店舗退去費用の為に買取をご利用下さい!

店舗

店舗退去の決意をするとどうなる?

念願の店舗出店をして、たとえ長年の経営期間があっても、事業とはさまざまな理由で撤退しないといけない時期があります。自分の店はずっと繁盛をしていても、ライバル競合点が目の前に進出してきて、自分のお店にお客さんが来なくなることもあります。そして、仕方ないと悩みながらも、最終的には店舗撤退の決意をします。しかし、店舗の撤退を決意してからが大変なのです。実は、店舗退去費用はかなり高額で、出店をする時と変わらないくらいの額が必要になることもあるのです。

原状回復契約を守って撤退する!

店舗退去費用の基本は、原状回復契約があるので、それに従わないといけません。原状回復契約とは、店を契約した段階の状態に戻すということです。出店するために契約をした際の、不動産物件の状態に戻すのが原状回復です。フロアだけでなにもない状態、すべての物品も撤去して、どこかに追加工事をしたのならすべてを元に戻します。もし、調理場に別の配管や店内に壁などを設置していても、大家さんが元に戻せというのならすべて従います。

撤去費用は賃料の1年分が相場?

しかも、店舗退去をする際には、契約した大家さんや不動産会社などに3ヵ月の余裕を持って退去することを伝えないといけません。もし、経営不振で伝えたその日に店舗の経営をやめても、家賃は3ヵ月分払わないといけません。もちろん、この期間の間に原状回復もしてから契約は終了します。さらに、家賃契約が3年ある場合に1年で契約を解約するのなら中途解約違約金も払います。原状回復費用は、事務所サイズの19坪くらいのケースでは45万円くらいで、ショッピングモール規模の40坪くらいの店舗なら130万円くらいが相場です。中途解約違約金は判例で1年分の賃料を払うのが妥当だとしています。

店舗退去費用の準備に買取査定を依頼する方法

利益がでないから、お金がないから、店舗退去を決意したのに、最後にまたお金がかかるのでは、本当にどうしたらいいのか分からない経営者の人も多いでしょう。そんな時は、店舗退去費用のために買取をご利用下さい!買取なら、店舗の退去の際に困っている厨房機器や設備を買取できます。厨房機器には、調理器具や電気乾燥機に冷蔵ショーケースなどがあります。厨房器具を欲しがる経営者の需要も高く、買取査定では状態によっては高額で現金化も可能です。ネットで無料査定もできるので、どうぞ、弊社の買取に依頼してください。そして買取をしてできた現金で店舗退去費用を準備しましょう。

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。