PVアナライザ買取

PVアナライザを買取

新品、未使用品のみ買取可能。

太陽光発電システムの、発電機能である太陽電池アレイの性能を把握するために使う測定器です。

太陽電池アレイは普及とともに多様化しており、簡単に特性を確認出来ます。PVアナライザの多くは、簡単に操作でき持ち運びが可能となっているものが多く、現場に持っていって使えます。

液晶画面に、特性カーブを表示し、直感的に特性を把握できます。測定にあたっては面倒な設定なども一切必要なく、オート化されています。

製品によっては、測定したデータを内部メモリに保存し、必要なときに取り出せます。またパソコンに保存することも可能です。

ケーブルで接続すれば、パソコンでの計測やリモート操作も可能です。

もちろんバッテリーで動くので、現場に持っていく場合でも、電源を必要としません。

過電流・過電圧などの検知機能もあり、初めて使うような方でも、簡単に安全に使用できます。

もしも、現場や会社で使っており、不要となって片隅に眠っているようなPVアナライザがあれば、弊社にて買取させていただきます。

無料査定はこちら

PVアナライザの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がPVアナライザを弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
太陽電池接続用ワニグチ付き4線ケーブル
電源アダプタ
専用ケース
※上記、付属品はありますか?
「状態、不具合の有無」

高価買取のポイント

PVアナライザは太陽光発電の普及により、その発電量の計測に使用する為、ここ数年でかなりの需要が伸びている商品になります。

中でも、カーネル社製のPVアナライザは性能・使い勝手の良さから、人気が高く、現在高額で取引されている商品になります。

弊社でもPVアナライザの買取に力を入れています。
特に、カーネル社製のPVアナライザであれば、高額買取が可能なので、未使用品で使用する予定のないものであれば、ぜひ弊社にご相談ください

上記以外のPVアナライザでも買取は可能ですが、年式が新しいものや未開封品であれば、高額買取の可能性が高いので、売却するかどうか、迷っているのであれば、型落ちする前に早めに売却されることをお勧めします。

仮査定前の確認事項

PVアナライザを査定依頼する前に以下の点をご確認ください。

まず、メーカーと型式を確認してください。

未使用品であれば、開封せずに査定に出してください
開封してしまった場合、ケーブルや取扱説明書、保証書などが紛失していないか確認してください。

上記のものがない場合、中古品としての扱いになりますので、新品・未使用品であっても買取することはできません。

また、外箱やケースに汚れがあれば、取れるものはきれいにしていただくと査定評価が上がりますので、ご協力をお願いします。

査定依頼の際には、メーカー・型式と購入時期、未開封か開封済みか、保証期間がどの位残っているか等、正確にお知らせください。

無料査定はこちら

PVアナライザの買取製品!

PVアナライザ 日本カーネルシステム Gamma

日本カーネルシステム

太陽光発電システムに必要な装置を開発製作しているメーカー。
「日本カーネルシステムの買取対応製品」
Alpha
Epsilon
Epsilon1500
Gamma

無料査定はこちら