株式投資、投資信託購入の為に買取のご利用を。

株式投資

日本人は貯蓄をするお国柄だ、と言われ、日本の家庭の「平均貯蓄額」は1000万円を超える、とニュースでよく報道されています。
これだけ見ると、ほとんどの家庭で1000万円貯蓄があるような気がしますが、もちろん実際にはこういった場合の数値は 平均値ではなく、「中央値」で見るべきですね。
つまり、「分布」の表を作成するべき議題なのです。この視点で見ると、日本の平均家庭の現在の貯蓄額は420万円といったところだそうです。
皆様のご家庭では、いかがでしょうか?
さて、この数百万円の現金貯蓄ですが、今現在、定期預金で貯金していてもほとんど利子がつくことはありませんね。
ですから、皆様その一部を株式投資や、投資信託に回されるという方も多いかと思います。
一般家庭の株式投資で一番多いパターンは、有名な企業の株を購入し、「株主優待」を受け取るというものがあるようです。
たしかに、大きく損をしない優良企業の株を少しだけ持ち、食事券やホテルの優待など、豊富なサービスを受けるという楽しみは、 格別なものがあるのかもしれません。
しかし、こうした一件安全なやり方にも、リスクはあります。
有名企業というのは、もともと「有名税」のようなもので、実際の価値よりも多少上乗せした価値が株価にあるものです。
ですので何かリコールや食中毒など問題が発生した時に、一気に値が暴落する危険性が実はあるのです。
ですので、株式投資に回す金額のうち、こうした超有名企業へ回す金額は4割程度にとどめ、後の6割はキチンとした配当狙いの買いに回した方が賢いやり方です。
配当重視の買いというのは、しかし素人には難しいものです。
ですので、残り6割はよりプロフェッショナルに任せた、投資信託へ、というのが安全でしょう。
投資信託の選び方としては、だいたい7年ほどを基準として終了する投資を選ぶこと…あまりにも長すぎたり、短すぎるものはやはり良くないようです。
そして、最近では信託報酬が安価なタイプの、インデックスファンドが人気のようですね。
こうしたものを上手に利用して、家庭の現金貯蓄の一部を少しづつ増やし、その分で家族旅行に行くなどして楽しむ。これが理想の形でしょう。
さて、その投資に回す支度金なのですが、全てを現金貯蓄から支出しなくても良いのです。
どうするかといえば、毎年行うお買い物。
このお品物の中で、もう使用しなくなるものがありますよね?
そうしたお品物は、価値が落ちないうちに、すぐに買取業者に売却しましょう。
そして現金化した現金を投資に回すのです。
それにより、更に家計の利潤率は増加することになります。
こんな賢い投資術、やらない手はないですよね!是非、安心の法人企業である弊社を存分に利用して頂き、資産を増やして、年に一度の贅沢な家族旅行、皆様で楽しくいってらっしゃいませ!

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。