コンタックス CONTAX買取

コンタックス CONTAXを買取

コンタックスCONTAXは、カメラのピント合わせを撮影者が調整できる、マニュアルフォーカスの高級コンパクトカメラでよく知られるカメラブランドです。
現在ではコンタックスCONTAXブランドのカメラ事業は終了になっていますが、根強いファンからまだまだ需要があります。 新しいカメラに買い替えされましたら、古いコンタックスCONTAXを売って買い替え資金にしてみてください。
人件費などコストが安い地方を拠点にすることで経費を削減しており、コンタックスCONTAXの製品を高価買取することが出来ます。 お電話・FAX・メールにて仮査定にお申込みいただくと、概算のお見積りを連絡いたします。
宅配買取をご依頼いただくと、宅配業者が引き取りにお伺いします。 宅配業者がご自宅に引き取りに来るまでに、カメラをしっかりと梱包しておくとスムーズにお渡しできます。
弊社に到着次第すぐに本査定を行い、具体的なお見積りを連絡いたします。 そのお見積りに納得いただいたら商談成立、指定銀行口座へ買取代金を振り込みいたします。 仮査定に納得できない場合はここで止めてもOK、キャンセル料も掛かりません。
買取したカメラは他のお客様に販売されます。 そういった関係上、状態の良いものほど高く売れる傾向があります。 高く売るコツは、汚れやほこりが付いていたら丁寧に掃除しておく事、付属品も一緒に売却する事です。
デジタルカメラはすぐに新しいモデルが販売されるので、不用になった時が売り時です。

無料査定はこちら

コンタックス CONTAXの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
査定前に、新品?中古?製品名などを確認されておいて下さいませ。
■付属品
取扱説明書
バッテリー
PCケーブル
CD-ROM
ACケーブル
ACアダプタ
ストラップ
レンズクリーナー
カメラケース
USBクレイドル
フィルターアダプタ
ビデオケーブル
※は付属しておりますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈保管状態について〉
・保管の際は高温、多湿、直射日光を避けて専用ケースに収納される等して保管されていましたか?
・保管や使用状態により、部品の細部が破損する場合があります。細部の点検をお願い致します。
〈部品の不良〉
・落としたりぶつけたりし、各部に損傷はありませんか?
・各部にひび割れや折れ、変形、欠け等の不良はありませんでしょうか?
・ケースやカバーの剥離や欠品はありませんか?
・金具などの取付け部に破損がなく確実に固定されていますでしょうか?
・各部に汚れの固着やホコリの詰まりはありませんか?
〈電源の不良〉
・メインスイッチを操作し、電源のON/OFFが行えますか?
・バッテリー残量が十分あるにも関わらず、充電が切れやすくありませんか?
〈レンズの破損〉
・レンズにひび割れや欠け、変形等の破損はありませんか?
・レンズ表面に傷や汚れの付着はありませんか?
・レンズ取外しボタンに破損がなく、レンズの脱着が行えますか?
・レンズバリアがある場合は、破れや変形がなく、レンズが正常に起動しますでしょうか?
〈撮影時の不良〉
・正常に撮影することが可能ですか?
・シャッターボタンを半押し、測光が行われますか?
・シャッターボタンを全押しし、シャッターが切れますか?シャッタースピードに関わらず、シャッターを切るのに時間がかかり過ぎることはありませんか?
・ダイヤルロックボタンが正常に機能しますか?
・シャッタースピード/露出補正/フィルム感度を操作し、各設定が行えますか?
・ズームリングを回転し、ズーム操作が可能でしょうか?
〈ファインダーの不良〉
・ファインダー窓に汚れの付着や破損はありませんか?
・ファインダー内表示に異常はありませんか?
・フォーカスフレームや露出補正等の表示が正常に行えますか?
・ファインダーに汚れの付着はありませんか?
〈表示パネルの不良〉
・撮影距離/フィルム感度/バッテリー警告マーク等の各表示がされますでしょうか?
・バックライトは点灯しますか?またライトの消耗状態はいかがですか?
・動作に合った表示が正常に行われますでしょうか?
・表示が消えてる、薄くて確認しずらい、暗い、点いたり消えたりする等の不良はありませんか?
〈フィルム系統の不良〉
・巻き上げレバーを操作し、フィルムの巻き上げが出来ますでしょうか?
・フィルムの巻き上げ速度が極端に遅いことはありませんか?
・巻き戻しクランクに折損はありませんか?
・巻き戻しノブはスムーズに回転しますでしょうか?
・フィルム巻き戻しバタンを押し、フィルム巻き戻しが行えますか?
・フィルムカウンターは正常にカウントを行いますか?
・フィルム固定軸やスプロケット、スプールに破損がなく、フィルムが確実に固定されますか?
・フィルム確認窓がある場合は、汚れの付着や破損がなく、正常に内部の確認が出来ますか?
〈バッテリーの不良〉
電池式・電池室カバーが固着していませんか?また正常に開閉できますでしょうか?
・バッテリー/電池の接触面に異物の付着や液漏れはありませんか?
・バッテリーカバーは確実に装着し、固定されますでしょうか?
〈ストロボ発光〉
・アクセサリーシューがある場合、変形や異物の固着がなく、アクセサリーとの接続が可能ですか?
・機能内のストロボ発光が正常に行えますか?
・ストロボボタンを押し、各設定が正常に行えますか?
〈三脚ねじ穴の不良〉
・三脚ねじ穴にねじ溝の潰れ等がなく、正常に三脚に取付け固定することが出来ますか?
一眼レフカメラ
・ポジションダイヤルをで撮影ポジションの選択が行えますか?
・リアコマンドダイヤルでモード内容を選択が行えますか?
・レバーやダイヤルを操作し、モード設定が行えますか?
・フォーカスフレームの選択が行えますか?
中判カメラ
・フィルムパック/ファインダー/レンズに破損がなく、カメラボディに正常に取付けることが出来ますか?
・フィルムインサートを取り出し、フィルムの装填が正常に行えますか?マガジンのカウンターが1枚に切り替りますでしょうか?
・引きふたに欠品や破損はありませんか?また引きふたポケットに入れる事が出来ますか?
・フィルムが正常に巻き上げられますかご確認をお願いします。
・途中巻き取りボタンにより、フィルムの途中巻き取りが可能ですか?
・アイピースシャッターに、半分閉じた状態で動かない等の不良はありませんか?
コンパクトデジタルカメラ
・ズームボタンによるズーム撮影が正常に行えますか?
・フード/フィルターアダプターが取外し可能な場合は、破損がなく正常に装着することが出来ますでしょうか?
・レンズ回転式カメラの場合、回転部はスムーズに回転しますか?
・メモリーカードを正常に読み込むことが出来ますか?
・撮影データの破損、消失がなく、正常にメモリーカードへ保存されますでしょうか?
・記録メディアの容量一杯まで、動画の撮影が可能でしょうか?
・各端子に緩みや破損がなく、出力が正常に行えますか?
・バッテリーの充電が正常に行えますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

高価買取のポイント
以下に、コンタックスCONTAXの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※新品のまま保管していたものほど買取額が高くなりますが、中古品でも傷や汚れが少なく大事に使用していたものは高額査定がつきやすくなります!
※カメラケースやストラップや取扱説明書など、購入時に付属してきたものやオプション品は全部まとめて買取りに出すことで高額買取に繋がります!
※コンタックスはまだまだ人気がありますが、需要があるうちに早めに買取りに出すようにしましょう!
※コンタックス以外にも、不要なカメラやレンズがあれば一緒に買取りに出すことで、査定額は高くなります!

コンタックスCONTAXの買取価格相場

*下記金額はおおよその目安で買取価格を保証するものではありません。
季節や市場相場、機器の状態により変動します。

MF一眼レフ
品名 金額(円)
RXII ボディ 15,360
CONTAX Aria 13,120
CONTAX RTSⅢ 9,443
AF一眼レフ
品名 金額(円)
判カメラ CONTAX 645 46,080
NX 28-80mm f3.5-5.6 6,656
MF一眼レンズ
品名 金額(円)
139 Q 6,300
137 MD 6,280
159 MM 15,650
RTS I 16,100
167 MT 62,000
RTS II Q 21,150
RTS III 32,150
RX II 30,500
S2 b 45,650
Aria D 22,185
AX 26,850
Aria 70周年記念 35,410
AF一眼レンズ
品名 金額(円)
N用 AF プラナー50/1.4 22,150
N用 AF マクロゾナー100/2.8 29,354
N用 AF バリオゾナー24-85/3.5-4.5 18,6900
N用 AF プラナー50/1.4 22,350
N用 AF バリオゾナー28-80/3.5-5.6 7,140
N用 AF マクロゾナー400/4 112,240
N用 AF バリオゾナー70-300/4-5.6 18,650
仮査定の申し出と違う事例
※多少使用感がある程度と聞いていたが、ケーブルの接続が上手く出来なくなっている不具合が見つかった。
※特に異常が無い製品と聞いていたが、オートフォーカス機能のボタンが反応しなくなっている不具合が見つかった。
※古い製品だが使用に問題ないと聞いていたが、レンズ内がカビで綺麗に撮影できなくなっている事が分かった。
※正常に動作すると聞いていたが、光軸がずれて上手く撮影できなくなっている不具合が見つかった。
■買取り前の清掃の注意事項■
*清掃前に必ず電池の取り外しを行って下さい。
*レンズの清掃は絶対に強くこすらないでください。
*初めに全体を柔らかいブラシでやさしく清掃を行って下さい。
*ミラーが外れやすい為注意して取り外し、清掃を行って下さい。
*清掃後は必ず本体が濡れていないか確認して下さい。
*本体やレンズの清掃時は必ず柔らかいクロスや綿棒、専用の清掃具を使って下さい。
*清掃後は湿気の少ない所に保管するか、乾燥材を入れて保管して下さい。
*アルコール以外の溶剤は使用しないでください。
「コンタックス CONTAXの宅配買い取り方法」
コンタックス CONTAXの宅配買取り方法は、郵便局の「ゆうパック」での宅配買い取りとなります!
*コンタックス CONTAXの梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・取り外し式のレンズは、取り外してから、梱包を始めてください。
・レンズにはキャップをし、プチプチで2重〜3重に包んでください。
・レンズキャップが無い場合は、ガーゼをレンズにあて、全体をプチプチで2重〜3重に包んでください。
・コンタックスカメラ本体は、プチプチを使い2重〜3重に隙間なく包んでください。
・本体・付属品・オプション品・必要書類を、底面に丸めた新聞紙などを敷いたダンボール箱の中に入れてください。
・ダンボール箱に出来る隙間は、丸めた新聞紙等でふさぎ、弊社宛に荷物をお送りください。
■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・本体や付属品を、元箱の中にお入れください。
・プチプチを使い元箱全体を、2重〜3重に包んでください。
・丈夫なダンボール箱の中に、元箱や必要書類を入れ、底面や隙間を緩衝材で埋めてください。
・入れ忘れにご注意いただき、弊社宛にお送りください。

無料査定はこちら

コンタックス CONTAXの買取製品!

コンタックス

コンタックス
コンタックスは、ツァイス・イコン(ドイツ)のレンジファインダーカメラのブランド及びカメラと、カール・ツァイスと日本のカメラメーカーヤシカ(現・京セラ)との共同事業として販売されたカメラのブランド及びそのカメラ。 カール・ツァイスのレンズが使われているコンタックスのカメラは、他社のカメラメーカーにはない味わいのある写真が取れます。 現在は京セラがコンタックスを含むカメラ事業から撤退し、コンタックスは休眠ブランドとなっています。
「コンタックスの買取対応製品」
CONTAX TVS DIGITAL
CONTAX U4R
CONTAX i4R
CONTAX SL300R T
CONTAX 645
CONTAX N1
CONTAX NX
CONTAX RTSIII
CONTAX AX
CONTAX ST
CONTAX RXII
CONTAX RX
CONTAX Aria
CONTAX S2
CONTAX G2
CONTAX G1
CONTAX T
CONTAX T3
CONTAX T2
CONTAX TVS3
CONTAX Tix

コンタックス CONTAXのリユース事情

弊社ではコンタックスのカメラの買取りを行っていますが、弊社がそれらをリユースすることにより、多くのコンタックスファンを喜ばせることができます。
コンタックスは現在休眠ブランドとなっていますが、それでもそれを求める方はたくさんいます。
以前は高くて手が出せなかったものでも、リユース品だと値段もかなり安くなるため、欲しかった商品を気軽に手に入れることができます!

コンタックス CONTAXの素晴らしさ

コンタックスとは、現在は発売を停止していますが、1975年から販売が開始されたカメラブランドのことで、マニュアルフォーカスの高級コンパクトカメラとして有名です。
コンタックスを使用すれば味わいのある写真が撮れるということで、今でも多くのファンがいて、中古市場でもコンタックスのカメラはかなり人気があります。
コンタックスでは発売以来数多くの製品を製造・販売して、名器と呼ばれるものもたくさんあります!

「コンタックス CONTAXとは?」
コンタックスCONTAX
コンタックス(CONTAX)とは1926年に設立されたカメラメーカーであるツァイス・イコンの光学視差式距離計を組み込むことで 距離測定と連動してレンズの焦点を合わすことができるレンジファインダーカメラと、1846年にドイツで創業した光学機器 製造会社であるカール・ツァイス社、そして1949年に創業した日本のカメラメーカーであるヤシカの共同事業として1975年 に販売を開 始したカメラブランドと販売されていたカメラのことです。
ヤシカと聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、ヤシカは正式名称を株式会社ヤシカといい1949年に 長野県諏訪市で創業し、カメラに使用する光学器械や写真の感光材料そして精密機器の部品等の販売を主な事業をしていました。
1950年代にはカメラの国内販売高・輸出高ともに国内1位を誇っていましたが、1975年に経営破たんした後は京セラに 吸収合併されています。
ツァイス・イコンはドイツの企業ですが、戦後ドイツが東西に分割されたことでツァイス・イコンも分割を余儀なくされます。
東ドイツのツァイス・イコンはレンズを回転させてボディにねじ込みながら装着するねじ込み式のM42マウントの一眼レフ カ メラを製造し、西側のツァイス・イコンはコンタックスの銘を使い、光学視差式距離計を組み込んだレンジファインダー カメラを引き続き製造し続けました。
この西側のツァイス・イコンは1971年にスーパーエレクトリックを最後にカメラ事業から撤退することとなりますが、 ツァイス・イコンにレンズを提供していたカール・ツァイスが株式会社ヤシカとライセンス契約を結んだことにより、 コンタックス(CONTAX)というブランド名はヤシカが製造・販売するカメラの中で カール・ツァイスのレンズを使った高級機種のカメラに対して使われることとなりました。
1983年に株式会社ヤシカが京セラに吸収合併された際には、コンタックス(CONTAX)のブランド自体も京セラに引き継がれる こととなり、オー トフォーカスのレンジファインダーカメラやマニュアルフォーカスの一眼レフカメラを製造しました。
2004年には京セラがカメラ事業を縮小したことで、京セラのカメラブランド名はコンタックス(CONTAX)に統一されています。
その後、京セラがカメラ事業から撤退することになったため、コンタックス(CONTAX)は休眠ブランドとなっています。