シニア起業前に買取を!

シニア起業

シニアになってからの起業がちょっとしたブームになっている事をご存知ですか?確かに長きに渡る不景気の嵐で就職に関するデータでは新卒の求人数はバブル期超えなどと耳にしますが、中高年や正社員募集の中途採用などは惨憺たる状況だと存じております。人生80年とも言いますが、60歳や65歳で会社からお払い箱扱い扱いで追い出されても、僅かな年金では到底まともな暮らしも出来ず、慣れないアルバイトやパート勤めをしたところで年下も年下で孫や息子のような歳の先輩に馬鹿にされる始末。いつから日本はこんなダメな国になったんでしょうかね?
 などとボヤいたところで、しょうがないので『シニア起業』について調べてみましたので説明致します。

 日野原重明さん(国際聖路加病院名誉院長)は、「国連や世界保健機関が定めた、高齢者の年齢設定は過去のものです。超長寿国日本においてシニアが活躍すれば国内の生産労働人口は減ることはないです」と言われました。この日野原さんは1911年生まれなんですね。そして現役のお医者さんなのです。60歳で定年した後に40年も働いている訳ですから、歳を理由に就職を断られても自分で起業すれば良いのです。100歳からしてみたら60歳なんて赤ん坊も同然ですね。
 ではテレビなどでも取り上げられている例を挙げてみましょう。
①銀行を定年退職してパン屋のオーナーになった65歳男性
②広告代理店を定年退職後、NPO法人を立ち上げて、現役の講師紹介センターの事務局長に就任した74歳男性
③化粧品販売会社を定年退職し、犬の散歩ビジネスで起業後、年商3億円の規模まで発展させた72歳男性
④普通の主婦が子育て終了後、結婚相談所を開業してフランチャイズのオーナーまで上り詰める57歳女性
⑤自分自身の経験から家事の不便さに目を付けて、家事代行業を立ち上げて夫の稼ぎを上回り夫婦で専業に切り替えた48歳女性
⑥公務員を退職後、自治体のシルバー人材センターの勝手の悪さに目を付けて独自の「シルバー人材センター」を開業した60歳男性

 どうですか?稼ぎの額も凄いけれど、年齢と発想の凄さに目がいきますね。と、このような『シニア向け起業』のセミナーや情報が世には溢れております。しかし良い話だけではなく悪い話も耳にするので何を始めるにしても信頼出来る方からのアドバイスを受け、職種の選定も慎重にリサーチしてから行って下さい。変なん業者に引っかかると退職金のみならず、老後の生活資金を丸ごと持って行かれるケースもありますのでご注意下さい。
 起業するには運転資金の他にも自分たちの生活資金も必要です。無理のない計画を組んで下さい。その場合、弊社で不要品の一括買い取りをさせて頂きます。いらない物はお金に替えて新たなスタートを目指して下さい。

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。