買取の際は決算書は不要です。

決算書

株式投資をされている方は『企業の決算報告書』の見方をご存知だと思いますが、一般の人々だと決済報告書など縁の無い物だとおもいます。そこで今回は『企業の決算報告書』についてお話しようと思います。
 「決算書が読める」という事は、イコール、「財務分析が出来る」と言う事です。財務分析などと言う言葉が出てくるだけでデキる男な感じがしてきませんか?そんなデキる男になる為に今回は「簡単な決算書の読み方」についてご説明致します。

 先ず一般的な名称で、「決算書」という用語は正式な用語では無い事を覚えて下さい。「財務諸表」が正式な用語になります。金融商品取引法によって、ある一定の規模を超えるの株式会社では有価証券報告書を提出する義務があります。『財務諸表』には、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュフロー計算書、附属明細表が含まれます。そこで今回はそのうちの重要な3項目を順を追って簡単に説明致します。
①貸借対照表
英語では「balance sheet(バランスシート)」と呼ばれ、企業の一定期間の財政状態を「資産」や「負債」がどの位なのかを、「純資産」から見ることができる表です。表の左側が「借方(かりかた)」と言い、『資産』を表します。資産には借金や負債も資産とに組み込まれます。右側の「貸方(かしかた)」の合計が同じ値になり左右でバランスが取れているのでバランスシートと呼ばれます。
『資産=負債+純資産』となり、資産の例は不動産、現金、預金、株券などの財産で負債は借金や支払い手形などです。ですので純資産は資産から負債を差し引いた物になります。
②損益計算書
損益計算書とは、「期間ごとの会社の経営の成績を表すもの」です。経営の成績とは、どの位の儲けがあったかを計る事をさします。稼いだ金額はもちろんの事、本業での稼ぎか、それ以外の収入による稼ぎかを知る為の物です。損益計算書には『売上高』と、売上高から経費などを差し引いた、『5つの利益』(売上総利益・営業利益・経常利益・税引き前当期利益・当期利益)です。
売上総利益・・・売上高-売上原価 粗利益とも言います
営業利益・・・売上総利益-経費 売り上げから、売り上げにかかった費用を除いた物です。
経常利益・・・配当や利息など本業以外の収支をさします。
税引き前当期利益・・・法人税等引当金を差し引く前の利益をいいます。
当期利益・・・利益から法人税などの利益にかかる税金を支払った後の利益の事です。
③キャッシュフロー計算書・・・企業のお金の流れを見るための一覧表で、企業の支払能力の大きさを示す財務諸表です。

 株主資本等変動計算書と附属明細表に関しては、今回は割愛致しますが詳しくお知りになりたい場合は証券会社のサイトか経理関係の書籍をご覧になって下さい。

 なお、会社関連の法人名義による大量一括売却を検討されている場合に決算書の提示義務は御座いませんので、中小企業の社長様から商品管理の決済権をお持ちの担当者様までお気軽にご相談下さい。買い取りの際は守秘義務が御座いますので、その点に関しては安心してご売却して下さい。

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。