地盤支持力測定器の買取

地盤支持力測定器買取

地盤支持力測定器とは?

地盤支持力測定器とは

地盤支持力測定器のことを知る前に、まず地盤支持力について知っておく必要があります。
地盤支持力というのは、簡単に言えばどれぐらいの重さに耐えられるのかという数値になります。
よく地盤が緩んでいる、地盤が弱いという言葉を聞くことがあるでしょうが、地盤が弱くなっている場所や、地盤が緩んでいる場所に建物を建てると危険です。
しかし、人間が見ただけでは地盤が弱くなっているのか、地盤が緩んでいるのかを判断するのが難しい場合もあるでしょう。

そこでどれぐらいの重さまで荷重を支えることができるのか測定するために用いられているのが地盤支持力測定器なのです。
ちなみに支持力の最大値を極限支持力、地盤に作用させる荷重のことを許容支持力と呼んでいます。
許容支持力は極限支持力よりも普通は低く設定されているのが一般的です。
地盤支持力測定器はあまり一般の人になじみがないのは、不動産関係や建築関係以外の人が使用することがまずないからだと言えるでしょう。

地盤支持力測定器は、三脚を用いてその上に測定器本体を乗せて使用します。
使い方自体はそれほど難しいというわけではないので、ある程度慣れてしまえば誰でも使いこなすことができるでしょう。
ただし、数値の意味などを理解してしなければ、いくら操作や組み立てはできたとしても、使いこなせているとは言えません。
かなり専門的な分野になるので、まずは地盤に関することを勉強しておく必要があります。
それから測定器を使うというのが一般的です。

よく用いられている地盤支持力測定器は、簡易支持力測定器と呼ばれている種類で、誤差の制御などができるようになっているのが特徴です。
また、狭い場所や山間部などでも使用できることから、よく用いられている種類だと言えるでしょう。
ランマーと呼ばれている物を落下させることで生じた衝撃加速度によって数値がわかるような仕組みになっています。
ランマーには加速度計が内蔵されているので、衝撃加速度の測定が可能になっているのです。

地盤支持力測定器を高価買取してもらうポイント

地盤支持力測定器を高価な価格で買取してもらうためには、測定器自体に故障や不具合などがないことが重要なポイントです。

故障がなくても本体にキズや汚れがあったり、液晶画面の表示が良く見えなかったり破損などがないか、よく確かめて下さい。

三脚や収納運搬ケースなどの付属品もあるかチェックして下さい。

また付属プリンターはあるのか、故障や不具合はないかも確かめて下さい。

ランマー引き上げ用取っ手や解錠レバー用取っ手、カールコード、ランマー固定ピンなどのオプション品もありましたら一緒に査定をお受けになってください。

地盤支持力測定器を買取したお客様の体験談

地盤支持力測定器を買取したお客様の体験談

土木事業廃業の為に売却しました

公共工事が年々減少して売り上げは右肩下がり、談合もし難い環境で昔ながらの土建屋は商売が難しくなってしまいました。
このまま商売を続けてもいずれは倒産の憂いき目に会いそうなので余力が有るうちに事業を清算する事にしました。
地盤支持力測定器みたいな特殊の機械はなかなか買い取ってくれる場所が無いので困っていたら同業者から『測定器・計測器買取ドットコム』さんを教えてもらいました。
地盤測定器に限らず他の測定器までまとめて買い取ってもらえました。査定額も納得のいく価格で本当に助かりました。
(秋田県 五十代 男性)

機械買い替えの為、売却しました

この機械はワンマンで作業出来て、尚且つ作業者の技量に左右されない機械なので重宝しています。
リース物件ではないので結構な期間働いてもらい、充分元は取れたので新しい機械に買い替えました
付き合いのある商社から新品を買ったら、そこで「古い機械も下取りしてくれる」と言うけれど、念のためいくつかの買取店でも査定してもらったら『測定器・計測器買取ドットコム』さんが一番高く買い取ってくれるのでこちらにお願いしました。
(千葉県 四十代 男性)

代表的な製品

地盤支持力測定器の代表的なメーカーや製品としては株式会社マルイの地盤支持力測定器キャスポルMIS-244-0-61、株式会社マルイの地盤支持力測定器キャスポルMIS-244-0-62があります。

付属品やオプション品

地盤支持力測定器の付属品やオプション品としては三脚や収納運搬ケース、ランマー引き上げ用取っ手や解錠レバー用取っ手、カールコード、ランマー固定ピンなどがあります。

地盤支持力測定器の使い方

地盤支持力測定器の使い方

地盤支持力測定器の使用方法は、使用する場所に三脚を正常に設置してから、本体の電源を入れてスイッチを入れてください。
必要な数値の設定を行なって、地盤支持力や反力をリアルタイムで測定して評価します。
加速度計が内蔵されたランマー地盤に落下して、衝突からの衝撃速度最大値により必要な強度定数を計算します。

地盤支持力測定器の修理方法

地盤支持力測定器で測定ができなかったりエラーが出るなど、不具合や故障が考えられる場合には、メーカーを通じて修理をお受けになることをお勧めします。