半自動溶接機買取

半自動溶接機を買取

半自動溶接機を売りたいという方がおられましたら是非当社にご連絡ください。
半自動溶接機は、なかなか個人では使用しないので、なかなか売りづらいことも多いと思います。たとえば、半自動溶接機をリサイクルショップにもって行っても、買いとってもらえないということが多いです。だからといって、やはり半自動溶接機は高価な品だと思うので捨てづらいということもあるでしょう。
しかし、当社では半自動溶接機などの、高価・重量の品を丁寧な査定をさせていただいて、買いとらさせていただいております。
もし、査定をしてほしいという方がおられましたらご連絡いただければ、できる限り迅速に駈けつけさせていただきます。
査定の結果、作動しないなど状態があまりに悪いという場合に限っては買い取りを拒否させていただきますので、申し訳ございませんがご了承ください。
逆に、高価買取ができるという場合もあります。それは、取扱説明書などの付属品が残っている場合です。中古市場においてこうした付属品というものは大きな価値があります。なので、当社といたしましても、こうした価値を考慮させていただいた上での査定をさせていただいております。
これは半自動溶接機に限ったことではなく、すべての中古機械において同じことが言えます。
もし査定や買い取りに関することで、疑問や不安なことがあればお電話やメールをしていただければ、できる限りその疑問や不安を取り除くことができるように努力させていただきます。
どうぞお気軽にご連絡ください。

無料査定はこちら

半自動溶接機の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様が半自動溶接機を弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
※売却の前に、購入年・製造年・メーカー・型式・中古の場合は大まかな稼働時間をご確認下さい!
■付属品
取扱説明書
トーチ
レギュレーター
軟鋼用フラックスワイヤー
コレクトチップ
ヒューズ
二次側延長
一次線
アース
アースクリップ
CO2メーター
電源コード
チッピングハンマー
ワイヤーブラシ
ホースバンド
などはありますでしょうか?(査定に影響します。)
「状態、不具合の有無」
〈電源の不良〉
・電源プラグをコンセントに差し込み、正常に電源スイッチをオン/オフすることが出来ますか?
・電源が切れやすい、また出力に異常があることはありませんか?
〈溶接の不良〉
半自動溶接機 溶接の不良
・接触に問題がないにも関わらず、アークが出ない事はありませんか?
・溶接条件を正常に満たし、溶接が可能でしょうか?
・不純物の付着がなくても、電気の通りが悪い事はありませんか?
・母材への熱影響が高すぎることはありませんか?
〈ワイヤーの不良〉
半自動溶接機 ワイヤーの不良
・ワイヤーは正常に供給されますか?
・ワイヤーはしっかりと装着が出来ますか?
・ワイヤースピードに異常はありませんか?また調整が可能でしょうか?
・ワイヤーリール、ローラーに破損はありませんか?また動作に異常がありませんかご確認下さい。
・トーチコード内にワイヤの引っ掛かりや詰まりはありませんか?巻き直すことが出来ますでしょうか?
・ワイヤーリールに正常にワイヤーを巻き直す事が出来ますでしょうか?
・ノズルやチップに異常はありませんでしょうか?またスパッタ等の付着はありませんか?
・トーチへのノズルやチップ取付/取外は正常に行えますか?
・トーチ内にガイドスプリングが正常に収まりますか?
〈電流の不良〉
・出力電流の調整は正常に出来ますでしょうか?
・アークの出力が弱くありませんか?また、アークは安定しますでしょうか?
〈スイッチ/ランプの不良〉
・各スイッチやダイヤルは正常に作動しますか?また破損はありませんでしょうか?
・各切替スイッチによる設定が正常に行えますか?
・運転ランプは正常に点灯しますか?またランプの消耗状態はいかがでしょうか?
〈部品の破損/汚損〉
・機体にヘコミや変形、目立った傷のある箇所はありませんか?
・汚れの固着、ベタつき、変色、塗装剥がれはありませんか?
・各取付部はしっかりと取付られ、ネジ等の緩みはありませんでしょうか?また機体は水平に固定され設置が出来ますか?
・リングナットに緩みはありませんか?
・運転用ハンドルに破損はありませんか?しっかりと機体に固定されていますでしょうか?
・排気口にホコリや汚れの詰まりはありませんでしょうか?
・機体から異常音や振動はありませんか?
〈接続の不良〉
半自動溶接機 接続の不良
・各コードはしっかりと接続が可能でしょうか?また変形や亀裂等の破損がなく、緩みや自動脱落の発生、また導線部の露出はありませんか?
・漏電や絶縁抵抗に異常がありませんかご確認下さい。
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

高価買取のポイント
以下に、半自動溶接機の高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※半自動溶接機を買い取るにあたり、重視しているのが作業効率です。そのため、効率が低下していないか?溶接が正常に行えるか?
が、高価買取のポイントなります。
大抵は問題が無い事が多いのですが、半自動部分の材料の自動供給が正常に行えるかのチェックをして下さい。
溶接に関しては溶接の始まりと終わりに不具合が多くなっていないか?なども高額査定のポイントとなりますので、そちらも併せて確認してみて下さい。
また、付属品としてフラックスワイヤーやノズルなどもあると高査定となりますので、お手元にありましたら同梱いただきますようお願い致します。
■買取り前の清掃注意事項
*ボルト部に汚れが付着していませんか?
油汚れ等の落ちづらい汚れはアルコールを使って清掃をお願いします。
錆びて動きが悪い場合は潤滑油を少し吹きつけて錆汚れを落として下さい。
潤滑油を使用時は回りにかからない様に厚め紙等で防ぎながら作業をお願い致します。
*ツマミ部の清掃はお済ですか?
アルコール等を使って全体を清掃して汚れを落として下さい。
汚れを落とした後は、必ずツマミを元の設定に戻して下さい。
こちらを忘れて電源、作動致しますと故障の原因となる事が御座います。
必ず忘れない様に最新の注意を払って清掃を行って下さい。
*ケーブルに汚れが付着していませんか?
溶接機は高温になる為ケーブルにキズや損傷を与える事がございます。必ずケーブルにめくれや焼け等の損傷が無いか確認してから清掃を行って下さい。
ケーブル類はアルコール等を使用せずに、乾いた布または固く絞った布巾で清掃をお願いします。
損傷部位は触れずにそのままでお願いします。
落ちづらい汚れの場合は無理せずに簡単に落とせる汚れだけ落として清掃を終えて下さい。
*ラジエター内部に汚れが溜まっていませんか?
内部の冷却水の色に変化が御座いましたら冷却水の交換をお願い致します。
交換清掃時は必ず漏れなどが無いか確認し入れ替えをして下さい。
冷却水は指定された物を使って下さい。
*エンジン内部に汚れが付着していませんか?
エンジンオイルの色とオイルの量の確認をし、どちらかに異常が御座いましたら交換をお願いします。
一度では汚れが落ちづらいので2〜3回入れ替える事をオススメします。
エンジンオイルは環境に適したオイルの使用をお願い致します。
交換後にオイルの量が適切か確認をし、多すぎる場合は必ず抜いて調整をお願いします。
*マフラーに異物が詰まっていませんか?
マフラー内部に水や砂等の異物の確認が出来ましたら清掃をお願いします。
錆やエンジンの動作に影響を与える為水は必ず抜きとりをして下さい。
マフラー表面の清掃時は錆などの劣化が無い場合のみ清掃をお願いします。
「半自動溶接機の宅配買い取り方法」
「半自動溶接機」は大型と小型の2種類があります。以下から選択をお願いします。
1)小型:縦、横、高さの三辺の合計が170cm以下で、重量が30kg以下の時は郵便局で扱っている「ゆうパック」をご利用願います。
2)大型:上記三辺の合計が170cm以上か、重量が30kg以上の時は以下の宅配業者をご利用ください。
「ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・福山通運」
「ゆうパック」は日本郵便と業務委託契約をされているコンビニの「ローソン・ミニストップ・セイコーマート」で利用できます。(店舗によっては取り扱ていない所もあります、確認されてのご利用をお願いします)

梱包:購入時の元箱がある時は、本体及び付属品を元箱に入れて梱包します。
元箱をプチプチで包み梱包が完了です。元箱がない時は本体と付属品が入る段ボール箱と、クッション材、プチプチを用意願います。段ボール箱は「ゆうパック梱包材料」として数百円で幾つかのサイズを「ゆうパック」取扱店で販売しています。
本体及び付属品をそれぞれプチプチで包みま、段ボール箱に入れます。段ボール内部の隙間が開いているときはプチプチや段ボール紙や新聞紙で詰め物とします。
装置が大型で梱包などが出来にくい物の時は宅配業者「西濃運輸」と相談ください。対応いただけることになっています。
*半自動溶接機の梱包注意点
■梱包前の注意事項
*半自動溶接機の本体に汚れが付着しいる場合は、汚れを落としておきましょう。
(汚れたままでも買取いたしますが、清掃して頂いた方が買取額がアップします。)
*取り外し式のトーチコードやコンセント類は本体から外して、絡まらないようモールやヒモなどでまとめて下さい。
*溶接ワイヤーを巻いたリールなどは、本体から取り外しておきましょう。
*取扱説明書やトーチ、ローラーなどの付属品が揃っているかご確認ください。
*オプション品がある場合、お譲り頂くオプション品をご用意ください。
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
*本体は特に精密で壊れやすいですので、プチプチで2重~3重に包んでください。
*取り外し式の車輪が付いている場合は、車輪を外してプチプチで包んでください。
(外れない場合はそのままでも構いませんが、車輪は壊れやすいですので丁寧にプチプチで保護しておきましょう)
*トーチの先端部やスイッチ部分は、壊れやすくなっていますので、プチプチで2重~3重に包んでおきましょう。
*ワイヤレスブラシ、リールなど、壊れやすい付属品は、各々にプチプチで包みしっかり保護してください。
*プチプチで保護した後、本体・付属品・オプション品・必要書類をダンボール箱に入れて発送してください。
*ダンボール箱に隙間が出来る場合は、丸めた新聞紙などを利用して隙間を埋めておきましょう。
*半自動溶接機は、重量があるものが多いのでダンボール箱の底を、十字もしくは「キの字型」にガムテープで固定しましょう。
■梱包時の注意点(元箱がある場合)
*半自動溶接機の元箱がある場合は、本体や付属品をプチプチで保護した後、元箱に収納してください。
*本体・付属品・必要書類などを元箱に入れ、元箱全体をプチプチで包み、その上に伝票を貼って発送してください。
*オプション品などがあり、元箱に全て治まらない場合は、大きめのダンボール箱に本体入りの元箱とオプション品を詰めてお送りください。
*プラスチック製のオプション品や、壊れやすいものは必ずプチプチで保護しておきましょう。念のためにプチプチを、2重~3重に包んでおくと安心です。
■発送時の注意点
*伝票には半自動溶接機が入っている事と、精密機械であることをご記入下さい。
*集荷スタッフの方に、精密機械が入っている事を伝え、取扱いに注意してもらいましょう。

無料査定はこちら

半自動溶接機の買取製品!

スズキッド

スズキッド
「スズキッドの買取対応製品」
SAY-80L2、SAY-80L、SAY-120、SAY-160、SAY-150N、SIG-140

アストロプロダクツ

アストロプロダクツ
「アストロプロダクツの買取対応製品」
MIG-100、MIG-130-A

パナソニック

パナソニック
「パナソニックの買取対応製品」
YD-180R5、YD-185STA、YD-355K-5、YD-350KF1、YD-350KR1、YD-200AA2、YD-190SL7、YM-160SL7、YM-350KR2

アネスト岩田

アネスト岩田
「アネスト岩田の買取対応製品」
WG3010

ダイヘン

ダイヘン
「ダイヘンの買取対応製品」
UPTM-1604、DP-350、CPV-350、CPXG-500、CPTM-1802、CPXS-350、D-12000G

ミナト工業
ミナト工業
「ミナト工業の買取製品」
アポロMAXマン160

大電
大電
「大電の買取製品」
ムーブ200

育良精機
育良精機
「育良精機の買取製品」
IS-H100SA、IS-SA130P

松下電器
松下電器
「松下電器の買取製品」
YD-160R5、YD-356K5

National
「Nationalの買取製品」
YD-350HF

日立
日立
「日立の買取製品」
DR-SA

リョービ
リョービ
「リョービの買取製品」
SAW-80、SAW-120

お客様の体験談

半自動溶接機を高く買取りしてもらえました!
この度経営が上手くいかなくなり、最悪の状況になる前に工場を閉めることにし、半自動溶接機を買取りに出すことにしました。
まだ購入して1年も経っていないもので、今後の生活のこともあるのでできるだけ高く引きとってもらいたかったのですが、状態も良く需要の高い商品ということで、期待していた以上で買取りしてもらえることになりました。
実際に工場に来てもらうこともできて、その他の工具なども高く買取りしてもらえたので、本当に感謝しています!

宅配買取で半自動溶接機を買取りしてもらいました
できるだけ高く半自動溶接機を買取りしてくれる買取店を探していましたが、インターネットで調べていると、どこよりも高く溶接機を買い取ってくれるというサイトが見つかったので問い合わせてみました。
電話で溶接機の詳細を伝えるとすぐに無料で見積もりを出してくれて、金額に満足できたので宅配買取で対応してもらいました。
配送料も必要なく、すぐに指定した口座にお金が振り込まれてきたので、安心して取引することができました。
是非また利用したいと思っています!

半自動溶接機のリユース事情

半自動溶接機は、工場内で使用することが多く、なかなか買い取りを行っているリサイクルショップがありません。その点、弊社ではありとあらゆるものの買い取りを行っておりますので、半自動溶接機の買い取りも行っております。
どこで売れるのか分からなかった方が、弊社で売ることによって、現金化できて良かったというように大変喜ばれております。また、リユース品も中古市場で人気があり、リユース品をお求めになる方たちも多くなっています。

半自動溶接機の素晴らしさ

アーク溶接の一種である、半自動溶接機。非常に長いワイヤーを使うのが大きな特徴です。アークのシールド材として、アルゴンや炭酸ガスを用い、溶接することができます。ワイヤーもガスも連続的に長時間、供給することが可能なので、手棒溶接と比較すると能率が圧倒的に高くなっています。
生産性が非常に高くなっている半自動溶接機は風に弱いため、屋外での使用には向いておりませんが、現在も様々な工場内などで、大活躍しております。

「半自動溶接機とは?」
溶接材として非常に長いワイヤーを使用し、溶接を行う機器です。溶接材料としてワイヤー、アークのシールド材としてアルゴンや炭酸ガスを用います。溶接材料は自動的に供給されますが、基本的な操作は手作業であるために、半自動アーク溶接とも言われます。

 

電動工具高価買取