風速計買取

風速計を買取

風速を測定する装置である風速計。簡易タイプからきちんとしたものまで、幅広く展開されていますが、もし不要になった風速計があるなら、弊社への売却をお考え下さい。

様々な製品がありますが、どのようなタイプでも弊社では買い取りを行なっております。
「このようなものが本当に売れるのだろうか?」 「古い製品だけど大丈夫?」 「査定額に納得いかない場合には返却されるの?」 など疑問もあるかもしれませんが、そのような場合には、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

あまりにも状態が良くないものや古すぎて買い取りができない場合、査定額にご満足いただけない場合は、お客様からお預かりした品物をスムーズにお返し致しますので、安心して頂ければと思います。

弊社は年中無休で営業しておりますので、「売りたい」と思われましたら、そのタイミングでご連絡頂ければ幸いです。宜しくお願い致します!
風速計

無料査定はこちら

風速計の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
売る前に、メーカー・製品名・新品?中古の場合はお使いになられていた大体の期間などを把握されておいて下さいませ。
■付属品
プロープケーブル
USBケーブル
キャリングケース
取扱説明書
肩掛けケース
ACアダプター
延長棒
プロープケーブル
予備プロープ
プリンターロール紙
通信ケーブル
計測ソフトウエア
※上記、付属品は査定に影響しますので、全て有るかのご確認お願いします。
「状態、不具合の有無」
〈外部の状態について〉
風速計
・各部に傷などの損傷はありませんか?
・ひび割れや折損、変形はありませんか?
・直射日光による色あせや、汚れによる黄ばみはありませんか?
・黒ずみや錆び付きはありませんか?
・ガイドや目盛りが消えていませんか?
・グリップが摩耗していませんか?
・保護キャップに損傷がなく、正しく固定出来ますか?
・各取付け部に脱落や緩みはありませんか?
・操作ボタンに剥離や変形はありませんか?
〈プローブについて〉
風速計
・プローブに折損や変形はありませんか?
・プローブや表示の回転部は円滑に回転しますか?
・プローブの向きを正しく調整出来ますか?
〈ベーン式について〉
風速計
・プロペラにひび割れや折損、変形はありませんか?
・プロペラがスムーズに回転しますか?
・コネクタに緩みや断線はありませんか?
〈電源について〉
風速計
・電源スイッチのON/OFFが行なえますか?
・液晶画面や運転ランプは点灯しますか?
・電源が切れやすくはありませんか?
〈ディスプレイ・操作について〉
風速計
・液晶画面に破損はありませんか?
・液晶画面の誤動作や表示不良はありませんか?
・デジタル表示に表示ムラはありませんか?
・表示切替が正しく行なえますか?
・各スイッチは正しく動作しますか?
・設定が正常に行なえますかご確認ください。
〈計測について〉
・計測が正しく行なえますか?
・センサの感度が鈍くなっていませんか?
・ダクト断面積の設定が正しく反映されますか?
〈バッテリについて〉
・バッテリボックスに液漏れや汚れはありませんか?
・バッテリーカバーは正しく固定出来ますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

■買取り前の掃除の注意事項■
*風杯型の製品は、破損や損傷に注意して本体の拭き取りをして下さい。
*外部メモリーが接続できる製品は必ず清掃前に取り外して下さい。
*プローブは曲げたりしない様に丁寧に汚れの拭き取りをお願いします。
*乾電池を使用してる場合は、必ず清掃前に取り外して液漏れなどないか確認し、必要に応じて清掃をして下さい。
*専用ケースの材質に合わせて、固めに絞ったタオルか乾いたタオルで拭き取りして下さい。
*防水タイプの製品でも直接水を掛けて清掃は行わないでください。
「風速計の宅配買い取り方法」
風速計の宅配買取り方法は、普段良くお使いになられます運送会社の宅急便をご利用下さいませ。
*風速計の梱包注意点
■元箱が無い場合
・ACアダプターや伸縮性プローブなど、本体から取り外しできる付属品は全て取り外してください。
・コード類は、それぞれ結束帯でまとめてください。
・プローブは、プチプチで包んでください。
・本体の液晶部分には、厚紙か布を充ててください。
・次の本体全体をプチプチで3重以上に包んでください。
・本体がケースと一体型の製品は、ケースをしっかりロックし、ケース全体をプチプチで3重以上に包んでください。
・専用ケースと本体との間に、少しでも隙間が出来る場合は、緩衝材を入れてください。
・取扱説明書や公正証書は、ビニール袋に入れてください。
・本体にキャリーケースがある場合は、本体をケースに入れ、しっかりロックをしたうえで全体をプチプチで包んでください。
・ダンボール箱をご用意いただき、本体や付属品や必要書類を入れてください。
・ダンボール箱の底面・本体との間に出来る隙間や上の部分に丸めた新聞紙などの緩衝材を入れてください。
・ダンボール箱が動いた時に、中の製品が動かないようにしっかり緩衝材を入れてください。
■元箱がある場合
・購入した時に使用されていた緩衝材で、本体と付属品を包んでください。
・緩衝材が無くなっている場合は、丸めた新聞紙やプチプチで代用してください。
・元箱を用意し、本体・付属品・必要書類を入れてください。
・元箱全体をプチプチで3重以上に包み、弊社にお送りください。

無料査定はこちら

風速計の買取製品!

日本カノマックス

風速計

風速計・熱線流速計・騒音計・粉塵計などを製造・販売する計測機器メーカー。
「日本カノマックスの買取対応製品」
6501-00、6501-A0、6501-B0、6501-C0、6035-00、6035-A0、6035-B0、6035-C0、6036-00、6036-A0、6036-B0、6036-C0、6006-00、6113、6114、6115、6141、6821、6162、2005、6244

テストー

風速計

環境計測技術における世界のリーディングカンパニー。
「テストーの買取対応製品」
testo 405、testo 410-1、testo 410-2、testo 416、testo 417、testo 425、testo 510、testo 512

ユーロトロン

風速計

「ユーロトロンの買取対応製品」
VT-100、LV-101

オメガエンジニアリング

風速計

測定機器や制御装置などを製造販売するメーカー。
「オメガエンジニアリングの買取対応製品」
HHF91、HHF92A、HHF11A、HHF142、HHF2005、HHF803、HHF802、HHF82、HHF81

お客様の体験談

レンタルしていた風速計を買取してもらいました
レンタル業をしています。
新製品をいくつか導入して、既存の物をいくつか処分することにしました。
きれいに使われていたので中古でも売れるだろうとあちこち調べてみました。
一番高く査定してもらったので、こちらで買取をお願いすることにしました。
査定も高く対応も親切で、口座に入金までとてもスピーディーだったので、満足しています。また利用したいと思っています。

新しい風速計を購入して、古いものを買い取ってもらいました
設置していた風速計を新しい物に変えました。まだ十分使えるものなので捨てるのももったいなくて、中古で売れるかなとあちこち調べていました。
風速計も買取できるというところを探して、査定を申請しました。3台まとめて買い取ってもらうことにしました。
捨てるしかないと思っていたので、なんだか得した気分でした。
最近中古の店が増えてきたようで、リサイクルが普遍化してきたんだなと思いました。

風速計のリユース事情

弊社では、簡易なものから高機能・高性能な本格的なものまで、様々な種類の風速計の買取りを行っていますが、弊社がそれらをリユースすることにより、できるだけ安く目当ての風速計を手に入れたかった人たちを喜ばせることができるようになります!
風速計は航空機や漁船などの運行の他にも、いろいろな業界で必要不可欠なものとなっていて、陸上やスキージャンプなど、それがなければ競技ができないようなスポーツ種目もたくさんあります。

風速計の素晴らしさ

風速計とは、その字の通りに風速を計るための測定器のことですが、それには測定方法の違いによっていろいろな種類のものが製造・販売されています。
また風速計にはハンディタイプのものから、山頂や測候所などに設置されている非常に大型のものまであり、その素晴らしさとは、瞬時に目に見えない風速を数字にして表示してくれるところです。
風速計は年々進化したものが開発されていて、より正確にいろいろな角度から計測できるように進化しています!

スタッフからのメッセージ

風力を測定する風速計には、誰でも使用できる簡易的な物から、業者が使用する本格的な物まで存在しています。
もちろんどちらでも買取は可能ですが、注意するべき点があります。
それはプローブと呼ばれる風力を測定する部分なのですが、変形しやすい部分なので、しっかりと点検しておきましょう。
弊社では大半のメーカー品を買取ることが可能です。

「風速計とは?」
風速を計る計測器です。ハンディータイプのものから、飛行場や山頂に接地される大型のものがあります。

無料査定はこちら