細穴放電加工機買取

細穴放電加工機を買取

放電加工機は今日の製造現場で、高精度の部品加工に広く利用されています。
なかでも小さな穴を開けることに特化したのが、細穴放電加工機です。
インクジェットプリンターの製造などには、欠かせない機械となっています。
新しい設備を導入した、工場の移転を計画している、後継者がいない、などの理由で、使わなくなった細穴放電加工機があれば、遊ばせておく手はありません。
細穴放電加工機は、中古機械販売の専門業者が各メーカーのものを取り扱っており、一定の取引があります。
また日本製の精密な工作機械は、アジア諸国でも需要が高まっています。
ですから高値で買取することができます。
当社では電話またはメールにて、仮査定を行なっています。
その際には機械の状態や不具合の有無について、担当者に知らせていただければ、査定がスムーズに進みます。
まずは機体の損傷や部品の欠品をチェックしてください。
サビやシミ、ガイドのガタつき等がないか、部品がしっかり取り付けられているかも確認願います。
次に、動作が正常に行なえるかどうかがポイントになります。
異音や異常な発熱がないか、ロッド電極の異常な触れがないか、などをお知らせください。
また買取前にはスラッジ汚れを落とし、防サビ処置を行なっていただくと、高額で買取できる可能性が高くなります。
無料査定の結果に納得いただけたら、宅配買取となります。
元箱がある場合は、機体と付属品を緩衝材で固定した上、梱包してお送りください。
元箱がない場合は、緩衝材とともにダンボールに入れ、発送していただくことになります。
このとき、本体が分解できるならば、分解して梱包しますが、難しいようなら、そのまま梱包されても結構です。
付属品や小さな部品などは、種類ごとにまとめてビニール袋に入れてください。
なお、いずれの場合も、運送保険を忘れないようお願いします。
当社では他の工作機械も高価買取していますので、お気軽にお問い合わせください。

無料査定はこちら

細穴放電加工機の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
買い取りの前に、購入年・製造年・メーカー・製品名、中古の場合は大体の使用期間などを把握されておいて下さいませ!
■付属品
取扱説明書
はありますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈部品の破損〉
・部品に欠品はありませんか?
・機体に損傷はありませんか?
・直射日光による色あせや変色はありませんか?
・各部にサビやシミはありませんか?
・テーブルやガイドに変形やガタ付きはありませんか?
・ホースに深い傷や破れはありませんか?
・電源コードに損傷はありませんか?
・各取付け部は確実に固定されていますか?
〈動作不良〉
・電源は入りますか?
・動きが鈍い、また停止位置がズレるなどの不良はありませんか?
・電極の挿入や自動送り出し、交換作業などが正常に行えますか?
・穴加工時に電極の消費ダレが多過ぎませんか?
・連続加工が行えますか?
・作業中に異音や異常な発熱はありませんか?
・パイプやロッド電極の極端な振れはありませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

高価買取のポイント
以下に、細穴放電加工機の高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※取扱説明書や保証書など、購入時に付属してきたものが揃っていれば、査定金額をアップさせることができます!
※本体に傷や損傷がないことが高価買取のポイントになりますが、パネル操作や各スイッチなどが正常に働くことも重要なポイントです。
※精密機械の細穴放電加工機は、使用期間が短いほど査定金額は上がりますが、日頃からメンテナンスをしっかり行っていることが、高価買取のポイントになります!
※中古の細穴放電加工機は、状態が良いことが高価買取のポイントになりますが、新しくて需要の高いものほど高価買取が期待できます!
査定の申告と違う事例
※あまり使用していない美品だという申し出だったが、実際に届いた細穴放電加工機を見てみると、使用感がそれなりにある中古品だった。
※直射日光による色あせが少しあるということだったが、少しではなく、全体的に広い範囲に色あせがあった。
※本体、部品ともに問題はないとのことだったが、ホースだけ深い傷があった。
※電源はきちんと入り、作動もスムーズにできるとのことで、確かに異常はなかったが、動きが少し鈍く、性能が良いものではなかった。
■買取り前の掃除の注意事項■
*スラッジ汚れを落とす際に他の溶液に混ざらない様に注意して清掃して下さい。
*スラッジの清掃後は防さびや付着防止等を行って下さい。
*かるい錆汚れは専用の溶剤を使って綺麗にして下さい。
*送り軸ユニットの汚れを落とした後は必ずグリスの塗布を行って下さい。
「細穴放電加工機の宅配買い取り方法」
細穴放電加工機の宅配買取り方法は、西濃運輸さんでの配送となります。
※運送保険の掛け忘れにご注意下さいませ!
*細穴放電加工機の梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・コード類は絡まらないように束ねてください。
・工具などの付属品は、専用のケースに入れるか、ビニール袋の中に入れてまとめてください。
・ゴムパッキンなど小さな部品がある場合は、チャック付きの袋に入れ、種類ごとに分かり易くまとめてください。
・ガイドブックや保証書などの紙類は、ビニール袋やクリアファイルに入れてください。
・本体は、テーブル部、液晶部などで分解できる場合は、分解した後梱包を始めてください。
・分解が難しい場合は、そのままの状態で梱包を開始してください。
・本体の液晶部分は、ダンボールなどの厚紙を充てた後、プチプチで3重に包んでください。
・電気の部分など、本体から突出したところは、あらかじめプチプチで保護してください。
・液晶部分や突出した部分をあらかじめプチプチで包んだ後、本体全体をプチプチで3重以上に包んでください。
・ダンボール箱の中に、本体や付属品などを入れ、丸めた新聞紙等の緩衝材で隙間を埋めてください。
・緩衝材は、ダンボール箱に出来る隙間だけでなく、底面や上部分にもしっかり使ってください。
■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・購入した時に使われていた緩衝材で、本体や付属品をしっかり保護してください。
・元箱の中に、必要書類や本体などを入れてください。
・プチプチで元箱全体を包み、送り伝票を貼ってお送りください。

無料査定はこちら

細穴放電加工機の買取製品!

ソディック

ソディック
「ソディックの買取対応製品」
K1CN、K1C-4、K1C、K3HN、K1BL、K3BL

ミクニ・マキノ工業

ミクニ・マキノ工業
「ミクニ・マキノ工業の買取対応製品」
ED-α2000S

エレニックス

エレニックス
「エレニックスの買取対応製品」
JT300

三菱電機

三菱電機
「三菱電機の買取対応製品」
V25F、VH10、SH12、RH64N、RH3525

「細穴放電加工機とは?」
非常に小径な穴あけ加工に特化した放電加工機です。

無料査定はこちら