タッピング盤買取

タッピング盤を買取

使用中の機械を売却・処分する理由には、様々なことが挙げられます。たいていのケースは、新しい機械に買い替えるための処分を行うというものですが、中には現金化すること自体が目的となっていることもあります。
当社では、色々な機械を買い取っていますが、処分する理由については原則として問わないことにしています。現金化の目的であっても、気軽に買取サービスを利用していただくことができます。
たとえば、タッピング盤のような機械を積極的に買い取っています。タッピング盤の処分を検討している方は、当社にお持ち下さい。
現金化を目的として買取サービスを利用する方は、商品を丁寧に取り扱っているケースがほとんどです。キレイな状態のタッピング盤であれば、当社において、高額で買い取ることができます。
当社の特徴は、商品をしっかりと査定した上で金額を決めるところにあります。専門のスタッフが、入念に状態確認を行っています。
タッピング盤の外観が汚れていないか、キズがないか、正常な動作が可能か、といった点がチェック項目の中心です。油汚れなどをキレイに清掃した上でお持ちいただくと、査定の金額が高くなります。
また、タッピング盤を持ち込まれる際は、丁寧に梱包してからお持ち下さい。途中で損傷してしまうと、金額が下がってしまいます。
ケースや取扱説明書など、各種付属品をお持ちの場合は、タッピング盤の本体と合わせて持ち込んでいただくと、一緒に買い取ることができます。

無料査定はこちら

タッピング盤の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
売る前に新品?中古の場合は大体どの位の期間使用していたか?メーカー・製品名などをご確認お願いします。
■付属品
取扱説明書
コッタ
6mm棒
スパナ
は、全て揃っておりますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
〈部品の破損〉
タッピング盤 部品の破損
・本体に目立った傷や汚れはありませんか?
・粉塵の詰まりや錆び付きはありませんか?
・ひびや割れ、亀裂の入っている箇所はないでしょうか?
・古いグリス汚れはありませんか?
・各ハンドルに折れや傾きはありませんか?
・コラムが変形していませんか?
・ベルトは適度に張っていますか?
・テーブルにガタつきはありませんか?
・ハンドルはスムーズに回転しますか?
・タップやドリルを正常に取付けることが出来ますか?
・機体に傾きがなく、安定した設置が可能ですか?
〈入電の不良〉
・電源は入りますか?
・入電すると電源ランプが点灯しますか?
・電源が切れやすいことはないですか?
・皮覆の破れや断線はありませんか?
・コネクタに緩みはないでしょうか?
〈作業時の不良〉
タッピング盤 作業時の不良
・スイッチをいれるとドリルが回転しますか?
・ワーク部は正常に上下しますでしょうか?
・主軸の回転速度にムラはありませんか?
・タップの折損防止機構がある場合は、クラッチが正常に滑りますか?
・機体から異音や異常振動はありませんか?
〈調整の不良〉
タッピング盤 調整の不良
・スピンドル送り量の調整が正常に行えますか?
・ロックハンドルを確実に固定出来ますか?
・正逆回転の切替が行えますか?
・ナットやノブが確実に締め込めますでしょうか?
・クランプスクリュに固着はありませんか?
・テーブルの高さ調整時にガタはありませんか?
・テーブルは正常に回転しますか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

買取り前の清掃の注意事項
*清掃の際にはスイッチを切って電源プラグを抜いてから行ってください。
*各部分のネジが緩んでいないか確かめてください。
*全体は柔らかいブラシでホコリやゴミを払い落としてください。
*汚れている部分は中性洗剤と布で部分的に拭き取ってください。
*摺動面には定期的にグリスを塗ってください。
*カーボンブラシが磨耗したら交換してください。
*カーボンブラシを交換したら10分程度無負荷運転をしてカーボンブラシを慣らしてください。
「タッピング盤の宅配買い取り方法」
タッピング盤の宅配買取り方法は、西濃運輸さんでの配送となります。
*タッピング盤の梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・タッピング盤のテーブル部分は、なるべく下に下げた状態で梱包を始めてください。
・本体のテーブルやハンドル、足の部分など、突出した部位を先にプチプチで包み、そのあと全体をプチプチで2重〜3重に保護してください。
・電動タイプの場合は、電源コードを結束帯などでまとめてください。
・六角レンチなど破損リスクのない付属品はビニール袋に入れ、破損リスクのある付属品はプチプチで包んでおきましょう。
・ダンボール箱の中に、本体・付属品・必要書類を入れ、緩衝材で隙間を埋めてください。
・ダンボール箱が無い場合は、自作されるか巻きダンボールをご使用ください。
・巻きダンボールをご使用になる場合は、2重〜3重に隙間なく包んでください。
■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・本体や付属品、必要書類を元箱の中に入れ、箱全体をプチプチで2重〜3重に包んでください。
・元箱を包んだプチプチの上に、送り伝票を貼り、弊社にお送りください。
・元箱が弱ってしまっている場合は、巻きダンボールなどで補強してください。

無料査定はこちら

タッピング盤の買取製品!

KITAGAWA/北川


「KITAGAWA/北川の買取対応製品」
KDR-410、KST-360、KDT-360

ASHINA


「ASHINAの買取対応製品」
ATD-360

KIRA

KIRA
KIRAはマシニングセンタ・ボール盤の製造販売と、メンテナンスを提供する小型工作機械メーカーです。
「KIRAの買取対応製品」
KRT-340、KRT-10、KTV-2、KTV-1

日立工機

日立工機
大手電動工具メーカーの日立工機。幅広い製品ラインを誇る電動工具と、世界トップクラスの超遠心機をはじめとしたライフサイエンス機器の製造を行っています。
「日立工機の買取対応製品」
BT23SL、BT23R、BT23RL、BT13RL、BT13SL、BT23S

ブラザー工業

ブラザー工業
プリンター・ファクシミリ・ミシンなどを製造している電機メーカー。日本国内よりも、北米やヨーロッパでブランド力が高く、特にSOHO向けの複合機・ファックスにおいては北米でトップシェアを誇ります。
「ブラザー工業の買取対応製品」
BT2-223、BT1-216、BT1-204、BT1-203、BT1-201、BT0-263

富士電動
富士電動
説明ぶんがはいるところ
「富士電動の買取製品」
FBD-10T、FBD-3T

「タッピング盤とは?」
タッピング盤買取り
「タッピング」という言葉は様々な業界で用いられているので、一言で説明するのは難しいのではないでしょうか。
今回ご紹介するのは、上記のいずれでもなくズバリ「タッピング盤」です。
名前を聞いても何に使う機械なのか連想することが難しいかと思います。
このタッピング盤について一緒に知識を深めていきましょう。
そもそも、タッピング盤とはどのような機械なのでしょうか。
普段目にする機会のないものですが、一般的には木材や金属に穴を開けて、その穴に雌ネジ(ナット等)を加工する機械です。
似たような機械にボール盤というものがありますが、ボール盤は穴あけ加工のみを行う機械を指す場合が多いです。
ボール盤は回転方向が固定されている為、ネジ抜きやネジ切り等の操作が行えませんが、タッピング盤はボール盤とは違い回転方向を変える事が出来るため、タップを抜くことが可能です。
ただ、ボール盤を改造してタッピング盤の機能を備えたものもあり、明確な区別をつけることは素人には難しいかもしれません。
タッピング盤には色々と種類があり、工作機械に触れる機会の少ない方には説明の難しい機械ですが、要するに「木材や金属に穴を開ける機械」という認識をお持ち頂ければ大丈夫です。
また、類似する工具の用語として「タッピングネジ」というものも存在します。
タッピングが穴を開けるという意味合いを持ちますので、「穴を開けるネジ」という事です。
つまり、普段目にするネジは、大概がタッピングネジという事になります。
タッピングネジの正式名称を聞いた事が無くても、ネジを使った事がないという方はいらっしゃらないと思いますので、普段使うネジが実はタッピングネジだった、と豆知識代わりに覚えて頂ければ幸いです。
さて、タッピング盤の話題に戻ります。
このタッピング盤は、多くが日本の工業を支える町工場等で使用されています。
様々なサイズの穴を開ける事が可能なので大変重宝されている機械です。
ドリル部分を手動で下げるものから、油圧式、電動式のものまで価格、大きさも様々なものがあり、日本の技術発展に大きく貢献した機械であることは間違いありません。
日常で見かける事は中々難しいタッピング盤ですが、今我々が利用している電化製品や普段使いの日用品もタッピング盤なしには製造されていないと言っても過言ではありません。
日本の工業を支えるタッピング盤に、少し思いを馳せてみるのも良いのではないでしょうか。

無料査定はこちら