EAR買取

EARを買取

EAR社は1976年イギリスに誕生した音響機器メーカーですが、製品一つ一つを熟練の職人が手作業で作成し、世界最高水準とされる製品を生み出す希少なメーカーとして世界中から高い評価を受けています。

そのデザイン・制作を行う天才エンジニアTim de Paraviciniによる製品は、多くが真空管を使用されており、アナログ音源再生の最高峰と言われています。

弊社ではそのEARの真空管アンプの買取に力を入れており、日本ではほどんと市場での取引はない希少な真空管アンプですが、EARの真空管アンプの評価や今後の需要を見越して、積極的に買取を行っています。

もし、ご自宅や職場に使用していないEARの真空管アンプがあれば、ぜひ弊社にご連絡いただければと思います。

特にハイエンド仕様の音響機器は使用しないだけでも不具合が生じますので、使用しないのであれば、次の持ち主に使ってもらうことで有効に活用できます。

ぜひ弊社にその橋渡しをさせていただければと思います。

無料査定はこちら

EARの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がEARを弊社に仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
「状態、不具合の有無」

購入時の外箱や保証書は全てきれいな状態で保管されていますか?

取扱説明書やリモコンなどの付属品で欠けているものはありませんか?

交換用真空管などの別売オプション品や交換部品で同時にお売りいただけるものはありませんか?

アンプ本体にキズや汚れがあるなど、外観上の問題はありませんか?

音割れがおこってしまう、起動しないといった動作上の問題はありませんか?

購入からどれほどの期間が経過した製品ですか?

設置されていた環境は主にどういったものでしたか?

清掃や部品交換などのメンテナンス、アンプ全体のオーバーホールは定期的に行われていましたか?

無料査定はこちら