生ビールディスペンサー買取

生ビールディスペンサーを買取

新品、未使用品で年式が新しい製品のみ買取可能。

生ビールディスペンサーは居酒屋やバーといった店舗はもちろんのこと、通常のレストランなどにも非常に強い需要があります。
中には個人で所有をしているという人もいるため、生ビールディスペンサーには常に一定の需要が存在しているといってよいでしょう。
そのため使用できる状態を保った生ビールディスペンサーであれば、中古として売却してもある程度の価格がつくことが予測されます。
では実際に生ビールディスペンサーを当社に買い取ってもらう場合、注意しなくてはならないポイントとは何でしょうか。 まずもっとも注意しなくてはならないのが、生ビールに関連する製品は「ビール会社からのレンタル」であることが多いということです。
居抜きの店舗に入室して飲食店を営むというような場合、そうした事情を知らないままに処分してしまうというケースが発生する場合があり、もし処分してしまった場合には、レンタル品を勝手に処分したということで責任を問われるケースもあります。
そのため生ビールディスペンサーを買い取りに出すという場合は、その所有者は誰なのかということを間違えないようにしなくてはなりません。
それぞれの厨房機器メーカーで在庫管理なども行っていますので、生ビールディスペンサーにビールを供給しているビール会社か、そのディスペンサーを製造している会社へ問い合わせをすると確実でしょう。
もし確認の結果売却しても構わないようであれば、査定を受けてから売却ということになりますが、ここでさらに注意しなくてはならないのが「専門業者に依頼をする」ということです。
生ビールディスペンサーは繊細な機械であるため、少しメンテナンスを怠るだけで容易に不調を起こしてしまいます。
不調を起こしてしまっているようなものだと通常の業者では買い取ることが出来ず、価格をつけてくれないということがありえますが、厨房機器を専門で買い取っているような当社であれば修理も可能ですので、それだけ買い取ってもらえる可能性や、高値での査定がつく可能性が高くなるのです。
こうしたポイントを抑えて、なるべく無駄なく、自身が持つ財産を活用できるように心がけましょう。

無料査定はこちら

生ビールディスペンサーの買取前に!

「仮査定時にお伝え頂きたいこと」
査定前に、購入年・製造年・メーカー・製品名・新品?中古の場合はどの位の期間、使用していたか?ご確認お願いします。
■付属品
取扱説明書
ビールホース
洗浄樽
給水ホース
減圧弁
ビールヘッド
ガスホース
洗浄専用スポンジ
※上記、付属品は全て揃っておりますでしょうか?
「状態、不具合の有無」
*保管の際はディスペンサーや受け皿などを清掃され保管されていましたか?
*錆び付きやシミ汚れはありませんか?
*各取付け部に破損はありませんか?
*ホースや取付け部品に欠品はありませんか?
〈機体の破損について〉
・機体にひびや割れ、欠け、折れ等の破損はありませんか?
・ディスペンスヘッドなどの取付け部に緩みはありませんか?
・コックに折損や傾きはありませんか?
・コックがガタガタしませんか?
・ホースに深い傷や破れはありませんか?
・取付け部のOリングに損傷はありませんか?
・電源コードに深い傷や変形、汚れの付着はありませんか?
・電源プラグをコンセントに差し込んだ際にガタガタする、または抜けやすい等の不良はありませんか?
〈動作不良〉
・電源は供給されますか?
・通電が弱い、途切れ途切れになり停止してしまうなどの不良はありませんか?
・機体から異常な振動や異音はありませんか?
〈供給時の不良〉
・ビールは正常に供給出来ますか?
・泡が出来ない、または多すぎるなどの不良はありませんか?
・氷は出来ますか?
・ビールが濁る、味がおかしいなどの不良はありませんか?
・ビールが機体から漏れてしまうことはないですか?
〈汚損〉
・ディスペンサーに汚れはありませんか?
・フィルターに目詰まりはないでしょうか?
・受け皿に汚れが付着していませんか?
などを詳しく担当者まで教えて下さいませ!

高価買取のポイント
以下に、生ビールディスペンサーの高価買取のポイントをまとめましたので、是非ご覧下さいませ!
※新品の販売能力の高い大容量タイプ、自動洗浄機能付きの高年式、低使用のものは特に高額査定のポイントです!
※本体以外にディスペンスヘッドやスペーサー、ドラフトタワーなどの付属品、関連小物もありましたらもちろんプラス査定となります!まとめて同梱ください。
※本体の状態や付属品以外にも、よく点検、整備、清掃されている製品も検品作業がスムーズとなりますので、高価買い取りのポイントとなります!
仮査定の申告と違うケース
※仮査定の際に伺っていなかったサビや異臭、エアフィルタ ーのホコリがひどく、洗浄しても取れずに買い取りが出来ない状態だった。
※すぐに使える状態だと伺っていたが、ホースに小さい穴が開いていた。
※仮査定時は特に申告は無かったが、各所検品をしたところ、ビール回路ホース内にスポンジが詰まってメンテナンスをしても使用できない状態だった。
※特に不具合はないとの事で各所検品をしてみると、ディスペンサー修理が必要な状態だった。
などなど
■買取り前の清掃の注意事項■
*生ビールの通る経路に水を通して洗浄してください。
*回路に付属のスポンジを通してきれいに洗ってください。
*コックや受け皿、ヘッドなど取り外せる部分を取り外してきれいに洗浄してください。
*フィルターの目詰まりはブラシなどで洗浄してください。
*本体は固く絞った布できれいに拭いて下さい。
「生ビールディスペンサーの宅配買い取り方法」
生ビールディスペンサーの宅配買取り方法は、西濃運輸さんか福山通運さんでの配送となります。
配送時に、仮査定金額分の運送保険費を掛け忘れるのをご注意下さいませ!
*生ビールディスペンサーの梱包注意点
■宅配買取の梱包の注意事項
*梱包の前に、スポンジ洗浄、水通し洗浄を行ってサーバー内部をきれいにしてください。サーバー内の水を抜き、コック、ヘッド、受け皿などは外して洗浄してください。
*梱包の際には、生ビールディスペンサー本体と付属品のコック、ヘッド、受け皿、減圧弁、取扱説明書などが全て揃っているか確認してください。
*取扱説明書はビニール袋に入れてください。
*本体の電源コードとアースは輪ゴムなどで短く束ねてください。
*付属品のコック、ヘッド、受け皿、減圧弁などは別々にビニール袋に入れてからプチプチで梱包してください。
*本体全体をプチプチで梱包してから側面にはさらにダンボールを当ててテープでしっかり止めてください。
*適当な大きさの耐久性のあるダンボール箱に梱包した本体と付属品を収納し、ダンボール箱と内容物の間には丸めた新聞紙を詰めて輸送中の衝撃に耐えられるようにしてください。

無料査定はこちら

生ビールディスペンサーの買取製品!

ホシザキ電機

ホシザキ電機
製氷機分野において70%という高いシェアを誇る、業務用厨房機器メーカー・ホシザキ電機。
「ホシザキ電機の買取対応製品」
DBF-34WA、DBF-T34WC、DBF-AS65WB、DBF-30WA、DBF-25SB、DBF-34SC、DBF-K304A、DBF-30SA、DBF-25SA2、DBF-U40WA

ニットク

ニットク
炭酸水製造機・生ビールディスペンサー・ソフトドリンクディスペンサー・酎ハイディスペンサー・炭酸ガス圧力調整器・ウォータークーラーなどの機器を製造販売しているメーカー。
「ニットクの買取対応製品」
BSE-20、BSE-20W、BSE-25、BSE-30、BSE-30W、BSE-N30W、BSE-N30B、BSE-40、BSE-40W、BSE-60、BSE-60W、 BSE-60T、BSE-80、BSE-80W、BSE-80T、BSE-106、BSE-106W、BSE-106T、BSE-150、BSE-150W、BSE-150T、 BSE-F250、BSE-F250W、BSE-F250T、BSE-H150-1B、BSE-H150-2B、BSE-H150-3B、BSE-H250-1B、BSE-H250-2B、 BSE-H250-3B、BSE-200-1A1B、BSE-1A2B、BSE-300-1A1B、BSE-1A2B

「生ビールディスペンサーとは?」
飲食サービスのシーンで美味しいビールを提供する生ビールディスペンサー。小型の物もありビール好きの方が家庭でも楽しまれたりしています。

無料査定はこちら