ランディングネット買取

ランディングネットを買取

全国に釣りファンはたくさんいらっしゃるでしょう。
釣竿やリールと共に、ランディングネットも日本全国の漁場をあちこち訪問される方達には必須のアイテムでしょう。
今は必要なくなったランディングネットをそのまま保管しておられる方がいらっしゃいましたら、是非弊社に売却して頂けたらと思います。
最近忙しくて釣りにもいけない方、新しいランディングネットを購入されて必要なくなった方など、あちこちで誰にも使われていないランディングネットがホコリをかぶってはいないでしょうか? 釣りを今から始められる方、今までランディングネットがなくて中古で購入しようかと考えておられる方もたくさんいらっしゃいます。
必要ない製品は是非お早めに弊社に売却されて、効率的にリユースすることができたらと私共は願っています。
日本全国の釣りファンの皆さん、身の回りに必要なくなった釣り用品はありませんか? ありましたら是非お気軽に弊社にご連絡ください!

無料査定はこちら

ランディングネットの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がランディングネットを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
ナイロンカバー は、ありますか?
「状態、不具合の有無」
実際釣りで使用しておられましたか?
いつ頃購入されましたか?
汚れてはいませんか?
網が破れたり伸びたり、破れそうになったりしていませんか?
網が曲がったり歪んではいませんか?
持ち手部分が外れたり、剥がれたりしてはいませんか?
キズがついてはいませんか?
穴が開いた後に縫い付けている部分はありますか?
手元の紐が外れたり、切れたりしてはいませんか?
網が伸びたり、擦り切れたりしてはいませんか?
色が剥がれたり色あせたり変色してはいませんか?
網の穴が大きくなってはいませんか?
網のスタイルやバランスが崩れてはいませんか?

ランディングネットの高価買取のポイント
新品に近いほど、高額査定が出やすくなります。
不要になれば一刻も早く買取りに出すことが、高価買取のポイントです。
状態が良い使用頻度の低いモノには高額査定が付きやすくなります。
ダイワなどの有名メーカーの商品は、需要が高い分高額査定が出る可能性が高くなり ます。
査定に出す前にはしっかりと状態を確認して、汚れがあればキレイにすることで、買 取金額をアップさせることができます。
丁寧に取り扱ってきたモノには、高額査定が付きやすくなります。
ランディングネットの査定の申し出と違う事例
・電話で聞いたのとは異なるメーカーのモノが届いた。
・傷は一切ないといっていたが、目立つ傷が付いていた。
・持ち手部分が剥がれていて変形していた。
・手元の紐が外れていて、全体的に劣化が目立っていた。
・網のスタイルが崩れていて、全体的にバランスも悪くなっていた。
・網が擦り切れていて、査定金額を下げて対応するしか買取りできる方法がなかっ た。
・キレイに掃除をしてから発送すると言っていたが、ホコリを被っていて、簡単に落 とせる汚れもたくさん付着していた。
「ランディングネットの宅配買い取り方法」
ランディングネットの宅配買取り方法は、佐川急便さんなどの宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

ランディングネットの買取製品!

プロックス

ランディングネット プロックス

「プロックスの買取対応製品」
PX70415CRK
PX70419CRK
PX8932PK12
PX8932WC12
PX70412CB
PX70412CR
PX703224K
PX703224R
PX703228K
PX703228R
PX81820BO
PX93012CB
PX93012CR
PX93015CB
PX93015CR

ダイワ

釣具のトップメーカーとして有名なダイワ。リールやロッド以外にエサや針など小物類のラインナップにも力を入れており、特にラインやルアーなどは専門メーカーに匹敵するほどの揃えがあります。
「ダイワの買取対応製品」
ワンタッチランディングネット
カープランディングネット
ワンタッチ渓流ダモ
渓流ダモMS II
渓流ダモV
鮎ダモ SF 3910
鮎ダモ SF 3915
鮎ダモ-V
鮎ダモMS競技SP
鮎ダモSF3915F
鮎ダモSF競技SP3610・J/3910・J
鮎ダモT3630/3930
鮎ダモ荒瀬3650II

キャップス

「キャップスの買取対応製品」
ブローディン ランディングネット プロシリーズ
ブローディン ランディングネット ストリームベースシリーズ
ブローディン ランディングネット ゴーストシリーズ

ゴールデンミーン

「ゴールデンミーンの買取対応製品」
キャッチネット
オーシャンネット カスタム
ウェーディングネットカスタム ラバーネット リミテッドモデル
キャプチャーネット
GM スペアラバーネット・ディープタイプ
ウェーディングネットカスタム
UTネット
SQネット
ガンナーネット ジュニア
ガンナーネット

「ランディングネットとは?」
ランディングネット
ランディングネットとは、釣りの際に釣った魚をすくうために使用する網で釣り具の一種です。
たも網といえば、お分かりになる方も多いかもしれません。
網の部分は魚をすくいやすいように袋状になっているものがほとんどで、棒状の部分は木や竹で出来たものもありますが、 現在の主流は炭素繊維や金属で出来ているものになります。
網の部分は脱着出来るものもありますし、柄の部分は短いものや長いもの、伸縮が自在になっているものもあります。
通常の釣り具としてランディングネットを使用する際には、釣った魚をすくい上げたり、網に入ってきた魚をすくい取るといった 使用方法をしますが、中には網の中に魚を追い込んですくいとるといった方法をと る漁業もあります。
網を引っかける部分には、円形・三角形・半円形・楕円形などさまざまな形があり、使いやすさや釣りの目的、魚などによって 使い分けている方もいらっしゃるようです。
網自体の歴史は大変古いのですが、生産が活発化したのは江戸時代と言われており、明治時代の中期までは、手作業でつくられていました。
工業としての生産が盛んになったのは大正時代に入ってからになります。
ランディングネットとして広まり始めたのは、釣りがレジャーとして普及し始めてからです。
例えば、ダイワのランディングネットはどうしても邪魔になりがちなフレームの部分を折りたたむことが出来る設計にしたことで、 ベルトに通し、腰に下げて持ち運ぶことが出来るため、魚が釣れた 際には取り出すだけで、形状記憶のフレームがすぐに広がって魚を すくいあげる際にも手間取らないものありますし、ラインが擦れて切れてしまうことを防ぐために、ナイロン素材を使用したりといった ランディングネットもあります。
またプロックスのランディングネットはこれまでの金属製の弱点であった、太陽熱の吸収を防ぎ、釣り上げた魚を傷めてしまうことを 避けるために、軽量のクリアラバーネットを採用しています。
各メーカーがアルミ製の軽量なものであったり、バス釣り用のロングネットのランディングネットを販売していますので、狙っている 魚に応じて、ランディングネットを使い分ける方も増えているようです。

無料査定はこちら