トルコンチェンジャー買取

トルコンチェンジャーを買取

当社では、自動車関連の機械類を買い取る業務を行っています。
当社の買い取り対象となる商品には、多くの種類があります。お手持ちの機械類を処分したいと考えている方は、まずは当社にご相談ください。
買い取りの対象になるか不明だという方は、お問い合わせいただくことも可能です。
特に、最近はトルコンチェンジャーを積極的に買い取るようにしています。
トルコンチェンジャーは、新品では高価な商品ですから、中古品で手に入れようとする方が増えており、当社は中古市場でのニーズに応えるため、トルコンチェンジャーの買い取りを進めています。
当社における買い取り手続きでは、最初に査定を行います。査定を行わず、いきなり買い取り金額を決めることは、当社では避けて、できるだけお客様に納得していただけるように、丁寧な商品確認を行っています。
査定の際は、トルコンチェンジャーに傷や汚れが付着していないかを最初に確認します。
汚れがあると、査定金額は下がりますのでキレイにした状態で持ち込んでいただくことをオススメします。
また、動作確認が取れることが前提となります。正常に使用することができない商品は、買い取り対象外となり、返却することになってしまいます。
トルコンチェンジャーに付属しているものがあれば、一緒に持ち込んで下さい。
当社は、商品の付属品についても買い取るのが原則としています。トルコンチェンジャーと付属品を合わせていただくと、高めに買い取ることができます。
※オプション品などあれば、もちろん査定UPです!

無料査定はこちら

トルコンチェンジャーの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
購入年・メーカー・型式・新品?中古?などを売る前にご確認お願いします。
■付属品
取扱説明書
フレキシブルノズル
廃油排出ノズル
循環用接続ホース
クリーニングカプラ
ノズルスタンド
ノズルスタンド用固定ねじ
※上記、付属品は全て揃っておりますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈電源の不良〉
・電源が正常に入りますか?
・電源プラグの変形やホコリの詰まりはありませんか?
・電源コードに破れや変形等の破損はありませんか?また断線がありませんか、運転中にコネクタ部を指で動かす等して接続に異常がありませんかご確認下さい。
・コネクタ部に緩みや変形等の破損はありませんか?
〈運転時の不良〉
・フルードの抜き取り、入れ替え作業が正常に行えますか?
・フルードが機体内に正常に循環されますでしょうか?
・圧力は安定しますか?
・レベルゲージやチェッカーにて交換状況の確認が正常に行えますか?
・モニターにて汚れの度合い確認が正常に出来ますでしょうか?
・排油タンクに接続し、タンク内に排出出来ますでしょうか?
〈部品の不良〉
・機体にヘコミや変形、傷等の破損はありませんか?
・各継手からのオイル漏れはありませんでしょうか?
・各フィルター部に汚れの詰まりはありませんか?
・フィルターケースがある場合、ヒビ割れや変形、欠品等はありませんか?
・給油/排出ホースに破れや亀裂等の破損がなく、機体にしっかりと固定されますでしょうか?
〈操作パネルの不良〉
・操作パネルに破れや変形等の破損はありませんか?
・各ボタン/キーは正常に作動しますでしょうか?
・各操作、設定が正常に行えますか?
・デジタル表示は正常に表示されますでしょうか?
・表示部に変形や破れ、汚れの付着等の不良はありませんでしょうか?また表示が薄い、消えいているなどはありませんか?
・ランプは正常に点灯/点滅しますか?またランプの消耗状態はいかがですか?
・キャスターに破損がなく、スムーズに移動が出来ますでしょうか?
〈診断時の不良〉
・正常な診断結果が得られますでしょうか?
・音声機能がある場合、音声による診断結果が得られますか?また音声が小さい、途切れ途切れになる等の不良はありませんか?
・印字機能がある場合、診断結果を正常に印字することが出来ますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

高価買取のポイント
以下に、トルコンチェンジャーの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※購入時に付いてきた取扱説明書や、フレキシブルノズルやクリーニングカプラなどの付属品が揃っていれば、買取価格がアップします!
※トルコンチェンジャーなどの機械製品は、年式や型式が古くなればなるほど買取価格は下がってしまうため、不要になったらすぐに売却することが高価買取のポイントです!
※新品でも、未開封品と開封品では査定金額に大きく影響してきます。新品のトルコンチェンジャーは開封しないで買取りに出すようにしましょう!
※トルコンチェンジャーは傷や汚れが付きやすく、そうなれば買取価格は下がってしまいます。普段から丁寧に取り扱うことが高価買取のポイントになります!
査定の申し込みと違うケース
動作確認は行ったということだったが、フルードが機体内にきちんと循環されない状態だった。
付属品は全て揃っているということだったが、ノズルスタンドの入れ忘れがあって、後日別送してもらった。
綺麗に掃除をして状態も新品に近いということだったが、本体に凹みと傷が数カ所確認された。
給油ホースに亀裂が入っていて、フィルターにも汚れや詰りが確認された。
■買取り前の清掃の注意事項
*クリーニング機能があれば行ってホース、配管内をクリーニングしてください。
*廃油排出ボタンを押して廃油を排出させてください。
*清掃を行うときには電源プラグを抜いてから安全に行ってください。
*ガソリンを洗浄には使用しないでください。引火、爆発する恐れがあります。洗油により洗浄してエアブローしてから乾燥させてください。
*本体に付着したオイルは中性洗剤などできれいに拭き取ってください。シンナーなど溶剤を使用しないでください。
*新油用フィルター、廃油用フィルターの目詰まりをブラシなどで洗浄してください。
*オイルタンクのオイルは廃棄してください。
「トルコンチェンジャーの宅配買い取り方法」
「トルコンチェンジャー」の宅配買取は「西濃運輸・福山通運」での宅配買取となります。
梱包:元箱や梱包材料をお持ちの時はそれで梱包いただき、宅配買取の集配担当者にお渡しください。それで宅配買取の完了です。
梱包材料等がない時は宅配業者「西濃運輸」と相談ください。
本体をプチプチで包むぐらいで後は宅配業者のほうで対応いただけるはずです。
*トルコンチェンジャーの梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・簡単に摂り外れるノズルや、ホース類は取り外した状態で梱包してください。
・ノズル等が取り外せない場合は、そのままの状態で梱包を初めてかまいません。
・ノズルはプチプチを使って、3重に包んでください。
・換えのノズルなどがあり、複数個ノズルやホースがある場合は、一つひとつ個別にプチプチで保護してください。
・タンクは空の状態にして、本体から外れる場合は取り外してプチプチで包んでください。
・電源コードが絡まらないよいう、まとめてください。
・本体のキャスター部分は、一つひとつプチプチで丁寧に包んでください。
・本体に搭載されている液晶部分に、布か丁度良い大きさにカットしたダンボールを充てください。
・本体の上部分、胴体部分、足部分を別々にプチプチで包み、最後に全体を再度プチプチで3重程度に包んでください。
・本体が長方形など、突出部分があまりない場合は、キャスター部だけ別々に包み、それ以外の場所を一度にプチプチで3重程度に包んでください。
・説明書など紙製品は、クリアファイルやビニール袋に入れてください。
・ダンボール箱の底に緩衝材を敷き、本体や付属品や必要書類を入れ、隙間を緩衝材でふさいでください。
・緩衝材には丸めた新聞紙、発泡スチロール、プチプチなどをご使用ください。
■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・元箱の中に、購入時と同じようなスタイルで、トルコンチェンジャー本体等を入れてください。
・本体等を元箱の中に入れる際には、必ず購入時に使っていた緩衝材をすべてお使いください。
・プチプチで元箱全体を3重以上に包み、そのまま弊社宛にお送りください。

無料査定はこちら

トルコンチェンジャーの買取製品!

エムケー精工

エムケー精工
「エムケー精工の買取対応製品」
MP-5000、MP-6000Z

ニッサルコ

ニッサルコ
「ニッサルコの買取対応製品」
ITC-7500、ITC-8800

ヤマダコーポレーション

ヤマダコーポレーション
「ヤマダコーポレーションの買取対応製品」
AFC-9000S

イヤサカ

イヤサカ
「イヤサカの買取対応製品」
TF-2100Z、TF-1500Z、TF-1500P

トルコン機器

トルコン機器
トルコンチェンジャーのパイオニア、トルコン機器。日本で最初にトルコンチェンジャーを開発して以来、信頼のある製品を作り続けています。
「トルコン機器の買取対応製品」
AMC-999、AMC-999P

「トルコンチェンジャーとは?」
オートマオイルやCVTオイル等の交換を全自動で行う機械です。

 

業務用品高価買取