民生用・業務用・放送用どれでもカムコーダなら高価買取

民生用 業務用 放送用 カムコーダ

カムコーダとは、撮影を行うビデオカメラと、記録を行うVTR(ビデオテープレコーダ)が一体化した装置のことです。民生用・業務用・放送用と、用途に応じて種類があり、機能もそれぞれ異なります。

民生用とは、映像や音響、通信機器において、一般消費者を対象に開発された製品のことを指します。つまり家庭用の機器のことです。業務用との大きな違いは操作性です。一般向けなので扱いやすく、軽く作られています。ボタンや調整機能がシンプルでわかりやすくなっています。初心者でもある程度練習すればきれいな画像を撮れるような設計になっています。しかしやはりそこは民生用ということで、細かな設定等はできず、どちらかというとオートカメラのイメージに近いものです。

業務用のカムコーダは重量感があります。体力が必要ですが、それだけブレのない安定した画像を撮ることが可能です。また、細かな調整ができます。その反面、ボタンひとつで簡単な操作というわけにはいかないので、ある程度機械の知識が必要になります。それだけ狙った通りの画像が撮れるようになるので、民生用では物足りないと思った時には業務用を購入するということも視野に入れてもよいかもしれません。

画質については、民生用のものも最近は性能が上がっているため、それほど大きな差はないようです。音質については業務用だと専用の大型マイクが搭載されたものだとそれだけ良質な音が録れます。民生用と業務用の大きな違いは画角にあります。業務用カメラの画角は広く、より臨場感のある映像を撮ることが可能です。

放送用のカムコーダは業務用同様の画質に加え、映像信号の伝達レベルが高いことが特徴です。特に室内や夜間の撮影で違いが出てきます。

弊社では以上のようなカムコーダ全般の買取を積極的に行っております。民生用から業務用への買い替えや、業務拡張による機器全般の交換などで、ご不用になりましたカムコーダが発生しましたらぜひ弊社の買取をご利用ください。専門のスタッフが一台ずつ丁寧に査定させていただきます。製造年月日や使用感、操作の詳細をお伝え下さい。全国展開のため、需要がたくさんあり、高額での査定が可能となります。処分や輸送のための費用もかかりませんので、ぜひご活用ください。