカメラなので、その分性能が高くなっていることはいうまでもありません。従来のライカMのレンズを使うことができるので、より多くのレンズが使用できるようにあります。デザインにも凝っているカメラなので、値段が高くても人気があるのでしょう。

画素数もかなり高くなっており、低くても1280万画素はありますし、高くなっているカメラであれば、2400万画素もある製品も販売されています。画素数が高い製品は、一般的なライカMと同じぐらいの値段がするのですが、画素数の低いカメラであれば、若干安く購入できるでしょう。それでもある程度高い値段がするので、やはり中古品が人気となっています。特にレンズにこだわりを持っているという人に人気があるカメラだと言えるでしょう。

装着レンズの手動設定も可能になっていますし、画質の補完も可能です。もちろん初心者でも使いやすくなっているのですが、比較的高級なカメラというのは、初心者には扱いにくくなっていることが多いと言えるでしょう。その点ライカM9の場合には、ある程度使っていればすぐに機能なども覚えられるという操作性の簡単さも人気の理由だと言えます。カメラが好きな人の場合には、1度ライカM9で撮影を行うと、どうしても欲しくなるという人が多いと言われています。

無料査定はこちら