プラウベル(PLAUBEL)買取

プラウベル(PLAUBEL)を買取

当社をご利用いただくと、簡単にプラウベル PLAUBELをお売りいただくことができます。
プラウベル PLAUBELをそろそろ手放したいとお考えのお客さまは、ぜひ当社の買取りをご利用ください。

手順はとても簡単です。お電話一本で無料査定ができるので、すばやくプラウベル PLAUBELの査定を開始することができます。
その際には、PLAUBELプラウベルの商品名、購入した時期や、撮影回数などについての情報もあれば、より確かな査定を出すことができます。
プラウベルPLAUBELを売ろうかまだ迷っているけれど、査定額だけでも聞いてみたいというお客さまも、お気軽に無料査定をご利用ください。
査定額に納得いただけましたら、高価買取りの商談成立となります。
買取りは、宅配業者が品物を引き取りに伺いますから、日本全国からお売りいただくことができます。商談成立後に、迅速にご発送いただくようお願いします。

無料査定はこちら

プラウベル(PLAUBEL)の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
査定前に、メーカー名・新品?中古の場合は大体の撮影回数などを把握されておいて下さいませ。
■付属品
取扱説明書
ケース
ストラップ
レンズケース
※上記、付属品は全て付属致しておりますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈カメラの状態について〉
プラウベル 01
・カメラに傷やスレ、汚れはありませんか?
・各取付け部品の脱落や緩みはありませんか?
・ダイヤルや各レバーの固着や緩みはありませんか?
・ファインダーガラスにヒビや欠けはありませんか?
・アクセサリーシューに錆び付きや変形はありませんか?
・裏蓋の開閉時に違和感はありませんか?蓋は確実に閉まりますか?
・シャッター幕に破れやメッキの剥がれ等、損傷はありませんか?
・裏蓋のモルトが劣化していませんか?
・蛇腹に破れや変形はありませんか?
・蛇腹からの光線漏れはありませんか?
〈ファインダーについて〉
プラウベル 02
・ファインダーに曇りや汚れはありませんか?
・二重像は正確に見えますか?
・縦ズレはありませんか?
〈レンズについて〉
プラウベル 03
・レンズにチリが付着していませんか?
・レンズ内部にカビが発生していませんか?
・バル切れはありませんか?
〈撮影時の動作について〉
プラウベル 04
・シャッターは全速で正常に切れますか?
・シャッターを切った際にレンズから異音はありませんか?
・絞りリングのクリックに違和感はありませんか?
〈ケーブルレリーズ〉
・ケーブルに傷や折れ曲がりはありませんか?
・ケーブルレリーズ差し込み口にカチッと音がするまでロック出来ますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

高価買取のポイント
以下に、プラウベルの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※中古のカメラは状態が良いことが高価買取の最大のポイントになるため、査定に出す前には動作確認をしっかり行い、必要であればメンテナンスを行いましょう。
※本体やレンズをできる限りキレイにしてから買取りに出すことで、高額査定を引き出せることになります!
※カメラケースやレンズケースやストラップなど、付属品は全部揃えて売却することが高価買取の基本となります!
※プラウベル製品の価値を十分に理解している買取店を利用することが、高額査定を出すコツになります!
仮査定の申告と違うケース
中古で購入して一度も使用していないということだったが、レンズの内部にカビが生えていた。
聞いていた通りに見た目は非常にキレイだったが、蛇腹が変形していてスムーズに作動しない状態だった。
本体の状態は悪くなかったが、付属品のカメラケースやレンズケースがかなり劣化していて、ストラップは破けていてリユースできない状態だった。
ファインダーのガラス面に傷が付いていて、非常に見えにくい状態だった。
■買取り前の掃除の注意事項■
*本体の拭き取り時に蛇腹に損傷を与えない様に丁寧に清掃して下さい。
*レールなどの金属部は錆びる場合が御座いますので、汚れを綺麗に落として下さい。
*レンズが曇ったりカビが生えない様に乾燥させて保管して下さい。
*内部に複数の配線がある為、分解しての清掃は行わない様に注意して下さい。
*本体表面の溝や隙間は綿棒などを使って汚れや埃を取り除いて下さい。
「プラウベル(PLAUBEL)の宅配買い取り方法」
プラウベル(PLAUBEL)の宅配買取り方法は、宅急便をご利用お願いします。
*プラウベル(PLAUBEL)の梱包注意点
・梱包を始める前にカメラの状態をチェックし、必要な整備・清掃を行ってください。
(蛇腹の穴あき、蛇腹のタスキパーツ部分の歪み、シャッター速度、レンズのカビやクモリ、フィルム室のガードレールのサビや傷、圧板部分の状態など)
・カメラの付属品を確認して下さい。(フード、アイカップ、レンズキャップ、ストラップ、電池、フィルムなど)
・フィルムや電池はカメラから取り出して、それぞれ個別にプチプチで包んでください。
・ストラップはカメラから取り外してビニール袋に入れてください。
・破損しやすい付属品は、それぞれ個別にプチプチ包んでおいてください。
・破損の恐れのない付属品はビニール袋に入れてください。
・カメラの蛇腹部分は折り畳んで収納し、レンズにはレンズキャップを取り付けてください。
・カメラは防水のため、必ずビニール袋に入れてからプチプチで二重になるように梱包してください。
・カメラと付属品がすっぽり入るくらいの小さめのダンボール箱を用意してください。
・ダンボール箱を補強するため、カットしたダンボールをダンボール箱の底と側面に入れてください。
・ダンボール箱の底には、くしゃくしゃに丸めた新聞紙を詰めてからプチプチで梱包したカメラを収納してください。
・カメラの周りを丸めた新聞紙で埋めていき、カメラが隠れるまで詰めたら付属品を収納してください。
・付属品の周りと上にも丸めた新聞紙をしっかり詰めてください。
・ダンボール箱の上まで丸めた新聞紙を詰めたら、カットしたダンボールを上に乗せてダンボール箱をガムテープで閉じてください。
・輸送中にダンボール箱が逆さまにならないように、上になる面に“上面”とマジックで書き、さらに“精密機器”“水濡れ厳禁”などの注意書きをして発送してください。

無料査定はこちら

プラウベル(PLAUBEL)の買取製品!

PLAUBEL/プラウベル

プラウベル

「PLAUBEL/プラウベルの買取対応製品」
ラウベル69Wプロシフト
プラウベルマキナ670
プラウベルマキナ67W
プラウベルマキナ67
マキネッテ
ペコフレックス
マキフレックス
ペコジュニア
ペコプロフィア
プロフィアS
プロフィアV
ペコプロフィアZT
ペコプロフィアNT
マキネッテ
ローロップI
ローロップII

プラウベル(PLAUBEL)のリユース事情

弊社ではかつてドイツに存在していた光学機器メーカーであるプラウベルのカメラの買取りを行っていますが、弊社がそれらをリユースすることにより、今でもプラウベルを愛するカメラファンたちを喜ばせることができます!
特にプラウベルの名機と呼ばれる「マキナ」のコレクターは今でも多く、かなりの値打ちがついているカメラも世の中にはたくさん出回っていますが、リユース品を選ぶことにより、自分が欲しかったカメラを手に入れることも可能になります!

プラウベル(PLAUBEL)の素晴らしさ

プラウベルとは、現在は存在していませんが、かつてドイツにあった光学機器メーカーで、1902年にレンズメーカーとして設立されました。
プラウベルはその後1910年にはカメラ製造にも参入して、1960年頃まで販売を続けましたが、カメラ製造参入後の翌年には、写真乾板を使用したクラップカメラの「マキナ」で大成功を収めたことでも知られていて、今でもマキナを好んでコレクションをしているカメラファンは数多く存在しています!

「プラウベル(PLAUBEL)とは?」
1910年から1960年頃にかけて存在したドイツの光学機器メーカーです。
写真乾板を使用したクラップカメラマキナが有名で、その後ロールフィルム化を経てミノルタプレスやオートプレスミノルタの原型になったことでも知られています。

無料査定はこちら