Optimus買取

Optimusを買取

Optimusは韓国のLGが販売していたスマホシリーズになります。iPhoneと比べると非常に安価なので、コストパフォーマンスを売りに販売されていました。その後、後発の台湾や中国メーカーのスマホに押されて、販売不振に落ち行ったことから2013年を以てブランド自体が消滅したのです。 ただ、OptimusにはWindows7をOSにしたスマホも存在していたので、この点は多くのユーザーに評価されていた経緯があります。そのため、現段階でもWindows7が健在な状況では、一部機種については今でもニーズがあることも否めません。 弊社ではOptimusのスマホに対して、現在でも使用ニーズを持つお客様のために積極的な製品買取を実施しています。特に現在のLGはWindowsOSのスマホからは撤退していることもあって、現在では決して手に入れられないWindows版は秘かな人気となっています。 現在弊社の見積もり方式は仮査定と呼ばれるものを採用していまして、ご自宅にいてもお電話によって見積もりがスムーズにできる体制を整えているでしょう。

無料査定はこちら

の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がOptimusを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。

■付属品
取扱説明書
※上記は、ありますか?

無料査定はこちら

Optimusの買取製品!

【LG Electronics/LGエレクトロニクス】

Optimus

韓国の総合家電、情報通信メーカー。
Optimus Vu
Optimus Chat
Optimus it
Optimus Bright
Optimus LTE
Optimus LIFE
Optimus G
Optimus G Pro
Optimus Pad

「Optimusとは?」
Optimus
Optimus(オプティマス)は、かつて韓国のLGエレクトロニクスが展開していたスマートフォン・タブレットを中心とする通信機器ブランドの一つです。
2013年に市場から撤退を表明しましたが、低価格で高性能な製品が多く、最新のandroid搭載モデルと比較して非常に低価格で購入することができ、初めてのスマートフォンをお求めのユーザーには非常に高い人気があるブランドです。
オプティマスのフラッグシップモデルとしてはOptimus G(Great)シリーズがあり、他にはデザイン重視の普及モデルOptimus L、LTE対応のOptimus Fシリーズなどがあります。

以前にはプラダと共同開発したPRADA phone by LGといった製品で話題となったこともあり、決して廉価製品専門メーカー、というわけではありません。
2013年にOptimusシリーズのうちGシリーズとVu:シリーズにおけるOptimusブランドの廃止が発表され、その後はLG GシリーズとLG Vu:シリーズという名称でシリーズの続投が決定。
品質的には何も問題はなく、近年の高価格化していくスマートフォン市場の中でも安心して使えるモデルが多く、新規販売されなくなった現在でも根強い人気があります。
耐久性が高く、特にバッテリー寿命は他メーカーよりも長めで、シャープや東芝製スマートフォンよりもタフです。
その反面、液晶画面やカメラの画質は低めですが、ブログ用の写メなどを撮影しない実用性重視の方にとって、そのタフで高い実用性は強い味方と言えるでしょう。
惜しまれつつスマートフォン・タブレット等の通信機器市場からは撤退しましたが、現在でも「復活してくれたら買う」と表明しているファンユーザーも多く、ユーザー支持率は上々の様子です。
現行モデルと比較するとスペック的に見劣りはしますが、使用していて大容量通信を頻繁に行わないのであれば、十分通用するレベルと言えます。

無料査定はこちら