カシメ機買取

カシメ機を買取

カシメ機とは余り聞き慣れないものではありますが、釘の頭の部分を変形させる機械のことを言います。
パイプの周囲を押し上げたり、蓋をして周囲を広げたりするのがこの機械の用途であり、現場では幅広く用いられている機械です。
さて、このカシメ機の中古品というのは需要が高く、中古買取りがなされています。
鋲や釘を変形させるにはこのカシメ機が最も便利であり、加圧を繰り返すことによって自由自在に変形させることが出来るのが特徴です。
どのような部分に用いられているかというと、具体例としてはハサミの鋲や留め金、半導体部分に用いられているのがこのカシメ機なのです。
さて、中古品にあたっては使用感を極力なくすために綺麗に掃除をして買い取りに出すことをおすすめします。
汚れが付いていると見た目にも影響するので掃除をしておくと査定時に評価が高くなります。
機械全般に言えることですが、必ず付属品を揃えて買い取りに出すことです。
付属品にはネジや取り換えの出来るものも含まれています。
買い取りに出す際には、保証書も必ず用意しておきましょう。
査定価格については、メーカー・型式と製造年を調べることで大体の価格を把握することが出来るようになっています。
※新品や中古などの状態も影響します。
予め査定価格の予想が付いていると買い取りに出しやすくなるので一度調べておくことをおすすめしたいところです。
買い取りに出す際にはいくつかポイントが有り、それを満たして初めて査定額へと反映されます。

無料査定はこちら

カシメ機の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
お客様がカシメ機を弊社にお電話・メールにて仮査定を申し込まれる際のポイントを以下にまとめました。
■付属品
型部カバー
は、ございますでしょうか?
などもお付け頂くと、もちろん査定UP!
「状態、不具合の有無」
〈本体の状態について〉
・機体に傷やスレ、ひび割れ、変形はありませんか?
・金属部が錆び付いていませんか?
・汚れの付着やベタ付きはありませんか?
・コーディングの剥離はありませんか?
・テーブルの傾きやガタ付きはありませんか?
・各取付け部は確実に固定されていますか?
・ネジ類に緩みや脱落はありませんか?
・ポンチに傷やスレ、欠け、変形はありませんか?
・ベルトに千切れや擦り減りはありませんか?
・フッドペダルの緩みやガタツキ、変形はありませんか?
・調整ネジの溝の潰れはありませんか?また固着して調整が正常に行えないことはありませんか?
〈動作について〉
・かしめ加工が正常に行えますか?
・リベット縁のバリや変形はありませんか?
・モーターに異常振動はありませんか?
・回転部はスムーズに回転しますか?
・ハンドルが硬い、またはガタガタと緩んでいませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

■売る前の清掃の注意事項
*本体の清掃は固めに絞った布を使って汚れを落として下さい。
*カバーを取り外せる機種の場合は取り外すか開けて清掃を行って下さい。
*本体の電源とコンセントを外し、完全に冷えてから清掃を行って下さい。
*本体の清掃後は各部に緩み等の異常が無いか必ず確認してください。
*細かい隙間は綿棒などを使って汚れを落として下さい。
*カーテンなどで保護している場合は、カーテンの汚れはしっかりと取り除いて下さい。
「カシメ機の宅配買い取り方法」
カシメ機の宅配買取り方法は、西濃運輸さんなどの運送会社をご利用下さいませ!
*カシメ機の梱包注意点
■宅配買取の梱包方法
*カシメ機本体はテーブル面、操作パネル、コードなどの汚れを拭き取ってきれいにしてください。
*ローラー、ローターポンチなどのカシメ工具は一つ一つ別にしてプチプチで包んでください。
*フットスイッチはコードを短くまとめてビニール紐で束ねてからプチプチで包んでください。
*電源コードは床に触れないようにまとめてビニール紐で束ねてください。
*カシメ機本体に付属している圧力調整部、下降速度調整部、操作パネル、ハンドル、レバー、カシメヘッド、その他突起部には重ねたプチプチで覆ったり帯状にカットしたプチプチを巻き付けて保護してください。
*テーブル面はプチプチで覆ってずれないようにテープで止めてから梱包したカシメ工具やフットスイッチを置いて動かないようにテープで固定してください。
*カシメ機本体はプチプチで覆ってさらに帯状にカットしたプチプチを巻きつけてテープで止めるという要領で全体を丁寧に梱包してください。
*プチプチで梱包し終えたらさらに解体したダンボール箱を使ってカシメ機本体全体を梱包しガムテープでしっかり止めてください。
*最後にダンボールの上から横方向と縦方向にPPバンドを掛けて締め付けてください。
*輸送中の破損を防ぐためダンボールにはマジックで“横倒し厳禁”“精密機械”と書いて発送してください。

無料査定はこちら

カシメ機の買取製品!

CGK
CGK

CGKは卓上プレス・ドリル研磨機のパイオニアです。

「CGKの買取対応製品」
TOP-60、TOP-100、S-150

カザマエンジニアリング
カザマエンジニアリング

「カザマエンジニアリングの買取対応製品」
MHP-700、THP-33A、THP-33B、THP-55B、TH-PH、TH2-C

ブラザー工業
ブラザー工業

プリンター・ファクシミリ・ミシン・工作機械などを製造している電機メーカー。日本国内よりも北米やヨーロッパでブランド力が高く、特にSOHO向けの複合機・ファックスにおいては北米でトップシェアを誇ります。

「ブラザー工業の買取対応製品」
BR1-103、BR1-103S、BR1-101、BR0-161

吉川鉄工
吉川鉄工

「吉川鉄工の買取対応製品」
US-1、US-3、US-36、US-66、US-150

「カシメ機とは?」
リベットを加圧する際に、鉄板の縁を打ち地と密着させます。コーキングとも呼ばれます。

無料査定はこちら