税金の未納や債務超過があっても買取は利用可能

税金

税金の未納や債務超過はお金を工面できない?

税金の未納があると、確定申告をしていないケースもあり税務署から目をつけられることもあります。また、突然の税務調査で未納の税金があることが分かると追徴課税されるケースもあります。法人の場合や個人でも債務超過になっていると借入をしてお金を工面したくてもできません。今回は、税金の未納や債務超過がある場合に、どのようにお金を工面したらいいのかお伝えします。

税金の未納は個人でも法人でもバレる!

毎年の確定申告で税金の額を算出するために、自分の収入や経費を税務署に報告するのは国民の義務です。義務を放棄して確定申告の無申告や申告をしても税金を納めていないと税務署から追徴課税や悪質な場合は重加算税などの罰則があります。こういうケースでは、税務署と銀行で相互の情報提供がされています。そのため、個人でも法人でも税金の未納をしていると、金融機関で借金をするのは難しくなります。

債務超過の場合は倒産や破産の手前?

法人の場合、債務超過をするのは赤字になっているケース、設備投資のし過ぎで売上の回収ができない、在庫が過多で売れ残りが多数発生、借金返済ができないなどのさまざまな理由で、会社の資産を売っても負債がなくならない状態のことで、倒産を意味します。個人の場合も借金が多く、裁判所から差し押さえ対象にされた物品を競売にかけても、借金を帳消しにするのには自己破産するしかない場合は、債務超過状態です。こうなると、法人でも個人でも会社を倒産させ、自己破産するしか打つ手はなくなります。

倒産や自己破産の前に買取査定へ!

しかし、法人の場合、税金を未納でも、債務超過でも、少しでもお金を増やして倒産を免れたい、個人でも自己破産になる前になんとかして免れたいのは同じでしょう。そういうケースの場合は、どんなに借金の申し込みを金融機関でお願いしても無駄になります。でも、会社なら多くの物品があることでしょう。また、個人でもいずれ自己破産して競売にかけるのなら、自己破産になる前に物品を処分すれば破産を免れる可能性もあります。特に、借金返済は毎月の決まった額をきちんと返済しないといけません。そのため、少しでも返済が難しいと感じたのなら、先に買取に物品を売ることでなんとかお金を用意して解決できる可能性もあるのです。税金の未納や債務超過があっても買取は利用可能です。買取の査定は弊社で行えます。会社や個人が持っている物で、自分では価値が分からない物でも査定に出せば値がつきます。どうぞ、買取の利用は弊社へお申し付けください。

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。