遮断器タイミングチェッカー買取

遮断器タイミングチェッカーを買取

電気を扱う現場においては正常動作地の負荷電力の開閉を行うとともに、事故電流の遮断をおこなうことにより事故が波及することを防止する開閉器である遮断器が必須です。

この遮断器の動作時間および三相不揃時間を測定するための装置が遮断器タイミングチェッカーです。

遮断器が正常動作をしない状況は大規模な事故に繋がりかねない非常に危険な状態であり、点検によりそれを未然防止する遮断器タイミングチェッカーはあらゆる現場において需要のある機器といえます。

しかしそれと同時に、日々用いるものではないため、レンタルで済ませている会社様なども多くいらっしゃいます。

また、より高感度のものに置き換えるためであったり、あるいは必要ではなくなったりなど、倉庫にしまわれていらっしゃることも多い機器です。

弊社ではこの流動的に需要が発生する遮断器タイミングチェッカーの査定及び買取も行っております。

もし持て余されている製品がございましたら、一度弊社の無料査定に出してみてはいかがでしょうか。

無料査定はこちら

遮断器タイミングチェッカーの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様が遮断器タイミングチェッカーを弊社に仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
「状態、不具合の有無」

擦れて印字されている文字が見えにくくなっていませんか?

電源はきちんと入りますか?

色褪せている箇所はありませんか?

使用中に本体が熱くなりすぎてしまうことはありませんか?

付属品やオプション品は揃えられていますか?

ダイヤルやボタンの操作は正しくできますか?

電池がすぐに切れてしまうことはありませんか?

無料査定はこちら

高価買取のポイント

遮断器タイミングチェッカーの中でも、特に高額でされているものとしては、双興電機の遮断器タイミングチェッカーが挙げられます。

もともとの価格が非常に高額ですが、取扱件数が非常に少なく、そのため正常に使用できる中古品であれば高額で取引されているのが実情です。

弊社でも双興電機の遮断器タイミングチェッカーの買取に力を入れています。

その際、すぐに使用できるように購入した際の付属品が全て揃っているもの、チェッカー本体に傷や汚れ、打痕などがないきれいなもの、取扱説明書や保証書などが完備されているものは査定評価が高くなります。

校正に出しているものであれば、最終校正日から日付が近いものほど査定評価が高くなります。校正(試験)正面のシールは離さないようにお願いします。

その他、オプション品のクランプセンサなど付けていただくと買取金額が高くなります。