アルカスイス(ARCA SWISS)買取

アルカスイス(ARCA SWISS)を買取

アルカスイスは、カメラ取り付けて固定する自由雲台などで、世界的に有 名な ブランドです。アルカスイスの自由雲台の規格を、多くのカメラメーカーが使っ ていることからも、そのブランドの影響力の大きさを知る ことができるでしょ う。
そして、ARCA SWISSというブランドでは、携行型のビューカメラなども販売 していますが、超広角撮影やティルト撮影などにも対応していてことや、使い勝 手の良いことが高く評価されています。
なかなか入手しにくい カメラであるこ とから、新品だけではなく中古の品でも人気の商品となっていますので、当社で は高額買取りの対象となっています。
不要と なったカメラをお持ちでしたら、 当社への売却をご検討ください。当社は宅配便を利用した買い取りシステムを採 用していますので、どこにお 住まいの方でも、手軽に売却することが可能と なっています。査定は無料となっていますので、お気軽に当社にご連絡頂ければ と思います。

無料査定はこちら

アルカスイス(ARCA SWISS)の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
アルカスイスの査定前に、購入年・製品名・新品?中古?などをご確認下さいませ!
■付属品
取扱説明書
レザーケース
携行ストラップ
クイックプレート
双眼ビュワー
広角用袋蛇腹
延長モノレール
レデューシングバック
120ロールホルダー
ポラロイドバック
デジタルバック
テヒニカ規格アダプターボード
専用ポラホルダー
グラフロックアダプター
ホースマン・6x9ロールホルダー
※上記、附属品は全てありますか?
などもお付け頂くと、もちろん査定UP!
「状態、不具合の有無」
カメラ本体にキズやへこみなどはありませんか?
レンズに曇りやキズやカビなどはありませんか?
レンズの調整や接続には問題ありませんか?
ズームやモードの設定、メニューの選択などカメラの機能は正常に働きますか?
鮮明でブレのない美しい撮影が可能ですか?
プログレッシブ、モーション、フリクションコントロールの機能は正常に行なえますか?
アスフェリカルボールに不具合はありませんか?
カメラコントロールはスムーズに行なえますか?
ケースやレンズケース、ブラケットなど付属品やオプション品はありますか?
クイックリリースプレートはお持ちですか?
液晶画面にはキズや破損などなく、明るく鮮明ですか?
予備バッテリーはありますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

「アルカスイス(ARCA SWISS)の宅配買い取り方法」
アルカスイスの宅配買取り方法は、いつもご利用されております運送会社の宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

アルカスイス(ARCA SWISS)の買取製品!

アルカスイス

【ARCA SWISS/アルカスイス】

雲台や大判カメラを製造している歴史ある大判カメラメーカー。
「ARCA SWISS/アルカスイスの買取対応製品」
4×5 ディスカバリー
ミズーラ4×5インチ モバイルカメラ
F-Classic 6x9ビューカメラ
Fライン 8×10
Fライン 6×9
Fライン 4×5
Mライン モノリス 6X9
Mライン 8×10
Mライン 5×7
Mライン 4×5

「アルカスイス(ARCA SWISS)とは?」

アルカスイス(ARCA SWISS)

アルカスイスというのは、カメラなどを取り付けて固定するための自由雲台の1つです。物の名前ではなく、ブランド名のことです。アルカスイスという雲台は、三脚のような足の長い物を指すのではなく、三脚に取り付けて使用する物になっています。カメラというのは手で撮影すると、どうしても手ぶれが発生してうまく取れないことがあります。最近のカメラは手ぶれ補正機能が付いているので、昔に比べてかなり撮りやすくなっていると言えるでしょう。

それでもピンポイントで撮影したい場合や、動画撮影をしたい場合などは、しっかりとカメラを固定しておく必要があるのです。この時に使用するのが三脚なのですが、三脚だけではカメラを固定することができません。そこでカメラと三脚の間に雲台という物を取り付けることで、しっかりと固定できるようになるのですが、この雲台を製造販売しているブランドの1つがアルカスイスなのです。雲台にもいろいろな種類が存在しています。

アルカスイスは先程も少しふれたように、自由運台という種類になります。自由雲台というのは、他の雲台に比べて軽く作られていることが多いでしょう。そのため、外へ持ち出す必要がある場合などには便利です。他にもレバーが邪魔にならない設計になっているので、カメラのファインダーを見やすいというメリットがあります。もちろんメリットだけではなく、デメリットも存在しているのですが、主なデメリットは、上を見る仰角と、下を見る俯角には制限があるという点でしょう。

値段の幅も大きくなっているのですが、アルカスイスも値段によって性能が比例しています。本格的な撮影を行うのであれば、やはり性能がよいある程度高価な物を購入する必要がありますし、ただ固定できれば問題ないというのであれば、安い物でも大丈夫でしょう。他の種類の雲台と比較すると、若干安い値段で売られていることが多いというのもメリットです。まずはアルカスイスのことをいろいろと調べて、どのような映像を撮りたいのかを明確にしてから購入するべきでしょう。

無料査定はこちら