ほぞ取り機買取

ほぞ取り機を買取

ご不用になられたほぞ取り機を高額買取しております。 ほぞ取り機はほぞを作るのに用いられる木工機械で、家具を手作りするときによくご利用されています。
都会よりも人件費や固定費などの経費を抑えられる、鹿児島県を物流の拠点に置いており、そんなほぞ取り機に他社に負けない査定額をお付けすることが可能です。 鹿児島県から遠方のお客様でも、宅配買取システムを導入しているので、北海道から沖縄まで日本全国からご依頼可能です。
お電話一つで無料査定、まずは概算のお見積りを連絡いたします。 商品情報のみで判断した仮の査定額なので、実際に売れる価格は商品の状態を細かくチェックする本査定を行ってからとなります。
売りたい商品を梱包し、宅配業者にご自宅や会社まで引き取りに来てもらいます。 商品が到着しましたら実際に売れる価格を連絡いたします。 納得できない価格の場合はキャンセルしても構いません。キャンセル料は無料です。
納得できる価格でしたら取引成立、指定の銀行口座に振込いたします。 土日祝でもオンラインバンキングで指定口座へ振込しております。
鹿児島県を対応エリアにしている出張買取も行っています。 鹿児島県の営業所に売りたい商品をお持ちいただく店頭買取も行っています。
ほぞ取り機に関わらず、どんな商品でも新しいほど、状態がきれいなほど高く売れます。 ご不用になられたら、保管したままより売却されたほうがお得です。
キズものや不良在庫になってしまったものでも買取可能です。

無料査定はこちら

ほぞ取り機の買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
購入年・メーカー・型式・新品?中古の場合は使用期間などを売る前に把握されておいて下さいませ。
■付属品
取扱説明書
たてびき用チップソー
よこびき用チップソー
両口スパナ
L形レンチ
スパナハンドル
メガネレンチ
棒スパナ
4極プラグ
補助ローラ
ハンドルレバー
ライナー
キャスターストッパー
※上記、付属品は全て付属しておりますでしょうか?(ご確認お願いします。)
「状態、不具合の有無」
〈使用/保管状態の不良〉
・機体をホコリの多い場所で長期保管されていませんでしたか?機体内部等の細部にホコリや異物の詰まりはありませんかご確認下さい。
・屋外または湿った場所で使用されていませんでしたか?
〈電源/動作不良〉
・電源スイッチが正常に入りますか?
・各レバーに折損や変形等の不良がなく、正常に動作しますでしょうか?
・レバーを操作し、スライドフレームの昇降が正常に作動しますか?
・ノコ刃の回転が安定しますか?
・カーボンブラシがスムーズに前後に動きますか?
〈加工時の不良〉
・材料の位置を決め、しっかりと材料を固定することが可能でしょうか?
・材料の切断は出来ますか?ケガキ線が歪む等の切断不良はありませんか?
・切断中に材料がずれてしまう等の不良はありませんか?
〈調整の不良〉
・各スイッチ/ストッパに破損がなく正常に作動しますでしょうか?
・ホゾ幅を正常に調整出来ますでしょうか?
・材料の前後左右の移動が出来ますか?
・段差寸法等の設定が正常に行えますか?
・ノコ刃の刃先調整が正常に行えますか?
〈部品の不良〉
・目立った傷や汚れの付着はありませんでしょうか?
・錆び付きやベタつきのある箇所はありませんか?
・ノコ刃に摩耗や折損等の破損はありませんでしょうか?
・ノコ刃の取外し、取り付けが正常に行える状態ですか?またしっかりと取り付けが可能でしょうか?
・位置指示板に折損や変形はありませんか?
・細部に粉塵等の詰まりはありませんでしょうか?
・カーボンブラシは交換が必要な状態ですか?限界摩耗線の確認をお願いします。
・ベース部はしっかりと固定されていますか?
・ナット等の各取り付け部に脱落や緩み等の不良はありませんでしょうか?
・キャスタ付きの場合、破損がなくスムーズな移動が可能でしょうか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

■買取り前の清掃の注意事項
*清掃の際には必ずスイッチを切って、電源プラグを抜いてから安全に行ってください。
*のこ刃は普段から錆びないように手入れをしてください。
*カーボンブラシが磨耗していたら故障の原因になりますので交換してください。
*ネジなどが緩んでいたら事故の原因となりますのできちんと締めなおしてください。
*ブラシキャップを外して内部の切り屑をブラシなどで掃除してください。
*掃除の後にはヘッド、のこ刃、バイスプレート、バイス前後、リンク回転部などに注油をしてください。
「ほぞ取り機の宅配買い取り方法」
「ほぞ取り機」の宅配買取は小型は「ゆうパック」での宅配買取となります。
大型は宅配業者「ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸」からの選択となります。

1)小型:サイズ(縦、横、高さ)の合計が170cm以下で、重量が30kg以下の時。
2)大型:サイズが上記以上か、重量が30kgを超える時。
「ゆうパック」のご利用は郵便局だけでなく、日本郵便と業務委託契約を締結しているコンビニ「セイコーマート・ローソン・ミニストップ」で宅配買取がご利用できます。(一部の店舗では「ゆうパック」の取り扱をされていない店舗もございます、ご利用時チャックをお願いします)

梱包:装置が大きく段ボール箱等での梱包が不可能な物については宅配業者「西濃運輸」にご相談ください。対応いただける話になっております。
宅配買取り品が小型のものについては梱包をお願いします。購入時の元箱をお持ちの時はそれに入れて梱包ください。最後に元箱をプチプチで包み梱包が完了です。元箱をお持ちでない時は段ボール箱を用意お願いします。ご自身がお持ちのものがあればそれをお使い頂いても結構です。
お持ちでない時は段ボール箱の用意をお願いします。段ボール箱は「ゆうパック」取扱店で「ゆうパック梱包材料」として数百円で販売しています。近所のスーパーなどでは不要になった段ボール箱を無料で買い物客に配っている所も有ります、ご利用ください。大きいサイズがない時は継ぎはぎでも構いません。
本体をプチプチで包み段ボール箱に入れます。付属品があるときも同様に、プチプチで包み段ボール箱に入れます。段ボール箱の中に隙間がある時は段ボール紙やプチプチで隙間を埋めます。最後に段ボール箱をプチプチで包み梱包が完了です。
*ほぞ取り機の梱包注意点
■梱包時の注意点(元箱が無い場合)
・本体から簡単に取り外しできる付属品は、外してから梱包してく ださい。
・ハンドルレバーなど、破損の恐れがある付属品は、プチプチっを使って2重~3重に包んでください。
・チップソーは、ダンボールで包んだのち、プチプチを2重~3重に巻いてください。 (また中身がチップソーである事が分かるよう、マジックなどでプチプチの上に明記してください。)
・本体はプチプチを使って、2重~3重に包みしっかりと保護してください。
・厚くて丈夫なダンボール箱の底面に緩衝材を敷き、本体・付属品・必要書類などをお入れください。
・弊社にお送り頂く製品とダンボール箱の間に出来る隙間を緩衝材で埋め、入れ忘れが無いかご確認の上、荷物をお送りください。
■梱包時の注意点(元箱がある場合)
・元箱の中にほぞ取り機本体や 付属品、必要書類をお入れください。
・プチプチを使って、元箱を2重~3重に包み、送り伝票を貼って弊社までお送りください。
・元箱の強度に不安が有る場合は、丈夫で厚手なダンボール箱の中に入れてください。
・ダンボール箱と製品との間に出来る隙間を緩衝材で塞ぎ、入れ忘れの有無をご確認の上、弊社までお送りください。

無料査定はこちら

ほぞ取り機の買取製品!

日立工機

日立工機
数多くの製品をラインナップしている、世界有数の電動工具メーカー日立工機。
「日立工機の買取対応製品」
CT-80FA、CT-120FA、CT-130F、T-400C、T-1000B、T-1000B

平安鉄工所

平安鉄工所
「平安鉄工所の買取対応製品」
ST4

RYOBI

RYOBI
「RYOBIの買取対応製品」
HW25B、HW151、HW180

深見


「深見の買取対応製品」
TN-D

桑原製作所


「桑原製作所の買取対応製品」
TK-33E、KT-33-4E

マキタ
マキタ
「マキタの買取製品」
5501-S

「ほぞ取り機とは?」
ほぞ取り機
木工などを行っている業者であれば、ほぞ取り機という機械のことを知っているでしょうが、その他の人はあまりなじみがないことも多いでしょう。
ほぞ取り機という のは、簡単に言えば木材を加工するための機械です。
ほぞというのは、木材を加工してできた突起のことなのですが、この突起をもう一方の穴をあけた方に繋ぎ合わせる 目的で加工されています。
昔はカンナやノミなどを使って木材を加工するのが一般的でしたが、ほぞ取り機のような機械が作られたことで、作業効率がかなり上昇したと 言えるでしょう。
ほぞ取り機ができてからは、やはり加工を行うスピードがかなり速くなったので、効 率的な作業が可能になりました。
そんなほぞ取り機にはいろいろなサイズの物があります。
卓上サイズの物もあれば、数メートルもある大きな種類まで存在しているので すが、価格も大きさなどによって大きく異なります。
大半のほぞ取り機は数十万円することが多いので、自宅で購入するという人は殆どいません。
大半は木材の加工を 行っている業者で購入されているので、知らないという人が多いのです。
メーカーもいろいろと存在しており、よく知られている大手企業から、あまり名前が 知られていない地域限定の企業までが製造販売を行っています。
木材の加工を行っている企業というのは、大半が中小企業になっていると言っても過言ではありません。
中小企業は増税や物価高の影響で、かなり経営が苦しくなっていますし、木材も外国からの輸入品が多くなっていることから、あまりほぞ取り機に大金をかけられないと いう会社もたくさん存在しています。
現在では中古品でもほぞ取り機を取り扱っていることが多いので、中古品で購入する 企業も多くなっているのです。
中古品であれば、数万円台で購入できることもありますし、場合によってはオークションなどでも取り扱われているので、かなり安い値段 で手に入る可能性もあります。
もちろん中古品でもきちんと加工が可能なので、今後は中古品が主流になっていく可能性もあるでしょう。

 

業務用品高価買取