買取には所得証明不要

所得証明

借入では所得証明が必要!

借金をする際には、所得証明が不要な場合と必要な場合があります。大手の都市銀行や地方銀行で借入をするのなら、間違いなく所得証明は必要になります。ネット系の銀行では借入に所得証明の提示までは求められないことが多いです。ただし、限度額や借入額の大きさは銀行の方がネット銀行よりも多いので、所得証明を提出すれば高額借入が可能になるケースも多いです。また、消費者金融系のキャッシングの利用では、ほとんどの金融業者が所得証明を求めます。借入するのに審査は銀行に比べてゆるい傾向にあるのが消費者金融系です。でも、いざ返済の支払いが滞った場合は、所得証明を提出していると当然職場も分かってしまいます。お金を借りて、返済ができない場合は、会社にバレるリスクもあるのです。

所得証明はどうやって手に入れるのか?

所得証明とは、自分の前年度の収入が記載されている書類になります。もっとも一般的なのは、源泉徴収票と呼ばれる用紙です。これは、会社で正社員やパートをしているのなら、年末に受け取ることが多い所得証明になります。また、いくつかの派遣やアルバイト、自営業や個人事業をしているのなら、確定申告をした際に税務署に収入の申告をしています。この時に確定申告書の控えをもらっているのなら、それも所得証明になります。さらに、市役所で請求すれば取り寄せることができる住民税の証明書なら、税金から収入も判断できます。

所得証明を発行!取り寄せるのは大変?

しかし、所得証明を取り寄せるのは、会社や市役所、税務署に問い合わせる必要があります。もちろん、手元に保管しているのなら、それを提出すれば大丈夫でしょう。しかし、何かの都合で紛失、もしくは別の用途に提出をしているのなら、再発行してもらう必要があります。こうなると、会社、市役所、税務署に、自分が何かお金が必要になって所得証明を取り寄せたのではないかと分かってしまいます。理由は述べなくても、所得証明を取り寄せるのだから、借金が理由なのかとすぐに判断されます。こうなると、借金をしようとする前に、身近な会社の人、行政などに分かってしまいます。税務署は銀行とも情報共有をしているので、これ以上借金をすると、危険な人物だと思われる可能性もあります。税務署は事業のお金の流れを把握するのが仕事なので、赤字会社だと税務調査にもやって来ます。借金をして赤字を解消して、決算をごまかして脱税をしていると判断されることもあるのです。実際、いくつもの銀行で借金をするのは難しいケースもあります。つまり、所得証明を取り寄せても、銀行や税務署の判断でできないこともあるのです。それほどまでに大変な思いをして所得証明を取り寄せても、借金をして現金を調達できないのなら他の方法を考えましょう。それが、買取です。買取なら、所得証明不要です!会社の備品や個人の持ち物の買取査定依頼をしてみましょう。すぐに現金が必要なら、面倒な手続きも所得証明の取り寄せも不要です。買取の利用は弊社でできるので、ぜひ、一度査定を検討してみて下さい!

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。