遺産相続の際は、買取をご利用ください

遺産相続

家族がその一生を終えた時、その瞬間に相続の問題が発生します。本来なら故人を偲び、思い出にふけりたいところでしょう。しかし相続問題は待ってくれません。いざという時のために、最低限必要な情報は頭に入れておきましょう。

実際に相続問題が発生した場合、さまざまな手続きを踏まなければなりません。また、相続は資産ばかりではありません。もし故人が借金を抱えていた場合は、返済義務を負う事にもなります。

そうした諸問題を抱えるゆえに、時に親戚同士で骨肉の争いとなり、調停での話し合いなど、後味の悪いものになることもあるのです。そのようなトラブルを避けるために、実際にどのような準備を進めていけばよいのでしょうか。

大切な項目としては遺言状、相続する品目の確認、相続人の確認と順位、相続の割合、登記情報の書き換えなど、多岐にわたっています。ではいくつかの項目について、細かく見ていきましょう。

まずは相続する品目の確認です。遺産相続によって、自分の資産がプラスになるばかりではありません。故人に借金や長期入院などで費用の滞納はなかったでしょうか。また、税金等の支払いに遅延が生じてはいませんか。これらの事項は故人の死後に判明することがほとんどです。借金などの相続は法定相続人のみが引き継ぐことになります。場合によっては相続放棄した方が、負担が減るケースもありますので、早急に判断せずに十分な情報収集が必要となります。

次に相続人の確認です。民法による法定相続人は第1に配偶者と養子を含む子、第2に父母など直系の尊属、第3に兄弟姉妹ということになります。法定相続人が亡くなっている場合は、その子が該当するので、実際はもう少し複雑になります。

最後に不動産の相続についてご説明します。故人の不動産の名義変更には、相続人全員での話し合い、すなわち「遺産分割協議」が必要となります。必ずしも全員が集まるということではなく、ある相続人の提案を他の相続人が承認するという形をとることも可能です。

さて、実際に相続についての諸々が決定すると、当然発生してくるのが相続税ということになります。金銭や土地の他にも故人の遺品なども分配、整理が必要です。そこで、積極的にご活用いただきたいのが買取です。

カメラや各種機器、インテリアや趣味で集めた骨董品などはございませんか。碁盤や絵画、マイセン磁器でも結構です。遺産相続の際は、自分に必要ないと処分してしまう前に、ぜひとも弊社の買取をご利用ください。

>> 生前贈与で骨董品や書画をもらって現金化したいなら買取!
  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。