音声用・映像用・コンピュータ用どれもオープンリールデッキなら買取可能!

オープンリールデッキ

オープンリールデッキには数多くの種類が存在しますが、当社では、音声用・映像用・コンピュータ用のオープンリールデッキであれば買取可能です。

オープンリールデッキにどのような違いがあるのかというと、具体的には以下のような違いがあります。まず音声用のオープ ンリールデッキですが、こちらは2インチ幅のオープンリールテープとなっています。また、他のオープンリールデッキとの大きな違いは、プロ仕様のものが存在していたところでしょう。プロ仕様のものは大型のものが多いため、通常であれば一部の業者などで買取を行うことがある程度の商品でした。ですが、最近では販売メーカー別に需要が高まってきているため、業者以外の個人であっても購入を希望される人が増えているのです。音声用オープンリールデッキの魅力は、なんといってもクラシックな雰囲気にあります。音声用のテープは、幅が約6mmとなっているのですが、他のオープンリールデッキにはない古臭い雰囲気があります。というのも、こちらは家庭用サイズ、業務用サイズまでが揃っているため 、業務用録音機(6ミリと呼称されることが多い)についても馴染み深い商品だからです。また、使用方法も複雑ではなかったため、多くの人が利用方法を知っているという機器でもあります。

次に映像用オープンリールデッキですが、こちらは1980年代から使用されている品が多いため、音声用のものと比較しても最近になって使用されるようになったデッキです。また、方式はVTR方式が採用されているのですが、初期では4ヘッドという特徴がありました。今では、1インチCフォーマットというものが目立つようになり、4ヘッドはあまり見かけないという状況です。また、映像用オープンリールデッキは家庭用のものが普及していたとされるのですが、当時では高価な品物であったため、一部の富裕層のみ購入 可能という商品でもありました。そのような背景があるため、今では中古の映像用オープンリールデッキの需要が高まっているのです。当時では約20万円以上であった品物だったのですが、今では安くお買い求めいただける値段のものが多いため、無理なく買える映像用オープンリールデッキも少なくありません。

最後に、コンピュータ用オープンリールデッキについて案内させていただきますが、こちらはコンピュータ用オープンテープ装置と言われることもあります。他のデッキとの大きな違いはサイズでしょう。コンピュータ用のものは、サイズが最大とされている2400フィートもあったのです。そのため、テープの長さで高い評価を受けることが多くありました。トラックについてですが、1/2インチ9トラ ックが採用されています。こちらは、マルチトラックヘッドという新しい方式で記録を行うもので、商品の名称では「磁気テープ記録装置」という名称が多く用いられたという特徴もあります。

このような商品となっているため、分別そのものが一般の人では大変です。しかし、当社では音声用・映像用。コンピュータ用のオープンリールデッキを専門的に買取っているため、古い品であっても正確な査定を行い、高額査定が可能な場合には高額査定を行わせていただきます。なので、ご家庭にこのような品が眠っている場合、良ければ当社にて査定の依頼を行っていただければ幸いです。

  • 高価!!現金買取無料査定
  • 買取でよくあるご質問
  • Youtubeチャンネル登録!!
  • 日本全国対応 宅配買取!!
  • 仕入れの業務負担を軽減!卸売販売サービス
  • 委託販売
  • 買取品の販売 在庫リスト
  • 新規仕入れ先募集中!!
  • 偽業者に注意!!
  • 測量機器買取情報ブログ
  • 電動工具買取情報ブログ
  • 美容機器買取情報ブログ

株式会社エコランドでは、地球環境保全のための活動も行っております。