ホットマーカー買取

ホットマーカーを買取

ホットマーカーは、配線用チューブや電線皮覆、電化製品などの樹脂成形品や識別番号表示のためなどにホットスタンプ方式で印字するための機械です。
キーボードで印字する文字を送り、それが自動的にスタンプされ、一つ一つカットされて出てきます。
業務用に使われていますが、何らかの理由で不要になった場合は、買取業者に買い取ってもらうことができます。
各部品の摩耗や不具合、キーボードの操作やチューブの送りこみ、印字の仕上がりなどがスムーズであるかなどを事前に確認し、きれいに掃除をして査定を申し込みます。
弊社は買い取った後、再度販売するので、確実に売れそうなものほど高い査定額を付けてもらうことができます。
そして現品を当社に持ち込んだり、宅配で送ったりして現品をしっかりと見てもらって査定をしてもらいます。
もともときれいで正常に動く品物であっても梱包の仕方によって運搬時に細かいキズがついたり、故障の原因になることも考えられるので、梱包の仕方には十分注意をします。
電源コードはきちんとまとめ、破損の恐れがありそうなキーボードや付属品は一つ一つプチプチなどのクッション材でくるみます。
本体は二重にも三重にもくるみ、隙間ができないようにします。
他の部品と一緒にくるんだために運搬時に当たって細かいキズになるということがないように、できるだけ外せる部品は外して、個別に梱包をすることを心掛けるようにします。
そして購入時に附属されていた必要書類がある場合は必ず一緒にいれるようにします。
取扱説明書などの書類があるのとないのとでも査定額は変わってくるのです。
最後にダンボールに入れるときにもクッション材を敷いてから梱包し、隙間や上部にもクッション材を入れておきます。
このように大切に運搬されたものを買取業者に見てもらって、出た査定額に納得がいけば買取が成立になります。
万一ホットマーカーが故障していても、部品が良ければ再生に利用することができるので、買い取ってもらえる場合もあります。
だから不要になったホットマーカーがあれば、一度連絡をしてみるとよいでしょう。

無料査定はこちら

ホットマーカーの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
購入年・製造年・新品?中古の場合は大まかな使用回数などを大体で構いませんので査定の際に、弊社の査定担当者までお伝えお願いしますね。
■付属品
取扱説明書
ケース
は、ありますでしょうか?
■オプション
チューブホルダー
メモリーカード
もありましたら、お付け頂くと査定Up!
「状態、不具合の有無」
〈機体の破損〉
・各部に錆び付きはありませんか?
・つまみが固着していませんか?
・ハンドルがスムーズに作動しますか?
・グリップが摩耗していませんか?
・ヘッドなどの各装着部がしっかりと固定されていますか?
・取り付け部のネジ類に緩みはありませんか?
・マーキングユニットにガタつきはありませんか?
・パネルに剥離はありませんか?
・リング式・活字リングが本体に確実にセット出来ますか?
・リング式・活字リングがスムーズに動作しますか?
・サーマルプリント式・カバーが確実に装着出来ていますか?
・サーマルプリント式・カバーにひびや割れはありませんか?
・ガイドライトが点灯しますか?
〈電源の不良〉
・電源は入りますか?
・電源コードに損傷はありませんか?
・コンセントに差し込んだ際にガタガタしませんか?
・電源プラグに変形やホコリの付着はありませんか?
〈動作不良〉
・マーキングが正常に行えますか?
・印字が薄い、乱れる、印字出来ない箇所がある等の不良はありませんか?
・加熱部が温まらないことはないですか?
・チューブの送り込みは安定しますか?
・カッターが劣化し、切れ味が悪くなっていませんか?
・操作ボタンに破損がなく正常に作動しますか?
〈液晶画面の不良〉
・画面表示が暗い、薄い、縦線や横線が入る等の不良はありませんか?
・画面の誤表示はありませんか?
・画面に液漏れや汚れの付着はありませんか?
・バックライトは点灯しますか?
・エラー表示が解消されないことはないでしょうか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

■買取り前の清掃の注意事項■
*清掃の際にはスイッチを切って電源コードを抜いてから安全に行ってください。
*本体のホコリはブラシなどで払い落としてください。
*固く絞った布で汚れを拭き取ってください。
*特に汚れている部分は中性洗剤と布できれいに掃除してください。
*消耗品のローラーやテープ、マーカーラベルなどが揃っているか確かめてください。
「ホットマーカーの宅配買い取り方法」
ホットマーカーの宅配買取り方法は、普段、良くご利用されております運送会社の宅急便をご利用下さいませ!
*ホットマーカーの梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・電源コードは、輪ゴム等を利用して、きちんとまとめてください。
・キーボードなど、破損の恐れがある付属品は、必ず各々をプチプチで2重〜3重に包んでください。
・取扱説明書などの紙製品は、ビニール袋に入れてください。
・本体は取り外し可能な付属品を外し た、シンプルな状態で梱包を始めてください。
・土台の部分と上の部分をそれぞれ別々にプチプチで包んでください。
・その後、本体全部をプチプチで2重〜3重に、隙間が出来ないようしっかり包んでください。
・本体に専用のケースがある場合は、その中に入れた後プチプチで3重程度に包んでください。
・ダンボール箱に緩衝材を敷き、本体、付属品、必要書類を入れ、隙間や上の部分にも緩衝材を使用してください。
■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・元箱の中に本体や付属品、必要書類を入れてください。
・本体というには、購入時に使われていた緩衝材をしっかり使用してください。
・元箱全体を、プチプチで2重〜3重に包み、上に送り伝票を貼って発送してください。

無料査定はこちら

ホットマーカーの買取製品!

CTK/中央通商

CTK/中央通商
工業用印字機ホットマーカー関連及び消耗品等の国内販売、ホットマーカー関連及び仕入れ商品のリース及び販売を行っています。
「CTK/中央通商の買取対応製品」
SP7300、SP7600、SP1000、SP3000、SP3300、SP3600、B200P-G12、B200M-G7、B200M-FC、M-3N、M-3H、H201-FC、H401-FC、H402-FC

「ホットマーカーとは?」
主にホットスタンプ方式で印字するための機器です。配線用マークチューブや電線皮覆、電化製品などの各種樹脂成形品や識別番号表示に利用されています。

無料査定はこちら