自動車税滞納した場合には買取を!

自動車税

自動車税についての悩み

毎日通勤で、もしくは休日になると乗っている自動車の税金について悩んだことはありませんか。自動車はとても便利な乗り物ですが、決まった時期に自動車税を払わないと、継続して乗った場合に困ったことになります。自動車税を滞納すると督促もやってきます。また、自動車税を払っていない場合に、車検がくるとそれも問題になります。今回は、そんな自動車税を滞納した場合の問題点を紹介しましょう。

自動車税の納付書は毎年送付

自動車税は車を持っている人が毎年払う義務があります。それには毎日乗っているとか、たまの休日しか乗っていないとかは関係ありません。その年の4月1日に車を持っていた人に対して、翌月の5月1日になると納付書が送付されます。そして、5月末日までに納付しないといけません。そのため、前年に自動車を購入した人は、翌年になって突然自動車税の納付書を見て、びっくりしてしまうこともあります。確かに車を購入する際にはそんな説明を受けたような気がしても、すっかり忘れてしまいます。すると、突然何万円も用意しないといけないので、滞納してしまう人もいます。

自動車税の滞納の年利は高い!

実は、自動車税の滞納金はかなり高額で、納付期限から1ヶ月までなら年利7.3%です。1ヶ月を超えて滞納してしまうと、さらに利息は増えて年利14.6%になります。これは、かなりの負担額になってしまいます。また、自動車税と軽自動車税の税金の金額は、1リットル以下の総排気量の車の場合は29500円で、2リットル以上の場合は45000円です。これだけの金額が一度に請求をされて、しかも、月末までに払えといわれると困ります。しかも、納付書が送付されてから届いて納付期限までは1ヶ月もないのです。これに滞納税の年利がかかると、やっと払う頃には相当な金額になっています。

自動車税の遅滞金には買取査定でお金を用意!

ただし、自動車税の納付金額は、総排気量のリットルで決められているので、毎年同じ金額になることが多いです。そのため、送付者である自動車税の管轄事務所も、納付書を送付するのは5月でも、金額は毎年同じなので持ち主も了承していると判断します。この理由から、納付期限を少しでも過ぎると滞納税が増えるのです。

このように、自動車税を滞納した人で、遅滞税を少しでも減らすために、一刻も早く支払いたい人は、弊社の買取査定を利用してお金を用意しましょう。そして、持ち物を査定して、すぐに現金化して自動車税の滞納を支払いましょう。それには、弊社の買取査定なら、さまざまな商品に対応しているので、どうぞ、利用して下さい!

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。