無線機テスターの買取

無線機テスター買取

無線機テスターとは?

無線機テスターとは?


無線機テスターとは、無線通信機器の電波を計測するために、さまざまなツールを集約させたシステムを言います。

かつての無線機テスターと言いますと、アマチュア無線機やとトランシーバーなどに代表されるように、用途が限られていましたが、昨今では携帯電話をはじめとして、さまざまな無線機テスターデバイスが世に送り出されています。

そして現代ではアナログ送受信だけでなく、インターネット環境も含めた、バリエーション豊かなデバイスにも対応できる、デジタル無線機テスターが主流となっています。

また、一般家庭でもIOTやAIをはじめとする、デジタル機器革命により無線デバイスは広がりつつあり、今後も大きな市場として期待されていると言ってよいでしょう。

このような世情を背景にしながらも、電気通信業者は減少の一途であり、その一方で無線機テスターの需要は高まっています。

今後さらなる市場の拡大は確実ですが、それに追いついていないのが実情なのです。

また、かつての無線機テスターの使用には、かなりの知識を必要とし、無線機器の専門家でなければ取り扱いが不可能でした。

現在でも無線機器に関する基本的な知識は必要ですが、ほぼ直感的に使用できるインターフェースを持っていると言ってよいでしょう。

近年開発されているデジタル無線機テスターは、タッチパネル式であり映像として取り扱いをダイレクトに行えます。

したがって測定するデバイスに対応する操作手順に従うのみなのです。

画面の案内に従っていけば、オペレーターの技量に関わらず、誰でも使える仕上りとなっています。

最新の無線機テスターの需要はとても高いものですが、古くからあるテスターもまた、高い人気を誇っています。

無線機は修理で何世代も使うケースが多く、無線機テスターのバージョンが古いものでも、十分に役立つものが多いのです。

もしも、古くなって使用していない無線機テスターがあるなら、一度査定に出してみてはいかがでしょうか? 

きっとびっくりするような値が付くでしょう。

無線機テスターを高価買取してもらうポイント

無線機テスターを高額買取するためには、見た目がきれいであることも当然重要です。

特に無線機テスターの画面に注意しなければいけません。

画面にキズが付いていると、大幅に買取価格が下がる場合もありますし、最悪買取不可能になることもあるでしょう。

買取依頼をするときには、きちんと清掃を行う必要もありますが、特に溝に入り込んだ汚れはしっかりと落とす必要があります。

後はできる限り早い段階で買取依頼をすることで、その分高い金額が付くことも珍しくはありません。

時間が経過してしまうと、無線機テスターも買取価格が下がります。

付属品類は必ず一緒に買取依頼をする必要があります。

付属品が欠けていると、かなり価格が下がることも珍しくはありません。

※無料査定フォームに入力される場合は、以下の様に無線機テスターの事を出来るだけ詳しく入力する事も高価買取のポイントです!
無線機テスター 入力フォーム参考

無線機テスターを買取したお客様の体験談

無線機テスターを買取したお客様の体験談

性能がよくて新しい無線機テスターが高く売れた(42歳:男性)

無線機テスターが欲しいと思って新しく購入したのですが、あまり好きなタイプではなかったので、もったいないですが買取を行うことにしました。
購入した店までは遠いので、返品するのは諦めていたのですが、問題はどれぐらい高く売れるかという点でした。
そこで評判のよいエコランドという業者で買取依頼をしたところ、新しくて性能がよいということもあり、思っていたよりも高い金額で買取することができたのです。
初めて利用したのですが、今度も売りたい無線テスターが出てきたら、利用したいと考えています。

古い無線機テスターも売れた(34歳:男性)

無線機テスターを新しい物に買い替えたのですが、古い方の無線機テスターまだ使える状態です。
何とか売れないかとオークションに出品したのですが、1ヵ月経過しても全く入札がありません
そこでインターネットを使い、無線機テスターを買取してくれる業者を探していたところ、エコランドという業者で買取してもらえることがわかりました。
早速査定依頼をしたのですが、返答も早かったですし、古い無線機テスターが思っていたよりも高い金額で売れたので満足しています。

代表的な製品

代表的な無人機テスターといえばアンリツで、型式はMS8608A・MS8609A・MS2690A・MS2691A・MS2692A・MS2630Aなどがあります。
他にもKIKUSUIの8800S・3550Rや2945B/2948B、3920Bなどもあります。

また安藤電気のAH-5433・AH-5432・AH5431・AH-5402もネットなどで取引されるほど需要も高く、代表的な無線機テスターとして人気があります。

付属品やオプション品

無線機テスターの付属品には、取扱説明書・保証書・電源コード・アダプター・ヒューズや内蔵バッテリーなどがあります。

オプション品には、内蔵バッテリー(スペア)・外部バッテリー充電器・トランジットケース・キャリングケース・シガーソケットアダプター・アンテナキットなどもあります。

付属品・オプション品はメーカーや型式によって違いがあるので、使用可能か注意しましょう。

無線機テスターの使い方

無線機テスターの使い方

無線機テスターの使い方は、まず最初に電源コードをコンセントに差し、電源を入れます。

電源を入れたら、電源が入った瞬間に無線機器の測定が可能なので、測定したいモードを選択し無線機テスター本体にてチューニングを行います。

パソコン対応している無線機テスターは、最初にパソコンにソフトをインストール後に、USBケーブル等でパソコンと繋いだ状態にしてから画面上で操作を行います。

測定したい種類によっては、アダプターが必要となり、繋げ方にも違いが出てくるので注意しましょう。

無線機テスターの修理方法

無線機テスターの電源が入らない、測定がおかしいと感じた場合は故障の可能性があります。
まずは電源を一度落とす、もしくはバッテリーを交換して、再度立ち上げて様子を確認してみましょう。
それでも状態が元どおりでない、おかしいと感じた場合には内部機器に異常が見られる可能性があります。
部品交換となる場合もあるので必ず、メーカーや購入店などに修理依頼を出すようにしましょう。