アルトリコーダー バロックピッチ買取

アルトリコーダー バロックピッチを買取

リコーダーは日本語では縦笛と呼ばれており、学校で音楽の授業に使われていることも多いため、とてもなじみ深い楽器だと言えるでしょう。

そんなリコーダーにもいろいろな種類があるのですが、比較的有名なのがアルトリコーダーです。

弊社でもアルトリコーダーの買取は行っているのですが、その中でもバロックピッチと呼ばれている種類のアルトリコーダーの買取に力を入れています。

バロックピッチのアルトリコーダーは本格的な楽器になっているので、一般的なリコーダーよりも高い価格で取引されているのが一般的です。

そのため、買取依頼をする場合でも、高額買取できることも珍しくはありません。

アルトリコーダーは口をつけて演奏をする楽器なので、口の部分が汚れていると、当然購入したいという気にはならないでしょう。

きちんと清掃を行うと共に、ひび割れている箇所がないかも確認をしておく必要があります。

ひびが入っていると、音が漏れてきちんと演奏できなくなってしまうので、このようなアルトリコーダーは、バロックピッチであっても買取はできません。

無料査定はこちら

アルトリコーダー バロックピッチの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がアルトリコーダー バロックピッチを弊社に仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
「状態、不具合の有無」

シミになっている箇所はありませんか?

ひび割れしている箇所はありませんか?

嫌な臭いがすることはありませんか?

正しく音を出すことはできますか?

ささくれている箇所はありませんか?

ケースはきれいな状態で保管してありますか?

無料査定はこちら

高価買取のポイント

バロックピッチのアルトリコーダーはアルトリコーダーの中では高額な楽器になりますので、中古品でも状態の良いものなの購入したいという声も多く弊社でも買い取りに力を入れています。

特に竹山木管楽器製作所のものは高額で取引されており、使用しないものをお持ちの場合は是非1度弊社の無料買取査定を受けてみてはいかがでしょうか?

その際、アルトリコーダー本体に傷や汚れ、変形や割れがないもの、ピッチが正確で本質・音階に不具合がないもの、保管用ケースや品質保証書が完備されたものは査定評価が高くなります。

また、定期的にメンテナンスを行ない、必要があればリボイシングを行っていただけると、アルトリコーダーを良い状態に保つことができ、結果として査定評価をあげることができます。

逆に変形があるもの、ウインドウェイに汚れやカビが発生しているものは、査定評価がかなり低くなるか、買取できない場合があります。