乗馬 鞍買取

乗馬 鞍を買取

乗馬は馬との一体感が魅力で、憧れる方も多く、長い間人気があるスポーツですが、必要な道具は馬だけではありません。

さまざまな道具を揃えなくてはなりませんので、お金もかかってしまうのがデメリットです。
そこで乗馬をするのに中古品を利用する方法も1つの手です。
特に鞍はなくてはならない、自分だけのものを揃える必要があるアイテムです。

それだけに求める人も多く、需要が多いので、多くの商品をそろえるべく買取も注力しています。
鞍は馬と人をつなげる重要な部分ですので、しっくりくる安全性がなくてはなりません。
そのため、大きな破損、クッション性が全くなくなっているなどの場合は、再利用に適していません。

しかし、大切に使っていた鞍なら、体にフィットするなじみ感が出て、逆に使いやすさがアップしている状態です。
乗馬で鞍は馬の動クッションとしての役割もあるので、体に馴染む感触は重要です。
その点でも乗馬をするのに再利用の鞍は最適です。

売るときには付属の備品や説明書などもあると、高い値段が付きやすいです。
また、破損がないか、細かくチェックした上で弊社の査定に出してもらえると無駄がありません。

簡易な査定は無料で行っており、事前におおよその金額を知ることができます。
また、買取は宅配でも行われており、忙しい方、持ち運ぶのに負担になる鞍でも便利です。

少しでも経済的に楽に使ってもらえるので、乗馬仲間を応援することにもなります。

乗馬鞍

乗馬鞍

乗馬鞍の買取を利用したお客様の体験談
乗馬鞍買取 体験談

無料査定はこちら

乗馬 鞍の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様が乗馬 鞍を弊社に仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
・メーカー
・製品名
・型式(記号やハイフンなど正確に記載してください)
・購入時期
・新品か中古品か
・(中古品の場合)使用頻度・使用回数(何鞍程利用したか)
・メーカー保証期間の有無
・購入元(乗馬クラブや個人輸入など)
・手入れの回数(月に/使用毎)

乗馬鞍
■付属品
付属品 一式
・取扱説明書
・ステンレス鐙
・鐙革
・鞍下
・鞍下ゼッケン
・エラスティック片ゴム腹帯
・サドルカバー
・サドルパット
・ムチ(鞭)
・ジャケット
・すね当て
・ブーツ(ショート・ロング)
・プロテクター
・ヘルメット
・アンダーパッド
などもお付け頂くと、もちろん査定UP!

「状態、不具合の有無」
使用頻度が多い為、擦れや生地が薄くなっている所はありませんか?
本体の革・合皮・布が、破れたり穴が開いたり汚れたりしていませんか?
破れ
また、革表面に傷があったり、カビが生えたりしていませんか?(※裏側も含む)
カビ
鞍全体に著しいヘタリはありませんか?
ヘタリ
ステッチの糸が切れて、解れたりしていませんか?
ステッチの糸
各金具は錆びたり、取れてなくなったりしていませんか?
金具 錆
鐙は変形したりしていませんか?
鐙
鐙のゴムがボロボロになっていませんか?
ゴム
鐙革はちぎれそうになったりしていませんか?
鐙革
鐙革のバックルに破損はないですか?
バックル
また、鐙の長さ調節はできますか?
鐙革掛け金具に破損はないですか?
腹帯は切れていませんか?
腹帯
腹帯の留め金に破損ははいですか?
鞍下は破れたり穴が開いたりしていませんか?
鞍下
海外製品で裁断や裁縫が雑だったりはないでしょうか?
保管方法
裸のまま保管されていましたか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!
乗馬鞍の査定前に、不具合に気付いた際には以下の様に簡単なメモをお付け頂けると査定がスムーズです。
乗馬鞍買取 不具合メモ

高価買取のポイント
以下に、乗馬鞍の高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※お売り頂ける製品の詳細(メーカー名、ご購入日、ご利用頻度)が分かれば高価買取りしやすくなります
※新品同様であることもさることながら、汚れや傷、縫い目のほつれや破れ、金属部のサビなど、使用感が少ない物ほど高額査定となります 。
※購入当初の付属品や、その他ヘルメット、ブーツなどの乗馬用品がございましたらもちろん上乗せとなります
※多少の使用感が見られても、しっかりクリーナーなどでレザーケアされて大事にお使い頂いていた物であれば最大限評価させて頂きますのでご安心ください
※汚れなどありましたらブラシや乾いたタオルなどで出来る限り落として頂き、配送時にバラけないよう鐙革を束ねたりしっかり梱包の上発送頂ますようお願い致します。
以下の様にタグなどの金属部分に錆などが出てしまいますと査定が下がる可能性がありますので、保管状態を気をつけておく事も鞍の高価買取のポイントとなります。
タグ 錆
購入時に付属品していたメーカー品のサドルスタンドもお付け頂く事で査定がUPする可能性もありますので当社の査定担当に宅配で配送前にはご確認下さいませ!
サドルスタンド
※無料査定フォームに入力される場合は、以下の様に乗馬鞍の事を出来るだけ詳しく入力する事も高価買取のポイントです!
乗馬鞍 入力フォーム参考
※付属品など点数が多い場合は以下の様にリストを添付下さい!
乗馬鞍 査定依頼リスト

お客様の仮査定時の申し込み時の申告と違う良くある事例
※査定の時には、申し出が無かったがネームプレートが縫い付けてあった。
※ほとんど使用していない。と聞いていたが表面の革に使用感があった。
などなど・・

■乗馬の鞍を売る前の掃除のポイント■
*乗馬鞍が汚れていませんか?
乗馬鞍は清掃が不十分ですとカビが生えますのでしっかりと清掃をお願いします。
まず、全体をブラシなどを使って汚れを落として下さい。
ブラシ
次に専用の洗剤を使って表面をワックスをかけるようにして清掃します。
綺麗にした後は洗剤を落とし、水分を乾いたタオルで完全に拭き取って下さい。
拭き取り後は専用のオイルを使って全体の保護をお願いします。
オイルを塗布時に託革に付着させない様に注意して下さい。
次は余分なオイルを拭き取って下さい。
最後は鞍の乾燥をお願いします。
*付属品の清掃はお済ですか?
腹帯等の付属品はブラシで汚れを一度落としてから専用の洗剤で清掃をお願いします。
鞍と同じく清掃後にオイルを塗って乾燥させて下さい。
*清掃時の専用オイルの取り扱い方法
専用のオイルは全体にたっぷりと塗らない様注意して塗布をお願い致します。
間違えて塗りすぎた場合はすぐに拭き取って下さい。
「乗馬 鞍の宅配買い取り方法」
「乗馬 鞍」の購入時の箱(梱包材料)があるときはそれらをご使用され、弊社までお送りください。
乗馬 鞍 元箱
箱がない時は、段ボール箱が「ゆうパック包装用品」で(特大360円)があります。サイズは縦350mm×横450mm×高さ350mmです。
ご近所のスーパーなどで使用済み段ボール箱を無料で提供しているところもありますのでご利用ください。
梱包された大きさと重量で下記の内からどちらかをお選び下さい。
1)縦・横・高さの合計が170cm以下で重量が30Kg以下の時は「ゆうパック」のご利用が便利です。
2)上記以上のサイズ、重量の時は「佐川急便、クロネコヤマト、ヤマト家財便」の中からお選びください。

身元確認用として必要書類(身分証明書のコピーとお振込先メモ)を忘れず同封してください。
*乗馬 鞍の梱包注意点
梱包の際にはサドルカバー、鐙革、腰帯、鐙、鞍下ゼッケンなどの付属品が揃っているかご確認ください。
鞍は革製品です。傷がついたり擦れたりしないように全体をプチプチで丁寧に包んでください。
鞍 梱包参考
付属品の鐙革や腰帯は紐などでひとつにまとめて個別にプチプチで包んでください。
鐙は金属なので、鞍に触れて傷がつかないように個別にプチプチで包んでください。
プチプチで包んだ鞍とそれぞれの付属品を適当な大きさのダンボール箱に入れて、隙間を丸めた新聞紙などで丁寧に詰めて内容物が動かないようにしてください。
新聞紙 参考

「乗馬 鞍の宅配買い取りの際の注意」
送付の際は、「こわれもの扱い」「逆さま厳禁」「下積み厳禁」にチェックを忘れずにお願い致します。
身分証明書のコピー1通(免許証で可能)とお振込先のメモを乗馬 鞍に同封忘れず宜しくお願いします。
ゆうパックは自動的に運送保険が乗馬 鞍の仮査定金額分、掛かりますのでご安心下さいませ!
福山通運・西濃運輸さんの場合は必ず仮査定金額分の運送保険を掛けて下さいませ。
店頭買取りの場合は、梱包されなくてもそのままでお持ち下さいませ。(要身分証明書コピー)
※弊社での乗馬鞍の宅配買取の際の伝票の参考になります。
乗馬鞍 宅配買取伝票
※以下は宅配買取の際に同梱されていましたお客様の手紙になります。この様な手紙を添えて頂けますと鞍の査定額が上がるかも・・
鞍手紙

無料査定はこちら

乗馬 鞍の買取製品!

【Passier/パッシェ】

パッシェ

Passier(パッシェ)はドイツのサドルメーカーとして、職人の技術を活かした手作りの鞍を作り続けています。
良質な素材と確かな技術で、国内外の騎手に愛用されています。

「パッシェの買取対応製品」
Antares Dressage、Eventing Saddle、Eventing Saddle、Young Winner F、Young Champ Dressage、Marcus Ehning Jumping
Marcus Ehning removable、Optimum Jumping、Optimum Dressage、OptimumII Dressage、Optimum、Comet FS Jumping、Century Jumping
Compact Dressage Saddle、Hubertus Schmidt Dressage、Hoy Jumping、GG Dressage エクストラディープシート、GG(Grand Gilbert)Dressage
GT Dressage、Patron Dressage、PT Dressage、PSP umping、P Jumping、PSL All Purpose、Paxton All Purpose、Phoenix、Precision Jumping
Wellington Jumping、Sirius Dressage Saddle

【Ovation/オベーション】

オベーション 鞍

「オベーションの買取対応製品」
クリムケプロドレッサージュサドル・amsシステム、コンチネンタルドレッサージュサドル・amsシステム

【AMERIGO/アメリゴ】

アメリゴ

【AMERIGO/アメリゴ】の買取製品
ピネロロドレッサージュ、ファローシェ、DJジャンピング

【WINTEC/ウィンテック】

ウィンテック

「【WINTEC/ウィンテック】の買取製品」
ウィンテック・ジュニア

【ZALDI/ザルディ】

ザルディ

「【ZALDI/ザルディ】の買取製品」
オリンピック、ニューケント

【OttoSchumacher/オットーシューマッハ】
オットーシューマッハ

「【OttoSchumacher/オットーシューマッハ】の買取製品」
ドレッサージュダイナミックSF、ドレッサージュエクスクルーシヴ

【Roosli/レーズン】
レーズン

ヨーロッパで、世界メダリスト達や有名プロが愛用の一流サドルメーカー。
「【Roosli/レーズン】の買取製品」
クラシック・ピラテュス、クラシック・リギ、ワイルド・オプティマム、ワイルド・エキストラ

【HARRISON BROWN/ハリソンブラウン】
ハリソンブラウン

「【HARRISON BROWN/ハリソンブラウン】の買取製品」
ウィンザー

【PESSOA/ペソア】
ペソア

「【PESSOA/ペソア】の買取製品」
ジェネックス・エリート、ロドリゴパーソナル

【HDR/ヘンリデリベル】
ヘンリデリベル

フランスの有名ブリティッシュサドルブランド。コストパフォーマンスに優れた 鞍を全世界に提供しています。
「【HDR/ヘンリデリベル】の買取製品」
モナーク

お客様の体験談

中古で購入して1年ほど使用した鞍を買い取ってもらいました
乗馬クラブに通い始めたときに購入した鞍がそのまま残っていました。
高級な物なので知り合いを通じて、まだ結構新しい物を中古で購入しました。
1年ほど通ってから辞めてしまったので、もったいないからまた中古で売れるのではないかと検索してみました。
乗馬用品を買い取ってくれるところもあちこちあるようで、査定をお願いして一番高いところに買い取ってもらうことにしました。
大切に管理していたので高く売却できたようです。

高い価格で購入した乗馬鞍を買い取ってもらいました
乗馬用品はひとつひとつが高くてちょっとためらいましたが、ファッションもカッコよくて数年前思い切って乗馬を始めました。
その後引越しすることになり、近くに乗馬クラブがなくて辞めてしまいましたが、鞍がもったいなくて誰か必要な人はいないか探していました。
結局誰もいなくてネットで買い取ってくれるところを探しました。
1~2年使いましたがキズもほとんどなくて、カビもありませんでした。
よい値段で売れたと思っています。

乗馬鞍 買取体験談

乗馬鞍の買取実積

東京都
以前乗馬をご趣味とされていたものの、仕事の関係で都内にお引越しをされて以後はほとんどされる機会がなくなってしまったというお客様より、それまでご使用になられていたアメリゴ製のものをご売却していただきました。全体的にやや使用感のあるお品物ではありましたが、それ以外に問題はなく、相場通りの価格にて買取をさせていただきました。

京都府
学生時代より乗馬を行っており、大会等で入賞歴もあるというお客様より、ご高齢のために供犠を引退されるということでこれまでお使いになられた乗馬鞍を売却したいとのご連絡をいただきました。三点のお品物をまとめてお送りいただき、どれも若干古さはあるものの状態は比較的良好でありましたので、しっかりと買取をさせていただきました。

兵庫県
ご両親が馬主をされていたという関係で幼少の頃より乗馬をされていたというお客様より、以前お使いになられていたパッシェ製の乗馬鞍がご不要になられたということで買取ってもらいたいとのご連絡をいただきました。大変状態の良い製品であり、付属品なども全て揃っておりましたので、高額にて買取をさせていただきました。

北海道
牧場を経営されておられるお客様より、乗馬用としてお持ちになられている鞍の内のいくつかを買い換えたいということで倉庫に仕舞われているものをご売却していただきました。若干古いお品物が多かったものの、それでも全てのものにお値段をお付けすることが可能でした。お客様もその結果に大変ご満足されているようでした。

※弊社での乗馬鞍の買取伝票の例になります。
乗馬鞍 買取実積
乗馬鞍 買取伝票

乗馬鞍の素晴らしさ

乗馬が趣味と言うと、とても優雅な雰囲気ですよね。しかしそれだけにあれこれお金がかかるのも事実です。
乗馬自体も素敵ですが、ファッションもクラッシックでいいですよね。他の運動とは違った落ち着きさえも感じられます。
乗馬用の服や靴もそうですが、革でできている乗馬鞍がとてもカッコいいです。
イタリア製、ドイツ製など海外の乗馬鞍は革自体が柔らかく、デザイン的にも優れたものが多くて、乗馬ファンの人気を集めています。

乗馬鞍のリユース事情

以前趣味で乗馬をされていたけれど、今は乗馬鞍だけ残っているという方はいらっしゃいませんか?
乗馬はやめたけど鞍や靴など乗馬セットが残っている、という方は、是非これから乗馬を始めようかな、と思っている方にリサイクルして頂けないでしょうか。
中古で乗馬鞍が購入できるなら、乗馬はお金がかかるから、と悩んでいる方も負担なく乗馬を始めることができるでしょう。
若い方が乗馬を始めるには、他のスポーツよりもお金がかかりますよね。
是非そのような方のために、乗馬鞍を当社に売ってください。

スタッフからのメッセージ

最近は趣味で乗馬を習っている方も増えていますね。
身の回りに使っていない乗馬鞍がありましたら、是非弊社が買取させて頂きたいと思います。
輸入物が多いのでやはり高価な製品ですので、中古で必要とされている方がたくさんいらっしゃいます。
鞍やその他の乗馬用品もありましたらご一緒によろしくお願いします。
他社より高く買い取ります!

社長からのメッセージ

私の知人・友人達も趣味で乗馬をされる方が多数おります。近年では皆さん鞍の定価が高い為、新古または中古で購入されている方が多いです。
その需要もあり弊社では乗馬用の鞍の買取に始まるリユース業務を行っています!
皆さんが購入されて1度も使用していない・・または最近まで使用していた乗馬用の鞍を弊社が、必要とされている同じ乗馬を仕事や趣味でされている方へお届け致します!何処に売れば良いか良く分からない。。乗馬用の鞍を、是非弊社にお売り下さいませ!

乗馬鞍の買取査定依頼の実績

査定依頼1
娘の練習用に千葉県の成田乗馬倶楽部にて購入。
約1年(60鞍程度)使用、その後自宅にて保管。
鞍の後にネームプレートが鋲止めされています。
ゼッケンにネームのアップリケが接着されています。

査定依頼2
鞍数:300鞍と500鞍以上
個数(必須):2
内容:ロスナー総合鞍とアンキー馬場鞍です。前者は一般的な中古品ですが、タッカクの痛みは少なく、大手クラブさんですと程度の良い方の中古になるかと思います。鐙、鐙革あり。後者はジャンク品に近いです。
使用は出来ますが、シートや右のニーパッドの痛み、左タッカクの千切れ千切れ(長め腹帯なら使用可能)があります。
ほか、中古のサドルクロスとゲルパッドがあります。

「乗馬 鞍とは?」
乗馬 鞍
人間が馬に乗る場合に必要とされる、馬に設置する馬具を乗馬鞍といいます。
最近では乗馬が身近になってきたように感じます。
お子さん達も乗馬スクールに通ったり、社会人達も週末に乗馬に通っているという方達も少なくないでしょう。
中近世までは乗馬は武士だけが許されていたりして、一般的には身近ではありませんでしたが、明治に入ってからやっと一般の人々にも乗馬が許されたということです。
それでも乗馬をする人口はそれほど多くはなく、陸軍など限られた場所で行われていました。
本来動物や馬の骨格は物を運んだり乗せたりするためには進化していないので、馬の背とは形の違う人の尻の形や物を運搬するための器具と、動物の背中を拘束する目的で作られました。
今の乗馬の鞍は、馬の背中の中心の少しへこんだ部分に、クッション性があり吸収性のある毛布やマットを被せてから鞍を載せて、10センチくらいの腹帯を使って馬の胴体を固定します。
近代まで日本では木製の鞍が存在していましたが、最近では圧倒的に皮製の鞍が多くなっています。
乗馬鞍はウェスタンとブリティッシュに大きく分けられますが、これによって形や機能に差があります。
ウェスタン鞍には前の中央部分にグリップがついていますが、ブリティッシュ鞍にはありません。そしてブリティッシュ鞍は金属やプラスチックの鐙がほとんどですが、ウェスタン鞍は革製になっています。
鞍の種類とは乗馬の目的に応じて総合鞍、障害鞍、馬場鞍などがありますが、形や重さは違っても全て腹帯で馬の胴体に固定するようになっています。
尻が載る部分の両サイドのモモや膝が当たる部分には、フラップという垂れが取り付くようになっています。
乗馬の経験度を計る目安として鞍数が用いられますが、これは約1時間程度1回騎乗した際に一鞍(ひとくら)と数えられるようになっています。 馬を判断したり難易度を選考したりする場合に、鞍数が目安となっています。

その他高価買取