仙台大橋堂買取

仙台大橋堂を買取

仙台大橋堂は、大正元年に創業した老舗の万年筆メーカーなのですが、現在でも手作りで万年筆を作成しているのです。

エボナイトと呼ばれている道具を使い、足踏みろくろを操作することで削り上げるという手法を用いています。

当然それなりの技術力がなければ取り扱うことができない道具なので、素人では作ることができないでしょう。

現在では何をするにも機械化されている傾向にあるのですが、このような手作り感のある作品を求めている人も多いのです。

そのため、弊社では仙台大橋堂の万年筆を高額買取の対象商品として取り扱っています。

しかも仙台大橋堂で購入した万年筆の場合、生涯メンテナンスをしてもらうことが可能になっているので、メンテナンスを行った万年筆であっても買取は可能です。

万年筆の状態や種類によっても買取価格は異なりますが、よほど状態が酷くなっていない限りは、買取が可能だと思って間違いありません。

1本だけの買取も可能ですが、複数の万年筆をまとめて売ることもできます。

無料査定はこちら

仙台大橋堂の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様が仙台大橋堂を弊社に仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
「状態、不具合の有無」

万年筆が入っていたケースはきちんと保管してありますか?

色褪せている箇所はありませんか?

キャップは無くしていませんか?

インクが出てこなくなることはありませんか?

インクが出すぎてにじんでしまうことはありませんか?

無料査定はこちら

高価買取のポイント

仙台大橋堂の万年筆は手作りということもあって一つ一つ、元値が非常に高額な万年筆になります。

大量生産が出来ないということもあって取扱件数も非常に少なく希少な万年筆になる為、ある程度使用した中古品でも、傷や汚れ、ペン先の不具合がないものであれば概ね高額で取引されています。

弊社でも仙台大橋堂の万年筆の買取に力を入れており、新品・未使用品であれば高額買取の対象としており、使用頻度の低いものやほとんど未使用に近いものであれば高額買取の可能性が高くなります。

本体に傷や汚れがないことはもちろん、購入した際の外箱や ペンケースなども、カビや汚れのない綺麗なもの、仙台大橋堂のパンフレットや取扱説明書・品質証明書などが全て揃っていれば査定評価が高くなります。

その他未開封のインクボトルなどもつけていただけるとその分買取金額が高くなります。