ヤシカ買取

ヤシカを買取

カメラや写真を趣味にする人は非常に多くいますが、長くその趣味を行なっている人は、フィルムを使用する時代からカメラに親しんでいる人も少なくありません。
こうしたフィルム時代には多くのカメラメーカーが国内や海外に存在しており、それぞれが独自のカメラを製造していました。
その中には名機と呼ばれる機種も多数存在しており、マニアや愛好者の垂涎の的となるものもあります。
国内においてもカメラは当初非常に高額なもので、限られた人にしか所有できるものではありませんでした。
しかし、1960年代から70年代頃に、各メーカーから一般大衆をターゲットとしたカメラが販売されるようになり、一気に一般家庭に普及していきました。
これは日本の機械製造技術の高さを象徴している出来事で、世界的にも日本のカメラが注目を集める要因の一つとなりました。
ヤシカもそうした時代から活躍しているカメラメーカーの一つで、ヤシカエレクトロのシリーズなどは爆発的な人気を集めたもので、非常に多くの台数が出荷されることとなりました。
ヤシカのカメラは比較的価格帯が低く、しかしながら高い品質の写真を撮影することができることから、若い世代に大きな指示を集めたもので、その人気は現在でも高い物となっています。こうしたヤシカのカメラを手放すときや、コレクションを整理する時は、当社を利用して買取してもらうと、機種によっては高値で売却することも可能です。
当社では、電話による査定を行なっており、無料で利用することができるため、気軽に電話して金額を確認することが出来ます。
全国対応の宅配買取を実施しており、カメラが壊れないように十分に梱包して箱に詰めるだけで、あとは宅配業者が集荷に自宅まで集荷に来るので、面倒な手間をかける必要が無いのも便利な点です。
また、査定を依頼する際に、付属品やアクセサリーなどの内訳を伝えておくと、査定額に影響するだけでなく、取引をスムーズに行う助けにもなります。
ヤシカ


無料査定はこちら

ヤシカの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
売却前に、購入年・製品名・中古?新品?などを把握されておいて下さいませ!
■付属品
取扱説明書
USBケーブル
ストラップ
ケース
もありましたら、お付け頂くと勿論、査定Up!
「状態、不具合の有無」
〈カメラの損傷〉
・カメラに傷やスレ、汚れの付着はありませんか?
ヤシカ ボディ 錆汚れ

・ボディに剥離している箇所はありませんか?
・ホットシューが変形していますか?
・各取付け部にガタつきはありませんか?
・カバーが確実にロックされますか?
・三脚取付けネジ穴に潰れはありませんか?
〈撮影の不良〉
・シャッターが正常に切れますか?
・露出計の表示に異常はありませんか?
・操作ボタンやダイヤルが正常に作動しますか?
・ISO感度や露出の調整が行えますか?
〈フィルムカメラ〉
・裏蓋の開閉が正常に行えますか?
・ロック金具に破損はありませんか?
・ダイヤルはスムーズに回転しますか?
・スプールノブは正常に作動しますか?
・フィルムの装填が正しく行えますか?
・シャッターのチャージが行えますか?
・シャッタースピードや絞りの調整が行えますか?
・ファインダーに異物の混入はありませんか?
〈二眼カメラ〉
ヤシカ 二眼カメラ

・金具が劣化し錆び付いていませんか?
・巻き上げノブを回転し、赤窓の表示が切り替りますか?
・フィルム巻き上げが空回りすることはないですか?
・ピントフードの引き起こし/畳み込みが行えますか?
・ルーペに破損がなく、正常に跳ね上がりますか?
・ルーペのロックが行えますか?
・アイレベルファインダーのロック/解除が行えますか?
〈コンパクトデジタルカメラ〉
・電源スイッチのON/OFFが行えますか?
・レンズが正しく作動しますか?
・メモリカードの読み込みが行えますか?
・各種モード撮影が行えますか?
・音声付き動画撮影が行えますか?
・液晶モニタを正常に表示出来ますか?
・撮影データの表示、編集が行えますか?
・動画再生時に音声が割れる、動画にノイズが入る等の不良はありませんか?
・タッチパネルの感度はいかがでしょうか?
・画面操作がスムーズに行えますか?
・外部機器との通信が正常に行えますか?
〈レンズの不良〉
・レンズに傷やスレ、曇りはありませんか?
・レンズ内部にカビや異物の混入はありませんか?
・各調整リングはスムーズに回りますか?
・レバーが折れていませんか?
・マウント面に汚れの付着や剥離はありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!
不具合メモ ヤシカ

高価買取のポイント
以下に、ヤシカの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※フィルム式の古いものでも、マニアの間で人気のあるヤシカのカメラは、高額買取りを期待することができます!
※古いカメラほど、普段からのメンテナンスは重要になります。高く買い取ってもらうためには、外観だけでなく、カメラ内部のお手入れもしっかり行いましょう。
※カメラの価値を十分に理解してくれるお店で買取りしてもらうことが、中古カメラを高く売るコツになります!
※フィルムなどの消耗品や三脚などのオプション品があれば、一緒に売却した方が買取金額は高くなります!
査定の申し出と違うケース
○「大切に使ってきたのでどこにも問題はありません。」
●自動露出が働かないときがありカメラ底部を強く抑えると正常に動く。
●シャッターに注油してある油の粘土が高すぎて動きが遅い。
○「現行品の電池が入るように自作アダプターが入っています。」
●実際は自作アダプターと言ってもアルミホイルを丸めただけのものだった。
○「革ケースもきれいな状態なので一緒に買い取って下さい。」
●確かにケース自体は綺麗だが肩掛け紐が付いていなかった。
■買取り前の清掃の注意事項■
*カメラを分解しての清掃は故障の原因となりかねますのでお勧めしません。
*本体は乾いた柔らかい布でホコリを拭いて下さい。特に汚れている部分は中性洗剤を薄めて布に染み込ませて部分的に掃除してください。
*レンズはブロアーでホコリを吹き飛ばしてからレンズクリーナーやクリーニングペーパーでやさしく拭いて下さい。ホコリがついたままで拭くと傷が付く恐れがあります。
*レンズ専用クリーナー以外のクリーナーは使用しないでください。
*レンズにカビや曇りなどないか確かめてください。
「ヤシカの宅配買い取り方法」
ヤシカの宅配買取り方法は、お近くの宅急便さんより配送お願いしますね。
*ヤシカの梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・充電器がある場合は、コードをまとめたうえで、全体をプチプチで包んでください。
・他のコード類も絡まらないよう、結束帯等でまとめておきましょう。
・カメラ本体は、レンズを取り外し(取り外し式の場合のみ)た状態、もしくはレンズを本体に収納した状態で梱包を始めてください。
・カメラ本体は、ビニール袋に入れた後、プチプチを使って、2重〜3重に包んでください。
・本体から取り外したレンズは、キャップをつけた状態で、プチプチを使い2重〜3重に包んでください。
・ダンボール箱の底面に緩衝材を敷き、お送り頂く製品を入れてください。
・ダンボール箱と送って頂く製品との間に出来る隙間と、上の部分には必ず緩衝材をご使用ください。
■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・購入時に使われていた緩衝材を使用し、元箱の中に本体等を入れてください。
・購入時の緩衝材が紛失している場合は、元箱が無い場合の梱包方法を参考にしてください。
・元箱全体をプチプチで2重〜3重に包み、送り伝票を貼ってご発送ください。

無料査定はこちら

ヤシカの買取製品!

ヤシカ

ヤシカ
精密機械とその部品・各種カメラの光学器械・写真感光材料の製造販売を行っていたメーカー。
「ヤシカの買取対応製品」
※カメラ
ヤシマフレックス
ヤシカフレックス
ヤシカフレックスC
ヤシカ44
ヤシカ44LM
ヤシカ12
ヤシカ635
ヤシカD
ヤシカC
ヤシカA
ヤシカオート
ヤシカマット
ヤシカマット124G
ヤシカエレクトロ35CC
ヤシカエレクトロ35GS
ヤシカエレクトロ35
ヤシカリンクス14
ヤシカリンクス14E
EZ Digital F928
EZ F1231
EZ F1233
EZ F925
EZ F924
EZ F531
EZ F521
EZ-Junior MK2
EZ-Zoom60 wide
MF-2super
※レンズ
ヤシカ MLフィッシュアイ15mmF2.8
ヤシカ ML20mmF3.3
ヤシカ ML21mmF3.5
ヤシカ ML24mmF2.8
ヤシカ ML28mmF2.8
ヤシカ ML28mmF2.8c
ヤシカ ML35mmF2.8
ヤシカ ML50mmF1.4
ヤシカ ML50mmF1.7
ヤシカ ML50mmF1.9
ヤシカ ML50mmF1.9c
ヤシカ ML50mmF2
ヤシカ ML55mmF1.2
ヤシカ MLマクロ55mmF2.8
ヤシカ MLマクロ55mmF4
ヤシカ MLマクロ100mmF3.5
ヤシカ MLベローズ100mmF4

ヤシカのリユース事情

弊社では以前発売されていたヤシカのカメラの買取りを行っていますが、弊社がそれらをリユースすることによって、今でも大勢いるヤシカファンを喜ばせることができるようになります。
ヤシカのカメラには名機と呼ばれるものも多く、プロのカメラマンでもそのようなカメラを探して購入している方もたくさんいますが、リユース品を探していると、時々格安で掘り出し物を見つけることも可能となっています!

ヤシカの素晴らしさ

カメラファンの間でも未だに人気が高いヤシカですが、ヤシカとは1949年〜1983年まで存在していた日本のカメラメーカーのことです。
今は製造されていないヤシカのカメラですが、それでもヤシカのカメラを好んで使用していたり、収集して楽しんでいるカメラファンは今でも多く、発売されていた当時は、他のカメラに比べると値段が安い割には、高品質の写真が撮れるとかなり評判が良かったそうです!

ヤシカの買取実積

島根県
戦前より写真館を営まれているというお客様より、お店の方を閉められることとなったということで、お店の方で展示をされていたヤシカを買取ってもらいたいとのご連絡をいただきました。
早速お送りいただいたお品物の方を査定したのですが、状態が非常に良好でありましたので、相場よりも高めの金額をお付けすることができました。

熊本県
昨年お亡くなりになられたお祖父様が変わったカメラを所有しており、その価値について教えてもらいたいとのご連絡をいただきました。
お品物を送っていただいたところヤシカのカメラであり、また状態も比較的良好でありました。
査定をし、お値段をお伝えしたところ、売却をご希望とのことでありましたので、買取の方、させていただきました。

大阪府
若いころからカメラ収集を趣味とされてきたというお客様より、これまでのコレクションを処分されたいとのことで、たくさんのカメラをお送りいただきました。
中でも多かったのがヤシカ製のカメラなのですが、どのお品物も状態は良好でありましたので、すべてのものに関し、相場より高めの金額をお付けすることができました。

京都府
ご自宅の押し入れより昔買ったヤシカ製のカメラが出てきたというお客様より、査定のご依頼をいただきました。
お送りいただいたお品物はやや保存状態に難があり、相場よりは低めのお値段となってしまいましたが、その旨をご連絡したところそれでも良いとのご返答がありましたので、そちらの金額にて買取をさせていただきました。

お客様の体験談

ヤシカ 買取体験談

「ヤシカとは?」
ヤシカ
1949年から1983年まで長野県に株式会社ヤシカというカメラメーカーがありました。
当時長野県諏訪市で創業されたヤシカは、精密機械や部品、カメラの光学器械などの製造販売を、昭和30年代では国内販売や輸出でトップだった会社です。
1975年に経営破綻して京セラに吸収合併されました。
合併してからも京セラで「Yashica」ブランドを海外向けに使用していましたが、2007年には光学事業を撤退して商標権を香港に売却しました。
日本国内では新興光学機器メーカーとJNCが提携してライセンスを契約して販売しています。
1949年当時は従業員8人で電気時計メーカーとして創業しました。
その後エンドー写真用品株式会社から技術を受託して、カメラの生産を始めました。
1953年には二眼レフカメラを発売して、会社の名前も八洲光学精機株式会社となりました。
その後も二眼レフブームで、ピジョンフレックスと同一設計をしてヤシマフレックスとヤシカフレックスなどの生産を始めて、カメラ事業は本格的になりました。
その後二眼レフカメラとして海外にも進出し始めて、1958年には商標と同じように株式会社ヤシカにして、従業員数も2000人近くになり急成長しました。
さらに1965年には世界初の電子制御式35mmカメラである「ヤシカエレクトロ35」が発表され、暗い場所でも撮影可能で壊れにくい大衆向けのカメラとして人気を呼び、1975年まで全世界でシリーズ累計約500万台にもなるベストセラーカメラとなりました。
京セラが引き継いでからも高級機のコンタックス、低価格のヤシカというそれぞれブランドでカメラの生産が続き、国内ではオートフォーカスコンパクトカメラとして京セラブランドで生産されましたが、海外市場ではYASHICAの知名度が高く、そのままヤシカブランドとして取引され続けました。
今ではJNCデイタム・テック・インターナショナルが販売しているデジタルカメラや液晶テレビ、コンパクトカメラなどのブランドとして使用されています。

無料査定はこちら