洗顔ブラシ買取

洗顔ブラシを買取

新品、未使用品のみ買取可能。

女性であれば常にフェイスケアを徹底したいものです。最近は洗顔ツールもかなり進歩していまして、洗顔ブラシなるものも販売されています。しかし、フルタイムのお仕事で疲れることも多い女性は少しでも労力を使わずに、洗顔を効率的に進めたいと思うものです。

この場合は電動の洗顔ブラシを使うことができますが、その値段を見てみるとブラシでありながらも数千円もすることが多いでしょう。それでも、電動の洗顔ブラシは泡立ちも良くて、落ちにくい毛穴の汚れもしっかりと除去してくれます。また、商品によっては洗顔用のブラシだけでなく、ボディブラシもついていますので体のいろんな部分のケアに使うことができるでしょう。

弊社ではこのような高めの電動洗顔ブラシを積極的に買取していまして、より多くの方にお使いいただけるように努めています。弊社ではお気軽に見積申請を進めていただけるように、お電話を使った仮査定を導入していますのでぜひご利用ください。

無料査定はこちら

洗顔ブラシの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
洗顔ブラシの売却前に、購入年・メーカー名・製品名・新品?未使用?中古?などを良く確認してから査定依頼下さいませ!
■付属品
ブラシアタッチメント
収納ケース
クイックスタートガイド
充電器
ローラーアタッチメント
※上記は、ありますか?
「状態、不具合の有無」
いつ頃購入されてどれくらいの期間使用しておられましたか?
異常に古かったり汚れたりしてはいませんか?
電動の洗顔ブラシですか?
ブラシが汚れたり、ブラシの先が広がったり抜けたりしてはいませんか?
電動洗顔ブラシの場合、乾電池を入れることで正常にスイッチがつきますか?
どちらのメーカーの洗顔ブラシですか?
本体が汚れたりキズついたり、ブラシが汚れていたりしませんか?
ブラシはフェイスブラシ、ボディブラシ、足用軽石、乳液用スポンジなど付属品が全て揃っていますか?
スイッチを入れるとスムーズに回転して洗いますか?
予備のブラシやスポンジはありますか?
今までブラシやスポンジを交換されたことはありますか? などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

洗顔ブラシの高価買取のポイント
元値が高く高機能な洗顔ブラシほど、高額査定が出やすくなります。
パナソニックや日立など、一流メーカーの方が高値は付きやすくなります。
正常に作動することを確認して、落とせる汚れはキレイに落としてから査定に出すこ とで、買取金額をアップさせることができます。
収納ケースや元箱があれば買取金額をアップさせることができ、取扱説明書や保証書 やその他の付属品が全部揃っていれば、より高く売却できます。
汚れや傷はないモノが、高価買取の対象になります。
洗顔ブラシの査定の申し出と違う事例
・収納ケースもキレイな状態で、付属品も全部揃っていると聞いて高額査定を付けま したが、肝心の本体が正常に作動しない状態だった。
・購入してから数回しか使用していないということでしたが、充電がしっかりできな い状態で、かなり使い込んでいた形跡があった。
・ブラシがかなり汚れていて、本体にも損傷があり、査定金額よりも大幅ダウンが必 要だった。
・スイッチを入れても正常な回転数を得ることができなく、バッテリーに異常が確認 された。
・予備のブラシがあると聞いていたが、荷物の中には入っていなかった。
「洗顔ブラシの宅配買い取り方法」
洗顔ブラシの宅配買取り方法は、良くお使いになっています運送会社の宅急便をご利用下さいませ!

無料査定はこちら

洗顔ブラシの買取製品!

PHILIPS/フィリップス

洗顔ブラシ フィリップス

オランダの電機・家電製品メーカー。日本ではシェーバーのメーカーとして有名ですが、医療機器や音響・映像機器分野で高い技術力があります。
「フィリップスの買取対応製品」
SC5320/10、SC5278/15

ヤーマン

ヤーマンはプロ用美顔器・健康機器で30年以上の実績がある美容専門メーカーです。
「ヤーマンの買取対応製品」
アセチノビューティーソニック

クリニーク

「クリニークの買取対応製品」
ソニック システム ピュリファイング クレンジング ブラシ

Panasonic/パナソニック

家電製品の他にも産業機器・通信機器・住宅設備・環境関連機器など電気機器を中心に多角的な事業を展開する大手家電メーカーPanasonic。
「Panasonicの買取対応製品」
濃密泡エステ(EH-SC63、EH-SC53、EH-SC50)

日立

全世界に製造・販売拠点を広げる多国籍企業であり、日本最大の総合電機メーカー日立。
「日立の買取対応製品」
立て洗顔エステ ハダクリエ ホイップ&ウォッシュ WB-K01

「洗顔ブラシとは?」
洗顔ブラシ
洗顔ブラシは、手でゴシゴシと顔をこすらなくても、泡立ててクルクルと回転してくれ、毛穴の汚れまできれいにしてくれる優れモノです。
色々なメーカーから発売されていて、それぞれに特徴がございます。
PHILIPS(フィリップス)のフェイシャルケアから発売のものは、洗顔用のブラシも種類が色々あり、それ以外にも色々な付属した機能があり、とても人気です。
YA-MAN(ヤーマン)から出ているのは、アセチノビューティーソニックという洗顔ブラシで、こちらもアタッチメントの取り換えで機能が洗顔以外にもあります。
CLINIQUE(クリニーク)から出ているのは、ソニックシステムピュリファイングクレンジングブラシで、こちらはTゾーンなどにアプローチするのが売りの様です。
アタッチメントがオプションで別に販売されています。
クリニークでは、メンズ用も発売されています。
また、Panasonic(パナソニック)からは、濃厚泡エステと名付けていて、週1回のディープな洗顔をおすすめしています。
洗顔ブラシを取り付ける方のもう片方では、音感メイクオフという機能が付いており、手肌くらいの温度でお化粧落としができるシステムが採用されています。
それからHITACHI(日立)からは、ハダクリエホイップ&ウォッシュという名前で発売されていて、こちらは筆を洗顔ブラシにしていて、お肌に優しい仕組みになっていて、泡立てて筆で洗顔するというものです。
こちらは、別売りでハダクリエホットという保温器があります。
その他では、Areti(アレティ)やプロアクティブ、日本ロレアルなどからも発売さてれいます。
どのメーカーもおススメしているのは、週に1回ほどの泡立てディープ洗顔と、押し当て過ぎないことと、2分ほどで洗い流すことを提示しています。
それ以上洗顔しすぎると、かえってお肌を傷めてしまいますから、気を付けましょう。
そして、ブラシを常にきれいに洗い流し、清潔にすることもおススメしています。
水分をよく切って乾燥し、いつもきれいにしておくと長持ちします。

無料査定はこちら